世界で使われる「こんにちは」をまとめたビジュアル書籍が発売中

世界で使われる「こんにちは」をまとめたビジュアル書籍が発売中

世界の人と挨拶できる、文字の不思議と音の楽しさが詰まった1冊

「日経ナショナル ジオグラフィック社」から、『世界の「こんにちは」』が発売中。

世界の国・地域で使われている主要な115の言語で、「こんにちは」をどう言うのかを1冊にまとめた、ビジュアル書籍となっている。
世界の「こんにちは」 1,980円(税込)
世界の「こんにちは」 1,980円(税込)
たとえば、英語は「ハロー」、フランス語は「ボンジュール」、ペルシャ語は「サラーム」、ジョージア語は「ガマルジョバ」、アムハラ語は「テナイストゥッリン」。

それらの言語を、文字でどう書くのか、どう読むのか、左右どちらから読むのか、使われている国はどこなのかを言語ごとに紹介。

また、挨拶といっても、硬軟多様な場面や、時間によって変わるケースもあるため、機械翻訳ではわからない、「こんにちは」に最適な言葉もあわせて掲載されている。
世界の「こんにちは」
監修は、外国語教育・研究で日本トップクラスであり、世界の言語を研究・教育する東京外国語大学に附置された、アジア・アフリカ言語文化研究所。巻末には、国・地域の名前から逆引きできる索引も付いている。

さまざまな国の「こんにちは」で世界のことをもっと知りたくなる、子どもから大人まで、家族みんなで楽しめる1冊を、ぜひチェックしてみては。
世界の「こんにちは」
監修/東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所
日経ナショナル ジオグラフィック社刊 1,980円(税込)

日経ナショナル ジオグラフィック社
https://nationalgeographic.jp/atcl/product/21/031500009/

2021年05月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧