保育園用の肌着を用意するとき。肌着の名前の書き方のポイントとは

保育園用の肌着を用意するとき。肌着の名前の書き方のポイントとは

冬や夏など季節別の肌着のあわせ方

タンクトップや半袖など、保育園用の肌着はどのようなものを選んだらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、0歳や1歳、女の子用などの肌着の選び方と、夏は肌着がいらないなど、冬や春、秋の服装と肌着のあわせ方、肌着の名前のつけ方やつける位置などについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

保育園で子どもが着る肌着を用意するとき

保育園への入園準備をするときに、0歳や1歳児の子どもの肌着はどのようなものを用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに、保育園で着る肌着について気になることを聞いてみました。

30代ママ
仕事復帰のため、0歳児クラスに入園が決まりました。今入園準備中ですが、保育園用の下着は、自宅用と同じでよいのでしょうか。
20代ママ
1歳の娘が保育園で着る半袖やタンクトップなどの肌着に名前を書こうと思っていますが、名前のつけ方やどの場所に名前をつけたらよいのかが知りたいです。
保育園で着る肌着の選び方のポイントや名前つけについて知りたいというママもいるようです。他にも、冬や夏など季節にあわせてどのように服装と肌着を組みあわせたらよいのかというママの声も聞かれました。

そこで、今回は保育園用の肌着の選び方や季節別の服装と肌着のあわせ方、肌着の名前の書き方のポイントについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

保育園用の肌着の選び方

ロンパース
Africa Studio/Shutterstock.com

保育園用の下着はどのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょう。

園の決まりを確かめる

30代ママ
肌着について園に問いあわせをしたところ、0歳児はロンパースなどのボタンがついてないものを、1歳児からは立って歩けるようになったら上下別々のものを用意してくださいと言われました。
20代ママ
夏にキャミソールの肌着を着て行ったところ、肩紐が肩から落ちることがあるので、女の子でもキャミソールは避けてほしいとお話がありました。前の保育園ではよかったのですが、園によって違うのだなと感じています。
保育士の負担や子どもの自立面などさまざまな視点を踏まえて、園によって下着に決まりごとがある場合もあるようです。事前に園の方針を確認しておくと、準備もスムーズかもしれません。

着心地のよさ

30代ママ
保育園で子どもが思いきり遊べるように、動きやすいものがよいなと思いました。伸縮性のある素材のものなど着心地のよさを考えて選びました。
40代ママ
以前、汗をかいたときに肌着が湿って気持ち悪いと言うことがありました。汗を吸ってすぐ乾く生地を選んだところ、汗をかいてもさらっとしていて、着心地がよさそうです。
着心地のよさを考えて、伸縮性や速乾性のあるタイプの肌着を選んだママもいるようです。ママのなかからは、肌着は肌に直接触れるものなので、肌に優しい綿100%のものを選んだという声も聞かれました。

サイズ

30代ママ
うちの園では、1歳児から1人で着替える練習を少しずつ取り入れているようなので、自分で脱ぎ着しやすい肌着がよいなと思いました。子どもの体格にあったちょうどよいサイズを選びました。
子どもが1人でも着脱しやすいように、子どもの成長にあったサイズを選ぶとよいかもしれません。他にも、お腹が出ないように着丈が長めのものを選んだというママの声も聞かれました。

【季節別】服装と肌着のあわせ方

保育園での服装について、肌着とのあわせ方を季節別に聞いてみました。

30代ママ
寒いかと思い、長袖の肌着にセーターを着て行きましたが、うちの園では、教室に暖房器具が整備されているため暑かったようです。それからは、半袖肌着の上に長袖トレーナーを着て、長ズボンで登園しています。
冬などの寒い時期は、室内の温かさを考慮して、着せすぎていないか確認しながら服装を決められるとよいかもしれません。また、園の先生から「大人より1枚少なめの服装を目安に」とお話があったので、薄着を心がけるようにしているというママの声も聞かれました。

子ども服夏
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
真夏の時期は、2枚重ねは暑いのかなと感じ、肌着なしでタンクトップ一枚ですごすことがあります。汗をかいたら着替えればよいかなと思い、着替えを多めに用意しています。
40代ママ
汗をよくかく時期は、あせもなど肌トラブルが気になるので、肌着はいつも着ています。通気性のよいメッシュ素材のタンクトップの肌着とTシャツ、短パンを組みあわせています。
夏の暑い時期は、肌着はいらないと感じるママもいるようです。また、肌着を着ない場合は、汗を吸い取ってくれるように、Tシャツやタンクトップを綿100%の素材のものにしているというママの声も聞かれました。

肌着を用意するときは、メッシュ素材のものをあわせるなど、子どもの様子を見ながら選べるとよさそうです。

春や秋

30代ママ
春や秋はすごしやすい日が多いので、タンクトップの肌着に長袖Tシャツを着せています。朝晩寒い日もあるので、その日にあわせて半袖の肌着やカーディガンを着て調整することもあります。
季節の変わり目となる春や秋は、朝晩は肌寒いこともあるので、調整できるような服装にするとよいかもしれません。あまり気温が上がらなさそうな日は、ウィンドブレーカーなど羽織ものを用意すると安心かもしれませんね。

保育園用の肌着の名前の書き方のポイント

保育園で使う下着の、名前のつけ方についてママたちに聞きました。

名前のつけ方

30代ママ
名前つけをするときは、アイロンタイプのお名前シールを使いました。洗濯を繰り返しても、文字が薄くなりにくく、長持ちするように感じました。
肌着に名前をつけるとき、耐久性のあるアイロンテープを使ったママもいるようです。他にも、お名前スタンプやマスキングテープで名前つけをしたというママの声も聞かれました。

自分の好みや使い勝手にあわせていろいろ試してみるのもよいかもしれません。

名前をつける位置

30代ママ
用意した肌着には、首の後ろ部分にある商品タグがなかったので、内側の洗濯表示やサイズ表示があるタグの位置に名前をつけました。先生が見にくいかなとも思い、聞いてみたところ、この位置につける方が多いようです。
名前をつける位置は、肌着の内側にある洗濯表示のタグにしたママもいるようです。また、首の後ろ部分やすそ部分に位置に名前つけをしたというママの声も聞かれました。

園によって名前を付ける場所を指定していることもあるようなので、確認しておくとよさそうです。

子どもにあった保育園用の肌着を用意しよう

子ども肌着
Melinda Nagy/Shutterstock.com

保育園用の肌着を用意するとき、0歳や1歳の子どもが着るロンパースや女の子が着るキャミソールなど園に指定があるか確認しておくとよさそうです。

冬は半袖の肌着、春や秋はタンクトップをあわせているママもいるようです。夏は肌着がいらないというママの声も聞かれ、子どもの様子や気候にあわせて選べるとよいかもしれません。

名前のつける位置なども園に確認しながら、肌着を用意できるとよいですね。

2020年02月27日

専門家のコメント
18
    あゆみ先生 保育士
    保育園で冬場にヒートテックを着てくる子が居ましたが、朝夕は寒くても日中は活動量があり、子ども自身の体温も高いので、綿の肌着の用意をお願いしていました。その際、長袖だと厚着になるので、タンクトップか半袖で十分でした。家から着てくる子は園で着替えていたので、登校園時は上着で調節してもらえるとありがたかったです。
    また、室内だと集団ということもあって温度が高いので、裏起毛ではなく、薄手のロンTで全然大丈夫でしたよ。
    また、ロンパースは子ども自身も着替えにくいので遠慮してもらっていました。
    名前を書く際はタグなどパッと見やすい所が良いですね。お下がりで違う名前が書いてあったり、洗濯して薄くなっている場合もあるので、定期的にチェックすると良いと思います。
    きょこちゃん先生(KIDSNAシッター) 保育士
    保育園で働いていた現シッターです☺️保育園では、ユニクロの肌着だと被るので特にお名前必須です!メルカリやお友達からの譲りもの、お下がりだと名前が違うので、その点も確認してくださいね。
    意外とキャラクターものは被ることが少ないので、そういった点では安心かもしれません😂
    ゆか先生 保育士
    繋ぎの下着を着けてくる子が何人かいるのですがとてもめんどくさいです。
    トイレのとき自分じゃ出来ないし、やったらやったで濡らしてしまうし、、、
    着替えもスムーズにはいきません。家庭で着せる分には問題ないですが園に着ていくのはやめた方がいいですね。

    繋ぎでない半袖かノースリーブの肌着がいいです。
    わい先生 保育士
    保育室は、室温・湿度・子どものように応じて暖房をつけています。温かい下着でもいいですが、以外に暑いこともありますので、冬は温かい下着と薄い肌着(半袖)を2つ用意して暑ければ着替えをお願いしてもいいと思います。
    名前は、園の指定の場所があることもあります。一度確認をしてください。
    だいふく先生 保育士
    下着は似ているものが多いので、タグ等にわかりやすくお名前を付けてもらうと助かっていました。あとは洗濯でシールやマジックが薄れたりもするのでたまに確認してもらたらありがたいですね。またロンパースは1歳、2歳クラスからはなるべく上下の分かれた服をお願いする事が多いので、買い足す時は確認したほうがいいかもですね。
    あーちん先生 保育士
    季節に応じた物なのは必須ですね。冬でも暑すぎる肌着は体温調節がしにくいので、適切な物を選べるといいですね。

    名前はタグに書くことがほとんどだと思います。シールの際は剥がれてしまうこともあるので、洗濯の時に確認していただくか剥がれてしまった時のために、シールの下にも名前を書いておくといいかもしれません!
    なごみ先生 保育士
    トイレトレーニングが始まる頃にはロンパースタイプの肌着じゃない方がいいと思います。ロンパースタイプの肌着だとトイレに失敗した時に全身着替えになってしまい洗濯物も増えてしまうので、、、。
    おはぎ先生 保育士
    タグに記名したり、園でそれぞれ決まっていることも多いと思います。特に決まっていなければ、前の裾の裏手(お腹に当たる側の裾)に書くのがオススメです。着替えるときに見える方を床に置いて被るように着ることを伝えたら、前後間違える子がいなくなりました。
    みぃ先生 保育士
    ロンパースは1歳児クラスでも避けて頂けると嬉しいです…。また、できるだけ名前は記名して頂ければ幸いです。
    えり先生 保育士
    ロンパースは、遠慮してもらっていました。成長するにあたって着脱に興味がでてきたり、トイトレをするときも子ども自身が困りません。もっと低月齢の子どもでも、オムツ替えがスムーズに出来ることにより、もっと他の部分でしっかり関わってあげることができます。
    冬によくある、保温用のインナーは体温調節が未熟な子どもには、あまり向いていないと思います。実際に、それを着ていて汗をかき、背中に汗疹ができていた子も見たことがあります。
    出来るだけ綿100の肌着に名前をフルネームでしっかり描いていただけると有り難いですね^^
    すみっこ先生 保育士
    園内は暖かくしてありますし、活動をしているなかで体温も高くなっていくので
    裏起毛やポカポカ下着はなくても大丈夫だと思います!

    タグのところにお名前を書いてあるご家庭が多いかな?
    洗濯をすると段々と消えてしまうので、時々チェックしていただけたら助かります!
    はなこ先生 保育士
    保育園ままは名前はタグのところに貼れるシールタイプの子が多かった気がします!あとはお名前スタンプ!ポンポン押せるので便利!
    肌着は基本薄手でいいです!ヒートテックはあまりお勧めできません。
    しまこ先生 保育士
    ロンパースとヒートテックはおすすめできません!
    それから名前はなるべくわかりやすくはっきりと書いてください。
    ちぃ先生 保育士
    肌着はユニクロや西松屋などのものを使っていた子が多かったので被ることが多いですね。名前はタグに書くか、直接書くといいと思います。シールタイプのものは剥がれたりしてしまいそのシールが剥がれてしまった時にシールが無くならないようにしたりと保育士も大変なのでできれば避けて欲しいですね。
    名前が薄くなったりしますのでお休みの時にチェックしていただけたらありがたいですて。
    あー先生 保育士
    保育園で働いているとやはり持ち物に名前をはっきり書いてくださると保育士も助かります。わたしは、子どもの持ち物は洗濯タグのところに大きく油性ペンで書いていました。
    まあ先生 保育士
    大人は冬は長袖2枚くらい着るのが当たり前になっていますが、子どもは新陳代謝も良く、活動量も多かったりするので冬でも半袖の肌着で大丈夫かと思います。
    ひまわり先生 保育士
    タグの所に名前ですね。
    ロンパースがダメな保育所も多いので、半袖シャツ、長袖シャツを用意するといいですよ。
    服を買ったら名前を書く習慣にしていれば、書き忘れもなくていいと思います。
    ほー先生 保育士
    ロンTや素材などでカバーすれば良いので
    冬でも夏でも半袖の肌着が万能だと思います。
    夏はタンクトップやキャミソールなども。
    名前はタグに油性ペンで書くと
    消えにくく分かりやすくていいですね。
    シールなども可愛くていいですが、
    ものによっては洗濯する度に取れてしまうものもありました。

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧