子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食後期にさばをどう使った?レシピや冷凍保存方法やママたちの体験談

離乳食後期にさばをどう使った?レシピや冷凍保存方法やママたちの体験談

離乳食後期にさばを調理してあげようと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、離乳食レシピや冷凍保存方法などママたちの工夫や体験談を紹介します。

離乳食後期の進め方

離乳食後期になると多くのママは初期、中期の経験から離乳食を作ることも食べさせることにも慣れてきた頃でしょう。しかし、この時期になると子どもの方も離乳食に慣れてきて食べ物の好き嫌いが出てきたり、遊び食べが始まったりと新たな悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食後期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食後期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳やミルクがメインではなくなる子が増え、1日3回食に進めていくなど、大人に近い食生活が始まる時期といえるでしょう。

調理形態は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀類:全がゆ90g~、軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

離乳食で困ったこと

離乳食後期のさばのレシピ
© ucchie79 - Fotolia

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べるものの種類が偏っている / 28.5%

食べる量が少ない / 20.6%

食べるのをいやがる / 13.1%

作り方がわからない / 6.6%

(回答数:2722)

食べるものの種類が偏っていることや、食べる量が少ないことで困っている方が多いと出ています。他にも食べ慣れたものでないと口にしない、好きなものばかり食べたがるのでバランスよく食べさせるためのレシピがわからず困っているという意見もありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。

食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

離乳食の作り方がわからない / 9.0%

(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。離乳食後期に入り、子どもに食べさせる食材の種類が増え、新しい食材や苦手な食材を子どもが食べやすいように調理するにはどうしたらよいのかレシピに悩むママもいるかもしれません。

さばは冷凍保存ができ、さまざまなレシピにアレンジしやすい食材ですが、独特な臭いがあるため苦手な子どももいるようです。ママたちはさばを使ってどのようなレシピを作っているのでしょう。

離乳食の後期のさばのアレンジレシピ

離乳食後期のさばのレシピ
somchai bokehshop/shutterstock.com

離乳食後期の頃にママたちはどのようにしてさばを調理していたのでしょうか。レシピの工夫やアレンジ方法などを3つ聞いてみました。

さばのおにぎり

「焼いたさばをほぐしてあげたところ、パサつきが気になるのかうまく飲み込めず口から出してしまいました。食べやすくするにはどうしたらよいのか悩んでいました。そこで、ご飯といっしょに混ぜたらパサつきも気にならなくなるのではと考え、さばのおにぎりを作ってみました。

さばを焼いて骨と皮を取り除いてからほぐし、ごまといっしょに軟飯に混ぜ合わせたら食べやすい大きさのおにぎりにしてでき上がりです。おにぎりにしたことで自分で持って食べられるので嬉しそうにかぶりついてくれました。軟飯がさばのパサつきをカバーしてくれるようでさばを気にする様子もなく食べていました。

さばのほぐし身は1回分ずつ分けてラップに包み密閉袋に入れて冷凍保存しておき、食事のバランスを見て必要と感じたときご飯に混ぜたり、他の食材と合わせたりして使っていました」(30代ママ)

さばと大根のみそ煮

「10カ月頃から好きなものや食べ慣れたものしか食べず、新しくさばを調理して食べさせようとしても口を開いてくれませんでした。食材の偏りや栄養バランスも心配になり、どう調理したら食べてくれるのかと悩んでいました。そこで、普段から食べ慣れている大根と初めて食べるさばを組み合わせたら食べてくれるのではないかと考え、さばと大根のみそ煮を作ってみました。

骨と皮を取り除いて食べやすい大きさに切ったさばと、皮を剥いていちょう切りにした大根と、水、みそ、料理酒、みりん、しょうゆ、しょうがを鍋に入れて火にかけ、灰汁を取り除きながら大根がやわらかくなるまで煮たら、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけてでき上がりです。

食べるときは、大根とさばを交互に食べさせるようにしたらいやがる様子はなく、味の染みたさばがおいしかったようで自分でフォークを持ち食べてくれました」(20代ママ)

さばのスティックハンバーグ

「手づかみ食べをさせたいと思い、おにぎりを作ったのですが食べていると崩れてきてしまい、うまく食べられず遊び始めてしまいました。手づかみ食べしやすくするにはどうしたらよいのか困っていました。

そこで、崩れにくく手づかみ食べしやすい形のさばのスティックハンバーグを作ってみました。さばの骨と皮を取り除いた身をフードプロセッサーでミンチにして、玉ねぎのみじん切りと豆腐、みそ、片栗粉を加えよく混ぜ合わせスティック状に成形したらフライパンで焼きます。

さばのスティックハンバーグに興味を示したので手に持たせると自分から口に運んでくれました。食べ進めていっても崩れないので、途中遊ぶことなく食べることができました。さばのスティックハンバーグは多めに作って1個ずつラップに包み密封できる保存袋にいれて冷凍保存していました」(20代ママ)

厚生労働省の資料でも、手づかみ食べを重要としています。食べ物を目で確かめて、手指でつかんで、口まで運び口に入れるという目と手と口の協調運動により、スプーンやフォークを上手に使えるようになるようです。

離乳食のさばは赤ちゃんにあわせて

離乳食後期のさばのレシピ
© aijiro - Fotolia

離乳食後期になると使える食材も増えてきます。さばは加熱調理するとパサつきやすく、独特な臭いもありますが他の食材といっしょに調理することで食べにくさを解消できるようです。

3回食となり1回の食事量も増える時期ですので冷凍できるレシピを活用して、さばを離乳食に取り入れていけるとよいですね。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年2月27日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2018年06月27日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事