男の子が喜ぶ遠足のお弁当。おにぎりや野菜のおかずなどレシピや工夫

男の子が喜ぶ遠足のお弁当。おにぎりや野菜のおかずなどレシピや工夫

詰め方や食べやすくするためのポイント

幼稚園の遠足に、子どもが喜ぶおにぎりや野菜を使ったお弁当を作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、食べやすい量や詰め方など遠足のお弁当を作るときに意識したことと、男の子が喜ぶお弁当のおかずレシピや工夫を体験談を交えてご紹介します。

男の子が喜ぶ遠足のお弁当はどう作る?

幼稚園の遠足に、子どもが喜んで食べてくれるようなお弁当を作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。男の子の場合は、食べやすいお弁当の量や食べやすいおかずなどが気になるママもいるかもしれません。男の子向けの遠足のお弁当には、どのようなレシピや工夫があるのでしょう。

遠足のお弁当を作るときに意識したこと

幼稚園の遠足のときに作るお弁当は、どのようなことを意識して作るとよいのでしょうか。ママたちに聞いてみました。

食べやすい量や大きさ

お弁当に詰めた食材
iStock.com/yajimannbo

「うちの子は食べる量が多く、いつも給食をおかわりしていると先生から聞いていました。遠足の日はたくさん歩いたり遊んだりするので、普段の食事より少し多めの量を詰めるとちょうどよかったようです」(30代ママ)

「遠足では、レジャーシートの上でお弁当を食べると思ったので、フォークや手づかみで食べやすいメニューを作りました。手で持って食べられるおにぎりや、一口サイズの唐揚げを入れると、年少の子どもでも食べやすかったようです」(40代ママ)

子どもの食べやすい量や大きさを意識してお弁当を作ったママもいるようです。遠足におやつを持っていく場合、お弁当の量を少なめにして残さず食べられる量を意識したというママの声もありました。

お弁当の詰め方

「うちの子は男の子なので、お弁当のことなど考えずリュックを雑に扱ってしまうかなと思いました。お弁当に隙間があると片寄ってしまうかもしれないので、隙間に野菜を入れるなど詰め方に工夫をしました」(20代ママ)

活発な男の子の場合、元気に遊んでお弁当の中身がバラバラになってしまうこともあるかもしれません。おかずをお弁当用のカップに入れると、細かいおかずが混ざりにくくなるというママの声もありました。

傷みにくいメニュー

「日中に気温が上がりすぎると傷みが気になるので、お弁当が傷みにくいメニューを意識しました。揚げ物や蒸し野菜など、加熱したおかずをお弁当に入れました」(20代ママ)

遠足当日の気温を意識し、傷みにくいメニューをお弁当に入れたママもいるようです。男の子に人気のあるキャラクターがプリントされているお弁当用の抗菌シートもあるようで、子どもも喜んでくれたというママの声もありました。

男の子が喜ぶお弁当のレシピ

卵焼き
The Po/Shutterstock.com

幼稚園の遠足用に、男の子が喜んで食べてくれるおにぎりやおかずのレシピが知りたいママもいるのではないでしょうか。実際に、ママたちが幼稚園の遠足のときに作った男の子が喜ぶお弁当のレシピをご紹介します。

電車型おにぎり

「ラップの上にご飯を乗せ、ラップで包んで四角い棒状ににぎります。ラップをはがし、のりを切って作った窓やタイヤをつけ、電車に見立てたら完成です」(30代ママ)

男の子のなかには、電車が好きな子もいるのではないでしょうか。普段利用している電車や、好きな形の新幹線などをおにぎりで作ってあげると喜んでくれたというママの声もありました。

チーズ入りハンバーグ

「みじん切りにした玉ねぎとにんじん、インゲンと豚ひき肉をボウルに入れてよく混ぜます。塩とコショウで下味をつけ、1つ分を手に取って中央に角切りにしたチーズを入れます。丸く成形し、フライパンで両面焼いたら完成です」(40代ママ)

チーズとみじん切りにした野菜を入れて食べごたえのあるハンバーグを作ったママもいるようです。お肉やチーズと組みあわせると、野菜が苦手な子どもも嫌がらずに食べてくれたというママの声もありました。

ツナとひじきの卵焼き

「ボウルに卵とひじき、油を切ったツナと青のり、白だしを入れて混ぜます。半分の量をフライパンに入れて混ぜ、手前側に巻きます。残った半分の量を入れ、形を整えながら巻いたら完成です」(30代ママ)

遠足のお弁当には、普段とは違う特別な卵焼きを作りたいと考えるママもいるようです。ツナやカニカマ、肉そぼろなどを入れると、ボリュームのある卵焼きになりそうです。

男の子が喜ぶお弁当を作る工夫

幼稚園の遠足には、男の子が喜ぶような特別な工夫をしたいと考えるママもいるかもしれません。ママたちに、男の子が喜ぶお弁当を作る工夫を聞いてみました。

ユニークなお弁当グッズを使う

「タコ型ウインナーに目玉のピックを使い、絵本に出てくる宇宙人に見立てました。遠足から帰ってきた子どもが『今日のお弁当おもしろかった!』と喜んでくれました」(30代ママ)

「うちの子は電車が好きなので、遠足にあわせて新しいお弁当箱を用意しました。新幹線のお弁当箱にご飯やおかずを詰めるととても喜んでくれました。特別な日のお弁当箱として使っています」(20代ママ)

ユニークな形のピックやお弁当箱を使うと、喜んでくれる男の子もいるかもしれませんね。ピックは幼稚園によって使用できないこともあるので、事前に確認できるとよさそうです。

型抜きを活用する

「のり用の型抜きを使い、五角形に型抜きしました。丸型のおにぎりにつけてサッカーボールに見立てると、子どもが喜んで食べてくれました」(20代ママ)

「うちの子は星柄が好きなので、チーズを星の型で抜いてハンバーグの上に乗せました。簡単な工夫でも、普段と違う見た目のお弁当だと嬉しいようで完食してくれました」(30代ママ)

のりやチーズ、野菜を型抜きし、男の子が喜ぶモチーフを作ったママもいるようです。さまざまな形の型抜きがあるようなので、アイデア次第でいろいろと組みあわせて飾りつけることができそうです。

遠足に男の子が喜ぶ特別なお弁当を作ろう

お弁当を食べる男の子
iStock.com/Hakase_

男の子に幼稚園の遠足のお弁当を作るとき、食べやすい量や崩れにくい詰め方を意識したママもいるようです。おにぎりを電車やサッカーボールの形にしたり、苦手な野菜と好きな食材を組みあわせたりすると、喜んで食べてくれるかもしれません。遠足の楽しい思い出のひとつになりそうなお弁当を作れるとよいですね。

2019年01月26日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧