子どもと楽しむおはじき遊び。簡単な遊び方、中抜きや的当てなどのルール

子どもと楽しむおはじき遊び。簡単な遊び方、中抜きや的当てなどのルール

昔ながらの遊びを楽しもう

子どもといっしょに、昔ながらのおはじき遊びをしたいと考えるママやパパもいるかもしれません。おはじきを使った遊び方にはどのようなものがあるのでしょうか。子どもといっしょに楽しめる簡単な遊び方や、中抜きなどの少し難しい遊びについてご紹介します。

簡単なおはじきの遊び方

子どもとおはじきで遊ぶとき、みんなで楽しめる簡単な遊び方を知りたいというママやパパもいるでしょう。子どもが初めておはじきで遊ぶ場合は、基本的な遊び方から始めてみるとよいかもしれません。

子どもといっしょに楽しめる簡単なおはじき遊びを紹介します。
おはじき
© tsubakiya_k - Fotolia
  1. おはじきを、テーブルや床など硬くて平らな場所に散らす。
  2. 自分の好きなおはじきを一つ選び、指先で弾いておはじきを飛ばす。当たったおはじきは自分の手持ちのおはじきにできる。
  3. 順番に繰り返し、一番多くおはじきを取った人の勝ち。

こちらの簡単なルールだと、おはじきにふれるのが初めての子どもも、楽しく遊べるかもしれません。自分の好きなおはじきを取ることができたら、子どもも達成感を得られそうですね。

最初は、「この青のおはじきを、この赤のおはじきにあてるよ」というように、具体的に色の名前を言ってあげると、ねらいを定めやすいかもしれません。色を一色決めて、その色をより多く取ることができた人の勝ち、などのルールを足してもおもしろそうですね。

おはじき遊びのアイディア

おはじき遊びに慣れてきたら、少し難しい遊び方に挑戦してもよいかもしれません。おはじき遊びのアイディアやルールをご紹介します。

中抜き

中抜きは、昔からよく遊ばれているおはじき遊びの一つのようです。硬くて平らな場所におはじきを散らし、二つのおはじきを門のようにして少し遠くの場所に並べます。順番におはじきを指で弾いて、その門の間におはじきを通していきます。

おはじきを門に通すことができたら、そのおはじきを自分の手持ちのおはじきにできます。おはじきを弾いたときに、他のおはじきにあたってしまったら他の人に順番を回します。これを繰り返していくという遊びです。

少し難易度が上がるため、実際にやりながら説明するとよいかもしれません。どのおはじきを弾くと、門の間を通すことができるのか、子どもといっしょに考えながら遊ぶとよいでしょう。勝負をするだけでなく、みんなで声をかけあって協力しながら遊ぶのも楽しそうです。

おはじき倒し

将棋倒しのように楽しむ、おはじき倒しという遊び方もあるようです。おはじきを山になるように一か所に集め、順番におはじきを一つずつ取り出します。音が鳴ったり崩れたりしたら次の人に交代し、多くおはじきを取った人の勝ちとなります。

目線を変えながらよく観察することがポイントのようです。「ここ取れそうだよ」「そこは危ないよ」など、声をかけながらやると、さらに盛り上がりそうですね。

的当ておはじき

数字を書いた的を作り、硬くて平らな場所にその的を置きます。その的に滑らせるようにおはじきを飛ばし、おはじきがどの数字に飛ばされたかで数字を計算して、ポイントを稼ぐといった遊び方もできるでしょう。

的をカラフルにするなど、子どもといっしょに考えながら作るのもよいですね。人数を増やし、チーム制にするとより盛り上がるかもしれません。的をいくつか作り、慣れてきたら難易度を上げていくという遊び方もおもしろそうです。

おはじきのせ

おはじきケース
© yujismilebituke - Fotolia

手のひらに5枚ほどおはじきを乗せ、そのままおはじきを上に投げて、おはじきが落ちてくる前に手を裏返します。手の甲でできるだけ多くおはじきをキャッチする、という遊びです。

上に勢いよく投げるとおはじきが人にぶつかってしまう可能性があるので、力加減に気をつけましょう。年齢が低い子どもと遊ぶときは、「まずは2枚から」と枚数を少しずつ増やして難易度を上げていくというやり方もよいかもしれません。

表を作成し、「何枚クリアしたらスタンプを押す、またはシールを貼る」という遊び方も楽しめそうですね。表が埋まっていくと、よろこびも大きくなるのではないでしょうか。

色分け遊び

おはじきを床やテーブルに並べて、赤や緑、黄色など色に分けて楽しむシンプルな遊びです。ママが赤、子どもが青など、担当を決めて、時間を計りながら誰が一番多く色分けできるか競争するのもおもしろいでしょう。ただ同じ色を集めるでのではなく、きれいに並べるというルールを追加するのも楽しそうです。

おはじきタワー

おはじきをタワーのように積む遊びです。「よーいどん」と合図をして、誰が一番高くおはじきを積むことができるか競争するのも楽しいでしょう。1人1個ずつ順番に倒れないように積んでいくという遊び方もおもしろそうですね。

おはじき遊びをするときの注意点

子どもとおはじきで遊ぶときは、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。

大人がいる環境で遊ぶ

色鮮やかで小さいおはじきを、お菓子と間違えて口のなかに入れてしまったり、おはじきを投げることが楽しくなってしまう子どももいるかもしれません。

おはじきで遊ぶときは子どもがけがをしないように、大人が近くで見守りながら楽しめるとよいでしょう。子どもがおはじきを誤飲しないように、言い聞かせて分かる年齢かどうか考えて遊べるとよいですね。

最後までしっかり片づける

床に散らばったおはじきを踏んでけがをすることもあるかもしれません。遊んだあとはすぐに片づけをするようにしましょう。

おはじき遊びに夢中になり、いつの間にか数が少なくなってしまったということにならないように、片づけをするときは、おはじきの数を数えながらやるのも一つの方法でしょう。子どもが数字に興味をもつきっかけなるかもしれませんね。

昔ながらのおはじき遊びを家族みんなで楽しもう

おはじきを眺める女の子
© hanapon1002 - Fotolia

昔からあるおはじき遊びは、祖父母もいっしょにできるなど、世代に関係なくみんなで楽しめるかもしれません。

簡単な遊び方や、中抜きなど少し難しい遊び方に挑戦してしたり、子どもといっしょにオリジナルのルール考えたりするのもおもしろそうです。おはじきを使って、さまざまな遊び方を子どもと楽しめるとよいですね。

2019年04月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おうち遊びの関連記事

カテゴリ一覧