忙しいママのつよい味方!時短調理アイテムで叶える豊かな食卓

忙しいママのつよい味方!時短調理アイテムで叶える豊かな食卓

仕事や育児など忙しい日々を送っているママにとって、家事の時短は永遠のテーマなのではないでしょうか。特に食事の用意は毎日のことなので、手早く効率的におこないたいですよね。今回は「子どもや家族の為にも、時短しながら美味しい料理を作りたい」そんなママの思いを叶える2つの電子レンジ調理器をご紹介。使い心地やレシピのレパートリーもあわせてレポートします。

HARIO株式会社

効率的なごはん作りはレンジを活用

効率的でスピーディーな食事作りのためには、電子レンジの活用がおすすめ。

「レンジでチン!」している間に別のメニューを作ったり他の家事をしたり、同時進行できるところが魅力です。

また、焼き物や炒め物などのフライパン調理と比べ油を使わないので、とてもヘルシー。家族の健康が気になるママにとって、嬉しいポイントかもしれませんね。

そこで今回紹介したいアイテムが、時短しながら食卓のワンラックアップを目指せる2つの電子レンジ調理器です。

作ってそのまま食卓へ、レンジクッキングプレート

まず1つ目が「レンジクッキングプレート
レンジクッキングプレート
8種のレシピを公開中。これひとつで簡単におかず作りができます。
料理
料理
土鍋底面の凹凸によってこびりつきにくく油も落ちるので、ヘルシーでお手入れもラクチンそのまま食卓に出してもおしゃれなデザインで、盛り付けの手間も省くことができます。洗い物も少なくて済みますね。
おいしくヘルシー!レンジクッキングプレート

たまご料理ならお任せ!失敗しらずのエッグクッカー

そして2つ目が「エッグクッカー」です。
エッグクッカー

ころんっとしたカタチがかわいいこちらのアイテム。半熟たまごとスクランブルエッグを簡単に作ることができます。

半熟たまごの作り方

半熟たまご
  1. たまご1個をガラスボールに割入れる。
  2. 必ずフタをして500Wで30~40秒加熱して出来上がり。
Point!
半熟で仕上げるように様子をみて卵白が白くなってきたら加熱をやめて、余熱を利用して仕上げる。

スクランブルエッグの作り方

スクランブルエッグ
  1. 卵を1個ガラスボールに割入れる。
  2. 塩・こしょう・牛乳を入れてかき混ぜ、フタをして電子レンジ500Wで30~40秒加熱して出来上がり。
Point!
半熟で仕上げるように卵がふくらみかけた時に加熱をやめて、余熱を使用して仕上げる。
簡単そうに思えて意外に難しいスクランブルエッグ。エッグクッカーを使えば、あっという間にふわとろスクランブルエッグが作れます。フライパンに張り付いている必要もありません。

朝ごはんのシーンやお弁当作りで大活躍してくれそうですね。

カラーは、イエローピンクホワイトの3色展開です。
朝食の強い味方!エッグクッカー

忙しいママの一日に密着!我が家の頑張りすぎないおうちごはん

時短に一役買ってくれる電子レンジ調理器ですが、

「買ったはいいけれど結局使わなくなってしまい、キッチンの戸棚に眠っている電子レンジ調理器がある」
「簡単だと思っていたが、レンジの設定など意外と面倒。うまくできなかった」

という声もあり、実際どうなの?と気になっているママもいるかもしれません。

そこで子育て中の現役ママに、先ほどご紹介した2アイテム「レンジクッキングプレート」と「エッグクッカー」を実際に使ってもらいました。

ゆかりさん(@yukari.0222
ゆのちゃん(4歳)
ゆかりさん

写真はゆのちゃんが赤ちゃんの頃。現在は4歳です。ゆかりさんは毎朝お弁当作りが日課で、Instagramには子どものお弁当写真がたくさん!

一日のスケジュール

 6:00 起床。朝ごはんとお弁当の準備
 6:30 子どもと一緒に朝ごはん
 7:00 掃除洗濯、着替え、身支度
 8:30 子どもを幼稚園に送る
12:00 ママお昼ごはん
16:00 幼稚園お迎え
18:30 夕ごはん
20:00 寝かしつけ、 家事や団らん
24:00 就寝
ゆかりさん
子どもと過ごす日々はとにかく怒涛。特に朝は朝ごはんの準備に加え、子どものお弁当も作るのでバタバタです。

さっそく朝のシーンから2アイテムを使ってもらいました。

忙しい朝に!1分でふわとろスクランブルエッグ

エッグクッカー

たまごを割入れ混ぜたらレンジでチン!

朝食プレート

30~40秒(500W)でスクランブルエッグのできあがり。

ゆかりさん
スクランブルエッグは朝の定番。ちょっと目を離すと火が入りすぎてしまったり、意外とふわとろに仕上げるのは難しいんですよね。レンジにお任せでこのクオリティーには大満足です。

スクランブルエッグを作っている間に、フライパンでウインナーを炒めたり鍋で野菜を茹でたり同時進行できるので、かなり時短になります。

子どもも大好き!お弁当にも最適なヘルシーからあげ

お弁当のおかずとしても人気のからあげですが、油の処理などを考えると少し面倒。ましてやお弁当のために朝から揚げ物をするのはさらに気が引ける…

レンジクッキングプレートを使えば、なんと油いらずです。

からあげ調理工程

下味をつけた鶏肉に小麦粉をまぶし、レンジでチン!

からあげ

わずか6分でジューシーからあげのできあがり。

ゆかりさん
油を使わずヘルシーなのに、ジューシーな仕上がり。

子どものお弁当用に朝揚げる場合は、前日に下味をつけておくとさらに時短できます。

カレー粉などをまぶしてもおいしそうですね。お好みで下味に山椒を混ぜれば、パパのおつまみにもぴったりの大人からあげになります。

ママのランチに!お手軽パパっとパスタ

ゆかりさん
お家ランチの基本は、手早くパパっと作れること。

レンジクッキングプレートはそんなランチのシーンでも大活躍してくれます。

パスタ調理工程

乾燥パスタと具材全部、最後にお水を入れレンジでチン!

パスタ調理工程

バターやケチャップで和え

パスタ
チーズとパセリをふりかけたらできあがり!
ゆかりさん
所要時間たったの10分でできちゃいました。手軽にパパっと済ませたい休日のお昼にもぴったりだと思いました。

しかもこのレンジパスタ、冷めてもおいしいんです。普通パスタって時間がたつと固くなったり麺同士がくっついてしまうことがあるのですが、それが全くなくて驚きました(※)。
※レシピによって異なります。

和食もお任せ!10分でしみしみ肉じゃが

最後は夕ごはんのシーン。

この日のメニューは、和食の定番肉じゃがです。

具材と調味料をすべて入れ、あとはレンジにお任せ!

肉じゃが

約10分でできあがり。大人2人分くらいの量が作れます。

ゆかりさん
途中取り出して混ぜたりする必要もないので、とっても簡単。グリンピースだけ最後にちらしました。

お肉や野菜がパサついたりしないのかな?と気になっていたのですが、中までちゃんと味がしみていました。レンジから取り出したあと、一度冷ますとよりしっかり染み込んでおいしく仕上がります。

お野菜切るところから、なんと15分で完成したそう。忙しいママはもちろん、料理が苦手なママの味方にもなってくれそうですね。

最近は、4歳のお子さんと一緒に料理を作ることもあるというゆかりさん。火を使うのはまだ少しハードルが高いと感じるときにも、レンジ料理なら楽しみやすいかもしれません。

賢く時短で、おいしい暮らし

時短や手軽さだけでなく、おいしさや健康まで兼ね備えた料理が作れる「レンジクッキングプレート」そして「エッグクッカー」。暮らしに寄り添ってくれるアイテムは、働くママの頼もしいパートナーとしてきっと力を発揮してくれるはずです。ぜひ上手に取り入れて、家族との豊かな食卓につなげてみてはいかがでしょうか。

8種のレシピ付き!レンジクッキングプレート
電子レンジで手軽に卵料理ができるエッグクッカー

2019年03月19日

家事の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事