【調査報告】現役ビジネスパーソンに聞いた!「産後パパ育休制度」に関する意識調査 育休取得希望の男性は86.3%だが 実際の取得率は19.6%に留まる 61.3%の男性が育休を取りにくいと回答

【調査報告】現役ビジネスパーソンに聞いた!「産後パパ育休制度」に関する意識調査 育休取得希望の男性は86.3%だが 実際の取得率は19.6%に留まる 61.3%の男性が育休を取りにくいと回答

「育休=女性対象」の固定観念も要因か

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は現役ビジネスパーソン571人(20代~40代・男女)を対象に「産後パパ育休(出生時育児休業)制度」の認知度や育休に対する価値観などに関するアンケート調査を実施しました。

・【産後パパ育休制度の認知度】「産後パパ育休制度施行」には7割弱のビジネスパーソンが関心
10月1日から「産後パパ育休(出生時育児休業)制度」が施行されます。育休取得推進の動きが活発化する中で、現役ビジネスパーソンの育休取得への意欲や課題について調査しました。

はじめに、対象者全員に産後パパ育休(出生時育児休業)制度が施行されることを知っているか聞いたところ、「知っている」と回答した人が67.1%と半数を大きく超え、認知度は比較的高いようすがうかがえました。
産後パパ育休制度
・【男性の育休取得率】男性の育休取得率は19.6%に留まる
次に、対象者のうち子供がいる男性163名に、育休を取得したことがあるか聞いたところ、「取得したことがある」と回答した人は19.6%のみでした。同じく子供がいる女性の育休取得率は70.0%で、男性の取得率の低さが際立ちました。
詳細はこちら

2022年10月05日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧