グルテンフリーで作る、簡単でおいしいおやつのレシピ本が発売

グルテンフリーで作る、簡単でおいしいおやつのレシピ本が発売

ホットケーキやホットビスケット、パウンドケーキ、ショートケーキなど、小麦粉、卵、乳製品を使わずに簡単においしく作れる、60のレシピを掲載

「世界文化社」から、安曇野にあるホリスティックリトリート穂高養生園の料理人・鈴木愛氏のグルテンフリーのお菓子レシピ本「穂高養生園が考えるやさしいおやつ」が刊行。
穂高養生園が考える やさしいおやつ 1,650円(税込)
穂高養生園が考える やさしいおやつ 1,650円(税込)
「体調によって小麦粉を控える」という方も増えてきた昨今。みんなが安心しておいしく食べられる「やさしいおやつ」を自宅でも気負わず作ってもらえたら――そのような想いでこの本は作られた。

「グルテンフリーに興味はあるけれど手間がかかりそう」と思う方もいるかもしれないが、 グルテンフリーは動物性食品を使わないため、ダマにならず乳化しやすいのが特徴。

基本の生地は、粉類と油分や水分をそれぞれ混ぜて、最後にいっしょに混ぜ、あとは焼くだけ。通常のお菓子よりコツいらずで完成する。
穂高養生園が考える やさしいおやつ
この本では、ホットケーキやホットビスケット、パウンドケーキ、ショートケーキなど、小麦粉、卵、乳製品を使わずに簡単においしく作れる、60のレシピを掲載。はじめての方でも取り組みやすい、フライパンでできるレシピも紹介されている。

小麦粉の代わりに米粉を使用、甘みは砂糖の代わりにてんさい糖・メープルシロップ、油は植物性、バターや生クリームの代わりに豆乳や豆乳ヨーグルトを使用しているため、軽いのに満足度は十分な、毎日食べたいおやつが完成。アレルギーのある子どもでも、安心して食べられるレシピとなっている。
穂高養生園が考える やさしいおやつ
おやつを作るひとときも楽しんでもらいたい、そんな著者の想いも込められたレシピ本。ぜひ子どもとのおやつ時間に取り入れてみては。
穂高養生園が考える やさしいおやつ
著/鈴木愛
世界文化社刊 1,650円(税込)

問い合わせ先/世界⽂化社
https://www.amazon.co.jp/dp/441821318X/

2021年11月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ