幼稚園に履いていくパンツ。選ぶポイントや意識したこと

幼稚園に履いていくパンツ。選ぶポイントや意識したこと

幼稚園児のパンツの悩みなど

幼稚園に通う男の子や女の子のパンツを用意するとき、パンツを選ぶポイントや何枚あるとよいのか、名前を書く場所やパンツの上に履く衣類、借りたときの対応などが気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、幼稚園児のパンツを選ぶポイントや意識したことについて、体験談を交えてご紹介します。

幼稚園児のパンツの悩み

幼稚園に通う男の子や女の子のいるママやパパのなかには、子どものパンツについて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。幼稚園児のパンツについての悩みをママやパパに聞いてみました。

30代男の子のママ
うちの息子はもうすぐ入園なのですが、トイレトレーニングが終わったばかりです。失敗することもあると思うので、替えのパンツを何枚持たせるとよいのか気になっています。
30代女の子のパパ
幼稚園入園を前にパンツを新調したいと考えています。どのようなパンツを選ぶとよいのか知りたいです。
30代女の子のママ
わが家の幼稚園の娘は最近スカートばかり履きたがります。スカートの下がパンツだけだと冷えなどが心配なので、何か工夫していることがあれば知りたいです。
幼稚園児のパンツについて、選び方のポイントを知りたいという声や替えのパンツの枚数が気になるという声もあるようです。幼稚園で履くパンツやパンツの上に履く衣類について知ることができると、用意するときの参考になるかもしれません。

そこで今回は、幼稚園児のパンツを選ぶときのポイントや幼稚園へ持っていくパンツで意識したことなどを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。


幼稚園児のパンツを選ぶポイント

幼稚園児のパンツを用意するとき、どのように選ぶとよいのか気になる方もいるかもしれません。幼稚園児のパンツを選ぶときのポイントについて、ママやパパに聞いてみました。

サイズ

大きさ
Roman Sigaev/Shutterstock.com
30代女の子のママ
子どものパンツを選ぶときは、今の子どもにあっているかどうかサイズを確認しています。同じサイズでもウエストや足回りのサイズが異なると思うので、見本品があれば伸び具合などを見るようにしています。
子どもの履くパンツのサイズを確認しておくとよいようです。他にも、表示されたサイズだけでなくお腹周りや足回りなどを確認することで、子どもが履きやすいパンツを選ぶようにしているというママの声もありました。

素材

30代女の子のママ
体を動かして遊ぶことが大好きな幼稚園児なので、夏などはとくに汗をかいて蒸れてしまうこともあると思います。通気性のよい素材を使用したパンツを選ぶと、子どもも快適にすごせるかなと考えています。
幼稚園児の履くパンツは素材で選んでいるというママもいるようです。他にも、肌に直接触れるものなので、肌触りのよいパンツを選ぶようにしているというママの声もありました。

子どもの好きなデザイン

30代男の子のパパ
子どもが毎日履くものなので、パンツは子どもの気に入ったものを選ぶようにしています。うちの息子は柄だけでなく、パンツの形にも好みがあるようです。
幼稚園児の履くパンツは、子どもの好きなデザインのものを選んでいるというパパもいるようです。子どもの好きなキャラクターの絵が描かれたパンツやデザインなど、子どもが喜んで履けるものを選べるとよいかもしれません。

幼稚園へ持っていくパンツで意識したこと

幼稚園のなかには、替え用のパンツを用意しておくところもあるかもしれません。幼稚園へ持っていくパンツで意識したことについて、ママやパパに聞いてみました。

必ず記名をする

30代女の子のパパ
子どものパンツは履くものも幼稚園に置いておく着替え分も、すべて名前を書くようにしています。洗濯表示のタグのところに名前を書いておくと、先生にもわかりやすいかなと感じています。
幼稚園で使う子どものパンツには、きちんと名前を書くようにしているというパパもいるようです。ママのなかからは、子どもにもわかりやすいように、パンツのお腹側の内側に大きく名前を書くようにしているという声も聞かれました。

状況にあわせた枚数を用意する

パンツ
focal point/Shutterstock.com
40代女の子のママ
うちの娘はトイレトレーニングが終わったばかりで失敗することもあると思い、お着替え袋に入れるパンツを多めに用意しました。3枚ほど入れておくと、幼稚園のパンツを借りることなくすみました。
30代男の子のママ
息子は普段から失敗することがほとんどないので、幼稚園に保管しておく着替えは1セットだけです。パンツも1枚おいておけば十分のようです。
幼稚園に持っていく替えのパンツを何枚用意すればよいかは、子どもの状況によってもさまざまなようです。幼稚園によっては、着替えの枚数などが決められているところもあるようなので、一度先生に確認してみるのもよいかもしれません。

幼稚園で履くパンツで感じたこと

幼稚園に入園すると日中は子どもと離れて生活することになるため、いろいろと心配になってしまう方もいるかもしれません。幼稚園生活のなかで、パンツに関してママやパパの感じたことについて聞いてみました。

パンツを借りたときの対応

30代男の子のママ
子どもの通う幼稚園では着替えなどを何枚用意するか決まっていたので、足りないときは幼稚園で借りたこともありました。借りたパンツはきれいに洗濯してから返すようにしていました。
幼稚園でパンツを借りたときは、またすぐに使えるよう、きれいに洗濯してから返すのがマナーのようです。ママのなかからは、借りたパンツを返却するときは、一筆添えて返すようにしたという声も聞かれました。

パンツの上に履くものを用意する

40代女の子のママ
娘は一年中スカートで登園したいと言い、夏は砂場の砂がパンツについていることもよくありました。パンツの上から履くことができるオーバーパンツを用意すると、パンツが汚れることもなく冷房での冷えも防げると感じました。
スカートを履くこともある女の子の場合、パンツの上に履くオーバーパンツを用意することもよさそうです。ママのなかには、長めのスパッツでは暑く感じる夏などに、ひんやり素材のオーバーパンツを用意したという声もありました。

子どもにあわせた幼稚園パンツを選ぼう

園児
asharkyu/Shutterstock.com

幼稚園に通う子どものパンツを選ぶポイントは、サイズや素材などさまざまあるようです。子どもの好きなデザインのパンツを選ぶというパパの声もありました。男の子はパンツの形もいくつかあるようなので、子どもが履きやすいものを選ぶとよいかもしれません。

女の子は、パンツの上に履けるオーバーパンツなどを着用することもあるようです。幼稚園に替えのパンツを用意するときは、子どもの状況にあわせて何枚か用意できるとよいかもしれません。名前はきちんと書くようにし、園から借りた場合は洗って返却するとよいようです。

幼稚園に通う子どもに履きやすいパンツを選べるとよいですね。

2020年03月02日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧