付け合わせとしてのパスタの味付け。バターやバジルを使ったレシピ

付け合わせとしてのパスタの味付け。バターやバジルを使ったレシピ

メイン料理を引き立てるパスタを作ろう

付け合わせ料理としてパスタを用意したいとき、バター風味などシンプルな味以外にもどのような味付けがあるのか知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、付け合わせに使うパスタの種類や、バジル風味や青のりを使った和風のパスタのレシピ、付け合わせのパスタを作るときに意識したことを体験談を交えてご紹介します。

付け合わせとしてのパスタ料理を作ろう

普段の食事やお弁当を作りでは、メイン料理の付け合わせとしてパスタを使ったメニューを用意したいときもあるのではないでしょうか。メイン料理を引き立てるような付け合わせのパスタメニューを作りたいと考えるママもいるかもしれません。

付け合わせとして用意するとき、どのようなパスタ料理を作るとよいのでしょう。

付け合わせに使うパスタの種類

パスタにはさまざまな種類があるようですが、付け合わせにはどのようなパスタを使うとよいのでしょか。ママたちが使ったパスタの種類をご紹介します。

ロングパスタ

「付け合わせのパスタ料理を作るときにもベーシックな『スパゲッティ』を使いました。メイン料理として使うことも多いスパゲッティは常にキッチンにストックしているので、我が家では付け合わせも同じパスタを使っています」(20代ママ)

普段使いしているロングパスタは、ストックがあると付け合わせにも使いやすいのではないでしょうか。他にも、細めの「カペリーニ」を使うと小さな子どもも噛みやすいかもしれませんね。

ショートパスタ

パスタ
iStock.com/DronG

「我が家では、付け合わせとしてよく『マカロニ』を使います。ショートパスタは子ども用に短かめに切る手間が省けるので常備しています」(40代ママ)

幼児でも食べやすいショートパスタを付け合わせ料理に使うママもいるようです。蝶の形の「ファルファッレ」やタイヤの形の「ルオーテ」などを使うと、かわいい見た目から子どもが喜んで食べてくれたというママの声もありました。

付け合わせのパスタのレシピ

付け合わせ料理としてのパスタには、どのような味付けのレシピがあるのでしょうか。実際に、ママたちが作った付け合わせのパスタのレシピを聞いてみました。

シンプルパスタ

「鍋にたっぷりのお湯を沸かして塩を入れ、半分の長さに折ったパスタを入れて茹でます。好みの硬さに茹でたパスタを取り出し、熱いうちにバターを入れて混ぜます。オリーブオイルと塩を加えて全体を混ぜたら完成です」(20代ママ)

バターや塩を使ってシンプルな味付けのパスタを作ったママがいるようです。盛り付けた上から乾燥バジルやパセリを振りかけると彩りがよく見えるかもしれませんね。

イタリアン風パスタ

「沸騰した鍋に塩とパスタを入れて茹でます。茹であがったらザルにあげ、水気を切ります。ツナと市販のバジルソース、水気を切ったパスタをボウルに入れます。ソースが全体に絡むように混ぜ合わせたら完成です」(30代ママ)

バジルソースを使い、ジェノベーゼ風の味付けに仕上げたパスタを付け合わせ料理として作ったママがいるようです。ママのなかには、バジルの葉とにんにく、オリーブオイルと塩をフードプロセッサーで撹拌(かくはん)してバジルソースを手作りすると、好みの味付けに調整しやすかったという声も聞かれました。

和風パスタ

和風パスタ
iStock.com/deeepblue

「パスタを茹で、ザルにあげて水気を切ります。フライパンにオリーブオイルを馴染ませ、パスタを入れます。バターとめんつゆ、こしょうと少量のパスタの茹で汁を入れて炒めます。火を止め、青のりを全体に混ぜたら完成です」(40代ママ)

めんつゆで味付けをするとき、バターを入れるとコクのある和風パスタができそうですね。青のりを入れると、口に運ぶときに磯の香りを感じられて家族に好評だったというママの声もありました。

付け合わせのパスタを作るときに意識したこと

付け合わせのパスタを作るとき、どのようなことを意識したのかをママたちに聞いてみました。

メイン料理との組み合わせを考える

「付け合わせのパスタの味付けを決めるとき、メイン料理との組み合わせを考えました。メイン料理が刺し身のカルパッチョなど和風のときは、パスタにも醤油やめんつゆを使った和風の味付けにするとバランスがよいかなと思いました」(20代ママ)

「メイン料理に白身魚などあっさりとした食材を使うとき、付け合わせにはクリーム系などのパスタを用意しました。その日の献立によって組み合わせを考えるように意識しています」(30代ママ)

メイン料理との組み合わせを考えたママがいるようです。使う食材の組み合わせを意識し、メイン料理と相性がよくなるよう味付けを工夫したというママの声もありました。

薄めの味付けにする

「付け合わせのパスタは薄めの味付けにするように意識しました。ハンバーグや煮込み料理は味付けが濃いめなので、薄めの味付けにするとメイン料理を引き立てることができると思います」(40代ママ)

メイン料理を引き立てる付け合わせとして、薄めの味付けを心がけたママがいるようです。バジルや青のりなど風味のある食材と組み合わせると、味付けが薄めでも食べごたえがありそうですね。

固まらないよう工夫する

「茹でたパスタは時間が経つと固まってしまうかもしれないと思いました。茹であがったらすぐにオリーブオイルやバターを絡めておくと、パスタ同士がくっつきにくくなるので子どもも1人で食べやすそうでした」(30代ママ)

パスタが固まらないようにバターなどを使って工夫するのもよいかもしれません。マヨネーズやオイル漬けのツナなど油分のある調味料を使っても、パスタが固まりにくかったというママの声も聞かれました。

メイン料理にあわせた付け合わせパスタを作ろう

キッチンにいるママと席に座っている子供
iStock.com/kohei_hara

付け合わせ料理としてパスタを用意するとき、メイン料理との組み合わせを考えて薄めの味付けにするなど工夫したママもいるようです。バターと塩を使ったシンプルなパスタは、濃いめの味付けの料理との相性もよいかもしれません。

バジルを使ったイタリアン風や青のりを使った和風などのバリエーションもあるようなので、家族の好みのパスタを作れるとよいですね。

2019年04月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧