子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食中期の大豆はどう進める?レシピやアレンジ方法を紹介

離乳食中期の大豆はどう進める?レシピやアレンジ方法を紹介

離乳食中期に大豆を調理してあげようと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、離乳食レシピやアレンジ方法などママたちの体験談を紹介します。

離乳食中期の進め方

離乳食中期になると多くのママは、初期の経験から離乳食を作ることも食べさせることにも慣れてきた頃でしょう。しかし形状をペースト状から粗つぶしに変えたことで、子どもは食べにくさを感じて口から食べ物を出してしまうなど、新しい悩みも出てくることもあるようです。

基本的な離乳食中期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食中期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後7カ月から8カ月頃が離乳食中期とされています。離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくとよいでしょう。

調理形態は舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀類:全がゆ50g~80g
野菜・果物:20g~30g
魚:10g~15g
肉:10g~15g
豆腐:30g~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50g~70g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

離乳食で困ったこと

離乳食の食器
Africa Studio/Shutterstock.com

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べる量が少ない / 20.6%

食べるのをいやがる / 13.1%

食べる量が多い / 7.1%

作り方がわからない / 6.6%

相談する人がいない(場所がない) / 1.5%

(回答数:2722)

食べる量が少ないと困っている方が一番多く、食べるのをいやがることに悩んでいる方が多いようです。他にも舌でつぶせるようにと硬さを変えたことで、子どもが上手に食べ物をつぶせずに丸飲みしてしまったり、口から出してしまったりするようになり、困っているという意見がありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。


食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

離乳食の作り方がわからない / 9.0%


(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。ママたちのなかには、初期の食べ物を飲み込むだけの時期と比べて、中期は口を動かして噛むことにつながる食事を意識して進めていくので、離乳食をどのように作ったらうまく進められるのか悩んでしまうのかもしれません。

スーパーなどで簡単に手に入る大豆は、やわらかく煮るまでに時間がかかるので、圧力鍋で調理したり、市販の水煮大豆を使うママもいるようです。ママたちは大豆を食べやすくするためにどんなアレンジレシピを離乳食に取り入れているのでしょう。

離乳食の中期の大豆のアレンジレシピ

大豆
iStock.com/Makidotvn

離乳食中期の頃に、ママたちはどのようにして大豆を調理していたのでしょうか。レシピの工夫やアレンジ方法などを3つご紹介します。

大豆のポタージュ

「中期に入り離乳食に大豆を取り入れたいのですが、つぶして口に入れてあげてもパサパサした食感が好きではないのか口から出してしまうので、食べやすくなるレシピがわからずに困っていました。

そこで、ハンドブレンダーでクリーム状にしたらパサパサした食感ではなくなるかと考え、大豆のポタージュを作ってみました。水煮大豆とじゃがいも、玉ねぎをやわらかくなるまで煮て、煮汁といっしょにブレンダーを使ってクリーム状にしたら、粉ミルクを加えて弱火でよく煮てあげてみました。

クリーム状にしたことで食べやすくなり大豆の味も気に入ったようで完食し、おかわりをせがむ仕草を見せました」(20代ママ)

大豆とひじきの煮物

「中期に入り離乳食を進めようと食材の形状を変えると、上手に口の中でつぶして食べられないようで丸飲みしてしまうことが多く、どうしたらモグモグと歯ぐきと舌ですりつぶして食べてくれるのだろうと悩んでいました。そこで食べ物の丸飲みを解決するために、食感のあるものならば噛まないと飲み込めないだろうと考えて、食感のある大豆をひじきといっしょに煮物にしてみました。

大豆は洗ってから1晩水につけて、昆布といっしょに圧力鍋でやわらかくなるまで煮ます。水洗いした生の芽ひじきとみじん切りにしたにんじんを、茹でた大豆といっしょにやわらかくなるまでだし汁で煮込み少量のしょうゆで風味づけしました。

大豆をスプーンでつぶしながらあげてみると、食感があり丸飲みできなかったようでモグモグと口を動かし始めました。他の野菜も噛みながら食べ始め、噛む練習のきっかけになったようです。多めに作ったときは1食分づつ小分けにして冷凍保存しておき、もう1品欲しいタイミングであげていました」(30代ママ)

大豆と野菜のクリームシチュー

「離乳食が好きではないのか、食べることが好きではないのか、1口2口食べるともう口を開いてくれないので離乳が進まず、何を作ったら食べてくれるのか悩んでいました。そこで、粉ミルクを使ったレシピなら慣れている味なので食べてくれるかと考え、大豆と野菜のクリームシチューを作ってみました。

つぶした水煮大豆とにんじん、玉ねぎ、ほうれん草をやわらかくなるまで煮て、粉ミルクを加えさらに煮ます。そこに水溶き片栗粉でとろみをつけてあげてみました。

慣れている粉ミルクの味に片栗粉のとろみも手伝って食べやすかったようで、完食してくれました」(30代ママ)

離乳食は様子をみながら進めていこう

離乳食を食べる7ヶ月の赤ちゃん
Natee K Jindakum/Shutterstock.com

離乳食中期になると、初期の頃よりも使える食材が増えていきます。大豆のパサパサ感が苦手な子どももいるようですが、他の食材といっしょに調理することで食べにくさを解消できるようです。子どもがまだ食べ慣れていないうちは、とろみをつけるなどして食べやすいように工夫できるとよいかもしれません。

この時期には、子どもも行動範囲が広くなり、あちこちに動き始めるのでママも目が離せなくなるようなので、冷凍できるレシピなどを活用して、大豆をうまく離乳食レシピに取り入れて進めていけるとよいですね。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年2月16日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2018年02月19日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧