子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食完了期のなすはどう進める?レシピやアレンジ方法を紹介

離乳食完了期のなすはどう進める?レシピやアレンジ方法を紹介

離乳食完了期になすを調理してあげようと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。生で食べさせてよいのか?と疑問を持つ方もいるかもしれません。厚生労働省の資料を参考にしながら、離乳食レシピやアレンジ方法などママたちの体験談を紹介します。

離乳食完了期の進め方

離乳食完了期になると多くのママは、初期、中期、後期の経験から離乳食を作ることも食べさせることにも慣れてきた頃でしょう。しかしこの時期になると、子どもの方も食べ物の好き嫌いが出てきて、今まで食べていた物を食べなくなってしまうなど新しい悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食完了期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食完了期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後12カ月から18カ月頃が離乳食完了期とされています。1日3回の食事のリズムを大切にし、生活リズムを整えるきっかけ作りとする時期と言われています。

完了期の調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉だんごくらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食完了期の1回あたりの食事量の目安は下記の量とされています。

穀類:軟飯90g~、ご飯80g
野菜・果物:40g~50g
魚:15g~20g
肉:15g~20g
豆腐:50g~55g
卵:全卵1/2個~2/3個
乳製品:100g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

なすの離乳食
iStock.com/imacoconut

離乳食で困ったこと

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べるものの種類が偏っている / 28.5%

食べるのをいやがる / 13.1%

食べさせるのが苦痛・面倒 / 7.5%

開始の時期がわからない / 5.1%

作り方がわからない / 6.6%

(回答数:2722)

食べるものの種類が偏っていることや、子どもが食べるのをいやがることに困っているようです。離乳食完了期は1日に食べさせる回数も3回になり、栄養の多くを離乳食から摂取するようになりますが、食べ物の好みの偏りや食べむら、遊び食べなどに困ってしまい食べさせるのを苦痛に感じているという意見もありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。

食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。離乳食完了期は、前歯が生え揃ってくる頃なので、前歯でかじりとり、自分の1口量を覚えていく時期になり、噛む練習や1口量を覚えさせるレシピを意識し始めたママの悩みが増える時期かもしれません。

スーパーなどで簡単に手に入るなすは、下ごしらえや冷凍保存もしやすいようで、初期の頃から取り入れているママもいるようです。離乳食完了期には、ママたちはなすを使って離乳食レシピにどんなアレンジをしているのでしょう。

離乳食の完了期のなすのアレンジレシピ

離乳食完了期の頃に、ママたちはどのようにしてなすを調理していたのでしょうか。レシピの工夫やアレンジ方法などを3つご紹介します。

なすと野菜のピザトースト

「完了期になり食べむらが出てきたのか離乳食を食べてくれず、栄養の偏りも心配になり何を作ったら食べてくれるのか悩んでいました。そこで、見た目を変えてみたら離乳食に興味をもってくれるかと考え、なすと野菜のピザトーストを作ってみました。

1cm角に切り水にさらしてアク抜きをしたなすと、小さく切って加熱したにんじんと玉ねぎ、鶏ひき肉をよく炒め、湯剥きして種を取り除いたトマトを加えてトマトの水分で煮てから、少量の塩とベビーフードのコンソメで味を付けてミートソースを作ります。食パンの耳を落とし4つ切にしてミートソースととろけるチーズをのせてトースターで焼いてあげてみました。

ミートソースがのった食パンに興味を引かれたようで、すぐに手をのばし食べ始めおかわりをせがんできました。なすの入ったミートソースが気に入ってくれたようで、ごはんにかけても、パスタにかけても喜んで食べてくれました。多めに作ったときは1食ずつラップで包み、食事のタイミングに子どもを待たせることなく、電子レンジで加熱してすぐ出せるように冷凍保存しています」(30代ママ)

なすとピーマンの油味噌

「完了期に入り大人のメニューに興味を持ち始めたようで、自分の離乳食を食べずに大人の皿に手をのばすことが多くなりました。大人のメニューと同じような見た目で離乳食にアレンジするにはどのように調理すればよいのか悩んでいました。そこで大人のメニューを調理段階で取り分けて、子どもも食べられるように薄味で作ってみてはどうかと考え、なすとピーマンの油味噌を作ったときに試してみました。

なすの皮を縞模様になるように剥き、縦に4等分にして幅3cmくらいに切り、水にさらしてアクを抜きます。ピーマンもヘタを切り落とし縦に4等分して種を取り除いてから幅2cmくらいに切り、なすといっしょに油で炒めたら子どもの分を取り分けます。油が足りずになすが生っぽいとキシキシして子どもは食べにくいので、水をさしてやわらかくなるまで煮てから、砂糖と味噌で薄く味を付けて出来上がりです。

大人と同じメニューが自分の前にも置かれると満足したようで、大人の皿に手をのばすことなく、喜んで自分の離乳食を完食してくれました」(30代ママ)

なすと野菜のバター炒め

「1歳を過ぎたので使える食材も多くなり、いろいろな野菜の食感に慣れて欲しいのですが、食べ慣れている食材にばかり手をのばすので、どんなレシピで調理したらいろいろな野菜の食感の違いを味わえるのか悩んでいました。そこで、シンプルにいろいろな野菜をバターで炒めてみてはどうかと考え、なすと野菜のバター炒めを作ってみました。

なすは少し間を空け皮が残るように縦にピーラーで皮を剥き、輪切りにして水にさらしアクを抜いてから、サッと茹でて斜めに切ったアスパラと食べやすい大きさに切った赤いパプリカといっしょにバターで炒めます。なすは生では食べられないので、しんなりするまで炒め少量の塩で味付けしあげてみました。なすのやわらかい食感が気に入ったようで、自分から手づかみで食べていました」(20代ママ)

離乳食は様子をみながら進めていこう

離乳食完了期
iStock.com/paylessimages

離乳食完了期になると、多くの食材を使って調理できるようになります。なすはアクが強い野菜なので生のままではなく、よくアク抜きをして加熱調理するとやわらかくなり子どもにも食べやすいようです。

この時期は3回食になり、1回の食事量も増える時期になるので、子どもの食べるペースを大切に、手づかみ食べも学べるレシピを意識しながら、なすを離乳食に取り入れていけるとよいですね。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年2月26日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2018年02月26日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧