産後の寝不足はいつまで続く?ママたちの寝不足対策

産後の寝不足はいつまで続く?ママたちの寝不足対策

子どもについてチェックしたこと

出産後に赤ちゃんのお世話や授乳などで寝不足を感じているママもいるかもしれません。この記事では、産後の寝不足はいつまで続いたのかや、ママたちの寝不足対策、子どももぐっすり眠れるように意識したことについて体験談を交えてご紹介します。

ママたちの産後の寝不足事情

ママたちのなかには、出産後に寝不足で悩んでいる方もいるかもしれません。ママたちの声を聞いてみました。

30代ママ
2歳を迎えた息子は今も夜泣きがあって、夜も頻繁に起きます。私も寝不足の状態が続いており、この生活がいつまで続くのか知りたいです。
20代ママ
出産後は寝不足になると聞いていましたが、実際に赤ちゃんのお世話が始まると体もつらく感じるほどの寝不足が続いて戸惑っています。他のママがどのようなことをして乗り切っているのか、知りたいです。
子どもの夜泣きや赤ちゃんのお世話で寝不足が続いているママからは、いつまで寝不足が続くのかや寝不足の対策について知りたいという声がありました。

実際に産後の寝不足を経験したママたちは、どのくらいの期間続き、どのような対策をしたのでしょうか。

産後の寝不足はいつまで続いた?

あくびをする女性
Aaron Amat/Shutterstock.com

産後の寝不足はいつまで続いたのでしょうか。ママたちの体験談をご紹介します。

夜泣きが落ち着くまで

30代ママ
断乳した後も、しばらく毎日2~3回は夜泣きをする生活が続きました。成長とともに夜泣きしても抱っこ以外の方法で寝てくれるようになり、3歳になってから一晩通して眠ってくれるようになりました。
夜泣きが落ち着くまでは寝不足が続いたというママがいました。夜泣きの理由は子どもの年齢や様子によっても異なるようなので、子どもにあった対処法を見つけられるとよいかもしれません。

夜間の授乳をやめるまで

20代ママ
娘が10カ月のときに夜間の授乳をやめました。しばらくは夜中にぐずることもありましたが、だんだん眠る時間が長くなり、夜は起きなくなりました。
夜間の授乳をやめたことをきっかけに子どもがよく寝るようになり、寝不足を感じることが少なくなることもあるようです。子どもが一晩中寝てくれるようになると、ママの体も気持ちも楽になるという声もありました。

園生活に慣れるまで

20代ママ
幼稚園に入園した直後は夜泣きすることが続いたのですが、園生活に慣れてお友だちの名前がたくさん出るようになってからは毎日元気に遊んで疲れるのか、よく寝るようになりました。
園生活に慣れてきたタイミングで子どもがよく寝てくれるようになり、自分もぐっすり眠れることが増えていったというママもいました。ママのなかからは、園生活で日常生活にリズムがつくことで、布団に入る時間が定まるようになっていったと感じたという声も聞かれました。

【体験談】ママたちの産後の寝不足対策

ママたちはどのようにして産後の寝不足を乗り越えているのでしょうか。ママたちの寝不足対策をご紹介します。

子どもといっしょにこまめに休む

30代ママ
生後3カ月の赤ちゃんがいます。家族から「しっかり体を休めるのもママの仕事のうち」と言ってもらえたので、子どもが寝ている時間はできるだけ自分もいっしょに休むようにしています。熟睡できなくても、体を横にしているだけでも違うと感じましたよ。
赤ちゃんが寝ている時間にあわせて、いっしょに休むことを心がけたというママがいました。特に産後すぐは無理をせず、こまめに休んで自分の体を回復させることが大切だと感じたというママの声もありました。

家事や育児を分担する

30代ママ
長男を出産後、パパと話しあって家事や育児を分担しました。家事は優先順位を決め、お互いに完璧を目指さないことにしたので、気持ちも楽になりましたよ。
20代ママ
出産後、夜の授乳で寝不足になっている私を見て、パパが出勤前に家事をしてくれるようになりました。上の子と私の朝ごはんも用意してくれるので、登園前の準備に必要なぎりぎりの時間まで睡眠が取れて助かります。
家事や育児をパパや周囲の人と分担することも、産後の寝不足を乗り越える工夫のひとつかもしれません。少し高価だったが便利な家電を購入して家事の負担を減らすことで、休む時間を確保できるようにしたというママの声もありました。

授乳期間や方法を見直す

ミルク入り哺乳瓶とおもちゃ
Africa Studio/Shutterstock.com
40代ママ
上の子が授乳をやめたあとからよく寝てくれるようになったこともあって、下の子も栄養や水分がとれるようになったことをきっかけにして早めに卒乳を進めました。
30代ママ
寝不足の私を心配したパパが「おっぱいはママしかあげられないけれど、ミルクならオレもあげられる」と言ってくれたので、夜間はミルクを使うようにして、パパと交代でぐっすり眠れる時間を取りました。
寝不足対策として、授乳の期間や方法を見直したというママがいました。授乳については、ママやパパの睡眠時間や子どもの様子にあわせて無理のない形を見つけられるとよいかもしれません。

子どももぐっすり眠れるように意識したこと

赤ちゃんや子どもがぐっすり眠れることで、ママの寝不足を解消できるかもしれません。子どもがよく眠れるようにママたちが試した方法をご紹介します。

生活リズムをこまめに見直す

30代ママ
小さいころから子どもの成長にあった生活リズムを整えることを意識しています。昼間は明るい場所でたっぷり遊び、年齢にあわせてお昼寝の時間も見直すなど生活のメリハリをつけるよう心がけています。
子どもの成長にあった生活リズムを整えることを意識したというママがいました。早めにテレビを消し寝る前は絵本を読むなど、できるだけ毎日同じサイクルを作ると子どもがぐっすり眠ってくれると感じるママもいるようです。

寝具や環境を整える

20代ママ
息子は肌がむずがゆくて夜中に起きてしまうことがありました。暑いとかゆがることが多かったので季節の変わり目には布団の枚数や室温を確認し、寝汗をかかないように調整することで、ぐっすり眠る日が増えたように感じています。
子どもがぐっすり眠れるように、寝具などの寝室の環境を整えたというママがいました。他にも夜間のお世話が楽なように寝室は豆電球をつけていたが、思い切って真っ暗にしたら子どもがよく寝るようになったという家庭もあるようです。

さまざまな工夫をして産後の寝不足を乗り切ろう

横になって子どもの頬に顔を寄せる女性
arek_malang/Shutterstock.com
出産後にママが寝不足を感じる期間がいつまで続いたのかは、夜泣きが落ち着くまでや、夜間の授乳をやめるまで、園生活に慣れるまでなどさまざまなようです。

赤ちゃんといっしょにこまめに休むことや、家事の分担、授乳方法の見直しをすることで寝不足対策ができるかもしれません。

子どももぐっすり眠れるような工夫で、産後の寝不足を乗り切れるとよいですね。

2020年01月12日

専門家のコメント
23
    あーちん先生 保育士
    産後3か月くらいまでは2、3時間おきに起きるので寝不足でした。お昼寝の時に一緒に寝ても、まとめて眠れないのは辛かったです。
    夜まとめて寝てくれるようになってからは楽になりました!
    いちご先生 保育士
    1人目の時は、朝寝坊出来るのでなんとか乗り切れてはいましたが、2人目となると、上の子が朝普通通りに起きるので寝不足がちできつかったです。どうしても寝不足が続く時は、夜間の授乳は母乳ではなくミルクに変え、腹持ちを良くさせて少しでも寝る時間が取れるようにしていました。
    お母さんが倒れてしまっては意味がないので、完母にこだわらずたまにはミルクに頼って肩の力を抜いてみてもいいと思います。
    なごみ先生 保育士
    よく寝てくれたので夜中に起こされたりはしなかったのですが、その分飲まなくてお乳が張って結果産後1ヶ月半後に乳腺炎になり3時間おきに搾乳しないといけなくなりました。乳腺炎が落ち着いてからは寝不足も解消されました。
    かか先生 保育士
    どの子の時も私は3歳くらいまで寝不足でしたね。
    子どもは夜泣きが終わればぐっすり寝てくれますが、私は、なんだかんだで起きてしまってましたね。お布団かぶってるかな?ちゃんと寝てるかな?生きてるかな?とか。笑
    後、寝相も悪かったので、蹴られて起きるとか、寝言で起きるとか…些細な物音で目が覚めてましたね。
    平日は仕事をしてたので、寝るわけにはいきませんが、土日はよくお昼寝してました。少しでも寝れるなら寝る。家事は旦那さんにお願いしたり、子どもたちを外に連れ出してもらったりしてました。
    めるちゃん先生 保育士
    完全母乳なこともあり、産後は1時間30分ごとに授乳で起きてました。1人目は半年ぐらいから徐々に寝てくれるようになったのですが、2人めは1歳になっても、夜中頻繁に起きてました。2人めは寝不足でも朝から起床し、お昼寝することもできなかったので、体調管理に特に気をつけました。
    みぃ先生 保育士
    長男は産後5ヶ月くらいまで夜中に2時間おきに起きて泣いていたので辛かったのですが、長女は産後2ヶ月ほどで夜中4.5時間寝てくれたので一緒に寝ることが出来ました。
    長男の時は一緒に昼寝したり、体がだるい時には旦那や母に見ていて貰っている間に別の部屋で仮眠を取る時もありました。
    すみっこ先生 保育士
    授乳中の話とは離れてしまいますが…💡 母になり、夜寝てから一度も起きずに朝を迎えた日はありません。起こされるわけではないですが、子どものちょっとした動きで目が覚めてしまいます。あとは子どもが体調不良のとき… 嘔吐を伴うような体調不良のときは、気になってしまい眠りが浅くなります。夜中は気が張っているのか大丈夫なんですが、日中に眠さが来ます…💤
    せおみ先生 保育士
    少しづつ落ち着いてきて、自分の睡眠時間も確保できてくる感じでした。産後1、2ヶ月は寝不足でフラフラしていました。その後は夜中の授乳も減り、少し安定してきますが、8.9ヶ月あたりからまた夜泣くようになったり…授乳している間は何度か起きますよね。授乳期が終わっても夜泣きがあったり、4歳ごろまではよく起きていました。その子によってそれぞれだと思いますが、夜中起こされる時期はけっこうながいですね…涙
    りお先生 保育士
    子どもが1歳になる頃でしょうか。平均すると。
    夜間授乳が終わると比較的夜寝てくれるようになるため、お母さんも夜普通に寝られるようになると思いますそれまではぶつ切り睡眠で昼寝しながらなんとか頑張って欲しいと思います!
    一生続くわけではないので、家族の協力も得ながら乗り切ってくださいね😁
    赤ちゃんと一緒に家事は後回しでお昼寝してください^_^
    すー先生 保育士
    子どもが一歳過ぎてからまとめて4時間ぐらい眠れるようになりました。それまでは2、3時間起きに授乳をしていましたが、一歳から断乳をし、ミルクに変えてからは長く眠ってくれるようになりました。
    いちぽ先生 保育士
    産後3ヶ月くらいまでは2、3時間に一回くらいの授乳で寝不足ピークでした。
    一歳を過ぎたいまはだいぶまとまって寝てくれるようになりましたが、動きも激しいのでこっちも疲れてしまい、一緒に眠りについても眠いです!(笑)
    べこな先生 保育士
    ここまで頑張ればゴールだよ。終わりだよ。と、明確なゴールがみえないから、子育て中はこのしんどさが永遠に続いてしまうような気持ちになるときがあって余計しんどくなりました。寝不足もその一つです。本当にしんどいですが、そう遠くない時期に必ずゆっくり眠れるようになります。こまめに時間をみつけて仮眠をとるとか付け焼き刃的な方法になりますが、子どもはあっという間に成長します。勝手に寝るようになります。しんどいこともいい思い出になるのでそれを信じて乗り越えてくださいね。
    はなこ先生 保育士
    3ヶ月くらいまでは3時間おきに授乳することが多かったので、身体が慣れるまでは寝不足が続いたりしていました。昼寝ている時はなるべく私自身も昼寝を軽くするようにして回復するようにしていました!!

    2人目が生まれるとなかなかリズムが整うのも大変でしたが、夜は早めに一緒に寝てしまったりもしていました!
    3ヶ月すぎると少しずつではありますが夜間も時間が伸びてきたりしたのと身体も慣れてきたので少し楽になったと思います!
    ママが倒れたら大変です!休める時は少しでも横になって目を瞑ってみるだけでも変わると思います♥︎︎∗︎*゚
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    新生児さんはとくに数時間おきの授乳があるかと思いますので、よく寝れても3時間 というのはよく聞く話ですね。
    ベビーシッターをしていますが、寝たいから代わりに夜泣き対応をしてほしい、夜に備えて昼間にゆっくり眠りたいので 昼間に長時間見ていて欲しい等 親御さんの眠りを確保する為のご依頼も多いです。
    シッター等のサービスを上手く活用して、なるべくたくさん睡眠時間の確保ができるといいですね。
    でぶいも先生 保育士
    新生児期が1番寝てくれました。完全母乳なのでやはり夜は頻回に起きるようになり、1才過ぎた今も毎日仮眠、寝かしつけ、仮眠、寝かしつけ…という感じです。断乳したら寝るようになるかなと思っていますが、きっといつか今を思い出して良い時間だったと思えると信じて、今は続けていくつもりです。
    はつみ先生 保育士
    まだまだ夜中に起きるので、出産後4時間が最高です!
    もっとひどい方もいるのかな?
    普段は2時間くらいでふにゃふにゃ置きます。1人目なので辛い時は一緒に昼寝します!
    これが、2人目になると寝れないですよね。でも、一生続くわけじゃないので、辛いですが、休める時に休んでこうゆう時間も大切にしていきたいです。
    ぷん先生 保育士
    病院の助産師さんからは、昼間赤ちゃんが寝ている時にいかに自分が休めるかが大切だよ!と言われました。何よりも自分の体を休ませることを優先してすごしています。
    すず先生 保育士
    長男の時が一番辛かったと思います。今思えばよく寝ていてくれた方だけど、体が慣れてなかったからでしょう。細切れ睡眠では、寝た気がしなくて昼間常に眠たかったことを覚えています。3人目になると、2時間寝られたらよく寝られた気がして元気に動き回れていました。が、気がつかないうちに疲れがたまっていて、急に倒れることになりました。産後は眠くても眠くなくても、少しでも時間があったら横になることが大切ですね。
    りり先生 保育士
    睡眠が取れないのがこんなにも辛いものだとは思いませんでした。今となっては、いい思い出ですが、とりあえず三ヶ月!!三ヶ月がんばろう!と奮い立たせて頑張っていたのを思い出します。私は旦那しか頼れる人がいない中、その旦那も夜遅くに帰ってきて夜勤もあるシフトの仕事でしたので、ワンオペのなか昼間はちょこちょこ横になったり赤ちゃんと一緒に寝たりしました。家事は出来るときにやるとあまり完璧を求めずその日暮らししていました。あまり気張らずに無理せずにですね(^^)
    ゆか先生 保育士
    授乳期間中は当然のことながら2~3時間おきに母乳なので寝不足ですがそれを過ぎても子供のちょっとした動きや咳などですぐに目は覚めます。
    熱が出たり、咳が続いていたりしたら心配でなかなか寝られないですね💦
    子育てしている間は安心して熟睡できないと思います。
    ぬーぬー先生 保育士
    生後半年くらいになり、朝まで寝るようになり楽になった覚えがあります。
    それまでは人生初、こんなに寝れないものかーと辛くなりました😭
    覚悟はしていても寝不足って辛いですね。
    2人目が欲しいと思いながらもまた寝不足になるのかと思うとちょっと考えちゃいます笑笑
    こどもが寝たら自分も寝る!と決めてました。
    とーち先生 保育士
    1人目の時はよく寝てくれていたのですが、授乳の間隔が空いてしまった為か、ひどい乳腺炎になってしまいました。

    治るまで、すごく大変でした。熱と、おっぱいが熱くて目がさめるという。。(笑)

    2人目はその経験を生かして、しばらくは寝てても起きて授乳か、軽く搾ってました。

    3時間おきなので、寝不足でしたが、家事はなるべく手抜きして最低限に済ませ、一緒にお昼寝してました。

    短時間でも、お昼寝をすると、体がだいぶ楽でしたよ。

    しばらくそんな生活をすると、夜間の授乳もだいぶ少なくなっていきました☆
    さと先生 保育士
    混合でしたが母乳の量を増やしたいと母乳外来で相談したところ、ミルクを大幅に減らすよう指示されました。
    実行してみたところ夜間の母乳の間隔が短くなり一気に寝不足に。。
    子どもも飲む量が足りずに飲み終えてもグズっていました。
    無理に母乳量を増やすのは諦めて混合で育てることを決意した瞬間です。
    うちの子の場合はミルクをたっぷり飲ませると長く寝てくれました。

産後の関連記事

カテゴリ一覧