キッズ用レインコート。防水性や撥水など選び方や使い方の工夫

キッズ用レインコート。防水性や撥水など選び方や使い方の工夫

防水のためのグッズなど

キッズ用レインコートの防水性について気になっているママもいるかもしれません。防水加工のあるレインコートの選び方や防水テープなどのレインコートに使う防水グッズ、使用するときのポイントについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どものレインコートで気になること

キッズ用レインコートを選ぶときにどのようなことが気になるのでしょう。実際に、ママたちに聞いてみました。

「子どものレインコートを選ぶときに、防水加工のレインコートがよいか撥水加工のレインコートがよいか迷いました。子どもが自分で脱ぎ着したりたたんだりすることもあることから、どのようなタイプを選ぶとよいのか気になります」(30代ママ)

「撥水加工のキッズ用レインコートは薄手で扱いやすそうですが、長時間使う場合は服が雨で濡れることもあると聞きました。キャンプなどで使うことも考えると、防水加工を選んだ方がよいのかなと考えています」(20代ママ)

キッズ用レインコートには防水や撥水などの加工がされているタイプがあり、選ぶときにどちらがよいか迷うママもいるようです。そこで今回は防水加工のレインコートについて、使うシーンや防水性を高める工夫などをご紹介します。

【シーン別】キッズ用レインコートの選び方

キッズ用レインコートには、形や機能面などいくつかのタイプがあります。ママたちにレインコートの選び方を聞いてみました。

通園

レインコート
Andrienko Anastasiya/Shutterstock.com

「保育園の通園用には、子どもが扱いやすいコートタイプを選びました。通園カバンの上から着ることができ、子ども自身が畳んで袋に入れることができるので使いやすいのではないかと思います」(30代ママ)

保育園や幼稚園の通園に通常のキッズ用レインコートを選んだママがいました。キッズ用レインコートはカバンやリュックサックの上から着用できるデザインもあることから、防水性のあるタイプを選べば通園カバンが濡れる心配も少なくなりそうです。

外遊び

「雨の日にも外遊びを楽しめるように、ポンチョタイプのキッズ用レインコートを購入しました。ポンチョタイプは胴回りや腕回りがゆったりできているので通気性がよく、防水性のあるタイプなら長時間遊んでも蒸れが気にならないことから、子どもとカエルやカタツムリを探して雨ふりを楽しんでいます」(40代ママ)

キッズ用レインコートにはポンチョタイプもあるようです。防水加工されたレインコートは遊んでいる間に内側が蒸れることもあるようですが、ポンチョタイプなら袖や裾が広く作られているために通気もしやすく、子どもも雨のなかで楽しく遊べるかもしれません。

アウトドア

「家族でキャンプに行くために防水加工のキッズ用レインウエアを選びました。長時間雨が降ることも考えて、内側に籠った湿気を逃がしやすいベンチレーションタイプを購入しました。値段は高めでしたが、ズボンの裾も閉じる防水性機能の高いウエアなので、アウトドアで使いやすいと思います」(30代ママ)

家族でキャンプや登山に出かけるために、防水性の高いキッズ用レインウエアを選んだママがいました。防水加工されたアウトドア用のレインウエアには湿気を逃がす工夫がされている機能がついたタイプもあるので、仕様説明をしっかり確認して目的にあわせて用意できるとよさそうです。

レインコートに使う防水グッズ

キッズ用のレインコートの防水性が落ちてきたことが気になる場合、どのように対処するとよいのでしょう。ママたちが使っているレインコート用の防水グッズを聞いてみました。

防水テープ

テープ
iStock.com/Grigorev_Vladimir

「子どものレインコートの縫い目から雨が浸み込むようになってきたので、防水テープを内側から貼りました。防水テープを縫い目に沿って剥がれないようにしっかり貼ったところ、レインコートへの雨の浸み込みが気にならなくなりました」(40代ママ)

防水加工されたキッズ用レインコートも、使っている間に防水性が低くなることもあるかもしれません。ママのなかには、キッズ用レインコートに初めから貼られている防水テープが剥がれてきた際も、市販の防水テープを購入して貼り換えているという声もありました。

防水スプレー

「防水加工のレインコートの防水性が弱くなったときには、防水スプレーを使っています。防水スプレーを使うときには屋外でレインコートを広げ、全体に防水液がかかるようにていねいに防水加工をしています」(20代ママ)

キッズ用レインコートも大人用レインコートも、何度か使うと防水性が弱くなることもあるかもしれません。防水スプレーはさまざまな種類が市販されているので、防水性や使いやすさを確かめて選ぶとよさそうです。ママのなかには、子どものスニーカーにも使える防水スプレーを購入し、いろいろなシーンで役立てたという声もありました。

レインコートを使用するときのポイント

キッズ用レインコートを使用するときにはどのようなことに気をつけているのか、ポイントをママたちに聞いてみました。

湿気に気をつける

「子どもは雨の日にも遊びに夢中になり汗をかくことがあるので、レインコートの内側の湿気に気をつけるようにしています。防水加工されたレインコートを着ていると湿気が外に逃がしにくいと考えて、ときどきレインコートを脱いで休むように声をかけています」(30代ママ)

防水性の高いキッズ用レインコートのなかでも、湿気を逃がす機能がついていないタイプを着用してで遊ぶ場合は、ときどきスナップを外すなど工夫して換気するとよいかもしれません。他には、首回りなどの汗をかきやすい部分にタオルを巻いて湿気対策をしているというママの声もありました。

使用後はしっかり乾かす

「子どもがレインコートを使用したときは、その都度よく乾かすようにしています。防水加工をしたレインコートは洗濯機で脱水することが難しいことから、使い終わった後にきちんとした管理をすることも長く使うためのポイントではないかと思います」(40代ママ)

キッズ用レインコートのお手入れや管理をしっかりと心がけているママがいました。レインコートを乾かす他に、汚れたときにすぐにタオルなどできれいに拭いて汚れを落とすことも、長く使うためのポイントかもしれません。

雨の日はキッズ用レインコートを使おう

傘を持った子供
iStock.com/Hakase_

子どもが雨の日のお出かけや外遊びを楽しめるように、防水加工がされているキッズ用レインコートを選ぶママもいました。子ども用のレインコートの防水性が弱くなったときには、防水テープなどを使って補強する方法もあるようです。

シーンにあわせてレインコートを準備し、雨の日も子どもと楽しくすごせるとよいですね。

2019年04月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧