子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食後期の牛肉の進め方。牛ひき肉を使ったレシピや手づかみ食べの工夫

離乳食後期の牛肉の進め方。牛ひき肉を使ったレシピや手づかみ食べの工夫

離乳食後期に牛肉を使った離乳食を作ろうと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、牛肉や牛ひき肉を使った離乳食レシピ、手づかみ食べの工夫などについて、ママたちの体験談を紹介します。

離乳食後期の進め方

3回食が始まる離乳食後期は、多くのママにとっては初期、中期の経験から離乳食を作ることも食べさせることにも慣れてきた頃でしょう。しかし、この時期になると子どもが食べる食材に偏りが出てきたり、手づかみ食べの練習をさせようと思ってもなかなか上手に進まなかったりと、新しい悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食後期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食後期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳やミルクがメインではなくなる子が増え、1日3回食に進めていくなど、大人に近い食生活が始まる時期といえるでしょう。

調理形態は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量と言われています。

穀類:全がゆ90g~、軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

離乳食で困ったこと

© ucchie79 - Fotolia

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べるものの種類が偏っている / 28.5%

食べる量が少ない / 20.6%

食べるのをいやがる / 13.1%

作り方がわからない / 6.6%

(回答数:2722)


食べるものの種類が偏っていることや、食べる量が少ないことで困っている方が多いと出ています。他にも、日によって食べる日と食べない日があることで、どんなものを食べさせたら毎日の食事のバランスがよくなるのか悩んでしまうといった意見もありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。

食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

離乳食の作り方がわからない / 9.0%

(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。離乳食後期になると好き嫌いや、遊び食べが始まることで食べる食材に偏りがでてくる子どももいるようで、苦手な食材をどのように調理して食べさせたらよいか迷ってしまうのかもしれません。

牛肉はいろいろな食材と組み合わせやすいですが、加熱したときのボソボソした食感を苦手とする子どももいるようです。離乳食後期の牛肉を食べやすくするために、ママたちはどんな工夫をしていたのでしょうか。

離乳食後期の牛肉のアレンジレシピ

iStock.com/jpa1999

離乳食後期の頃に、ママたちは牛肉を使ったどのようなレシピを作っていたのでしょうか。牛肉や牛ひき肉を使ったレシピや、手づかみ食べの工夫などを3つ聞いてみました。

牛肉と野菜のうどん

「牛肉を加熱したときのボソボソとした食感が苦手なようで、口から出してしまうことが多く、どうしたら食べやすくなるのだろうか悩んでいました。そこで、水気やとろみが加わわれば牛肉を食べやすくなるのではと考えて、牛肉と野菜のうどんを作りました。

小鍋に小さく切った牛肉とにんじんや玉ねぎなどの野菜を入れ、別の小鍋に2~3センチに切ったうどんを入れ、どちらもやわらかく茹でます。牛肉と野菜を茹でた鍋に、うどんとしょうゆ2滴ほどを入れて弱火で煮たら水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。

水気ととろみが付いたことに加えて、牛肉と野菜の茹で汁を入れたことで風味が増したのもよかったようで、牛肉を口から出さずに、ペロリと完食してくれました」(30代ママ)

牛肉と豆腐の1口ハンバーグ

「手づかみ食べの練習を始めたものの、子どもは興味がないようで手づかみ食べの練習が進まず困ってしまい、どんな離乳食レシピなら子どもが手づかみ食べしてくれるのだろうか考えていました。そこで、手づかみしやすい大きさの離乳食を作れば子どもが興味をもってくれるのではと考えて、牛肉と豆腐の1口ハンバーグを作りました。

絹豆腐は水切りし、玉ねぎとにんじんはみじん切りにして炒めます。ボールに、牛ひき肉と絹豆腐、玉ねぎ、にんじん、卵、パン粉を入れてよくこねて、ハンバーグのタネを作ります。油を入れたフライパンに、ハンバーグのタネを1口サイズにして入れ、両面を焼きます。1口サイズにしたことに加えて、両面をしっかり焼いたことで手づかみ食べしやすい硬さになったようで、子どもが自分から手づかみ食べをしてくれました」(20代ママ)

厚生労働省の資料でも、手づかみ食べを重要としています。食べ物を目で確かめて、手指でつかんで、口まで運び口に入れるという目と手と口の協調運動により、スプーンやフォークを上手に使えるようになるようです。

いろいろ野菜の肉じゃが

「離乳食後期になった頃から、食べるものの種類が偏ってきました。野菜と肉をそれぞれ単品で食べさせたときに野菜は食べても肉は残してしまうことが多く、どうしたら子どもが肉を食べてくれるのだろうかと困っていました。そこで、子どもが好きな野菜といっしょに牛肉を食べられる離乳食レシピを作ってみようと考えて、いろいろ野菜の肉じゃがを作りました。

牛ひき肉とごぼうは下茹でして、アクを抜きます。にんじんと玉ねぎ、じゃがいも、いんげんは、子どもが食べやすい大きさに切ります。小鍋に、かつお昆布だしと牛肉、野菜を入れて、10分ほど弱火で煮ます。具材がやわらかくなったら、しょうゆ1~2滴を入れて完成です。

野菜といっしょに牛肉を食べられるのがよかったのか、いつもは残しがちな牛肉を、残さず最後まで食べてくれました」(30代ママ)

離乳食後期の牛肉は様子をみながら進めていこう

© aijiro - Fotolia

離乳食後期になると、肉や魚など多くの食材を使って調理できるようになります。牛肉は加熱するとボソボソした食感がありますが、他の食材と組み合わせたり、とろみを付けたりなど離乳食の調理を工夫することで食べにくさを解消できるようです。

この時期は3回食になり1回の食事量も増えるだけでなく、手づかみ食べの練習が始まる時期でもあります。食事のバランスを考えながら、牛肉や牛ひき肉を使った離乳食レシピを作ったり、手づかみ食べしやすい工夫をしたりしてみてもよいかもしれません。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年2月13日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2018年02月22日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧