子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

2018年02月27日

離乳食後期のピーマンはどう進める?レシピや手づかみ食べの工夫

離乳食後期のピーマンはどう進める?レシピや手づかみ食べの工夫

離乳食後期にピーマンを使って離乳食を作ろうと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、離乳食レシピや手づかみ食べの工夫などママたちの体験談を紹介します。

離乳食後期の進め方

離乳食後期になると多くのママは初期、中期の経験から離乳食を作ることも食べさせることにも慣れてきた頃でしょう。しかし、この時期になると子どもの方も食べ物の好き嫌いが出てきたり、手づかみ食べの練習がなかなか進まなかったりするなど新しい悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食後期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食後期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳やミルクがメインではなくなる子が増え、1日3回食に進めていくなど、大人に近い食生活が始まる時期といえるでしょう。

調理形態は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀類:全がゆ90g~、軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

離乳食で困ったこと

© ucchie79 - Fotolia

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べるものの種類が偏っている / 28.5%

食べる量が少ない / 20.6%

食べるのをいやがる / 13.1%

作り方がわからない / 6.6%

(回答数:2722)

食べるものの種類が偏っていることや、食べる量が少ないことで困っている方が多いと出ています。この他、日によってよく食べる日と食べない日の差があるため、食事のバランスを考えたレシピ作りが難しいという意見もありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。

食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

離乳食の作り方がわからない / 9.0%

(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。離乳食後期になると、子どもが好き嫌いをするようになったり、遊び食べが始まり食べる食材に偏りが出てきりするので、苦手な食材をどのように調理して食べさせたらよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。


ピーマンはスーパーなどで簡単に手に入り、鮮やかな緑色が特徴の食材ですが、青臭さや苦味が好きではない子どももいるようです。離乳食後期のピーマンを食べやすくするために、ママたちはどんな工夫をしていたのでしょうか。

離乳食後期のピーマンのアレンジレシピ

iStock.com/aladin66

離乳食後期の頃に、ピーマンを使ってママたちはどのような離乳食を作っていたのでしょうか。レシピや手づかみ食べの工夫などを3つ聞いてみました。

ピーマンと鶏肉のうどん

「離乳食中期の頃からピーマンを使って離乳食を作っていましたが、ピーマンの青臭さが苦手なようで、なかなか食べようとしませんでした。どうしたら子どもがピーマンを食べてくれるようになるのかわからず困っていました。そこで、だし汁の香りを効かせたレシピにすれば青臭さが気にならなくなるのではと考えて、ピーマンと鶏肉のうどんを作りました。

ピーマンは茹でて短い千切りに、鶏胸肉は皮を取って粗みじん切りに、うどんは1センチの長さに切ったら、鍋にだし汁と鶏肉、うどんを入れてやわらかく煮て、しょうゆを少量加えたら器に盛り、上にピーマンをのせたら完成です。

だし汁の香りを効かせたことで青臭さが気にならなくなったのか、子どもは普段は食べたがらないピーマンをペロリと完食してくれました」(30代ママ)

ピーマン入り手づかみハンバーグ

「苦味が好きではないようで、他の食材といっしょに食べさせてもピーマンだけ口から出してしまうことが多くありました。どうしたら苦味のあるピーマンが食べやすくなるのか悩んでいました。そこで、子どもが手づかみ食べをするのが好きだったので、手づかみで食べやすいレシピに入れてみればよいのではと考えて、ピーマン入り手づかみハンバーグを作りました。

種を取ったピーマンと玉ねぎはみじん切りに、にんじんはすりおろし、水で戻したひじきは小さく刻んだら、ボールで鶏ひき肉、片栗粉、少量の塩といっしょによくこねて、子どもの食べやすいサイズの小判型にしたら、フライパンで両面をよく焼きます。手づかみ食べしやすいレシピに組み合わせたのがよかったようで、子どもはピーマンが入っていると気付かずに手づかみで口から出すことなく食べきってくれました」(20代ママ)

厚生労働省の資料でも、手づかみ食べを重要としています。食べ物を目で確かめて、手指でつかんで、口まで運び口に入れるという目と手と口の協調運動により、スプーンやフォークを上手に使えるようになるようです。

ピーマンとパプリカのおかか炒め

「いろいろな野菜を食べてくれていましたが、葉物野菜やピーマンのように緑色の野菜は色が苦手なようで食べさせようとしても口を閉じてしまいました。食事のバランスも気になるので、どうしたら緑色の野菜を食べてくれるのか悩んでいました。

そこで、赤や黄の野菜といっしょに調理すれば見た目がカラフルになり興味をもってくれるのではないかと考えて、ピーマンとパプリカのおかか炒めを作りました。ピーマン、赤と黄のパプリカはピーラーで薄く皮を剥いたら小さめの角切りにし、ラップをして電子レンジで1分ほど加熱したら、フライパンで炒め、削り節を上からまぶすと完成です。

ピーマンの緑、パプリカの赤と黄を使ってカラフルな見た目にしたのがよかったようで、子どもは興味をもってくれてパプリカといっしょにピーマンを口にしてくれました」(30代ママ)

離乳食後期のピーマンは様子をみながら進めていこう

© buritora - Fotolia

離乳食後期になると、多くの食材を使って調理できるようになります。ピーマンは青臭さや苦味が好きではないという子どももいるかもしれませんが、青臭さを消すために香りのするものと組み合わせたり、苦味を消すために好きな食材と組み合わせたりと工夫することで食べやすくなるかもしれません。

この時期は3回食になり、1回の食事量も増える離乳食後期には、手づかみ食べしやすいレシピを作ってみるなどして、ピーマンを離乳食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年2月22日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

レシピの関連記事
カテゴリ一覧