ママ友に手土産のお菓子を渡したいとき。選び方やラッピングアイデア

ママ友に手土産のお菓子を渡したいとき。選び方やラッピングアイデア

渡すシーンにあわせて選ぼう

ママ友に手土産やお返しとしてお菓子を渡そうと考えたとき、スーパーで購入したものでよいのかや、お菓子ばかりだと喜ばれないのではないかと悩むママもいるかもしれません。今回は、ママ友にお菓子を渡すシーンやお菓子選びのポイント、ママ友に渡すお菓子のラッピングアイデアについて体験談を交えてお伝えします。

ママ友に渡すお菓子について気になること

子育て中のママは、普段から交流のあるママ友にお菓子を渡そうと考えることもあるのではないでしょうか。ママ友に渡すお菓子について気になることを聞いてみました。

20代ママ
ママ友の家へお邪魔するときに手土産としてお菓子を持っていきたいのですが、どのように選ぶとよいでしょう。スーパーで買ったお菓子でもよいのか気になります。
30代ママ
仲のよいママ友に、今度お菓子をプレゼントしようと考えています。簡単にできるようなおしゃれなラッピングアイデアがあれば知りたいと思いました。
ママたちに聞いてみると、ママ友に渡すお菓子はスーパーで購入したものでもよいのか悩むという声や、簡単なラッピングアイデアが知りたいといった声が聞かれました。

そこで、今回はママ友に渡すお菓子についての体験談をご紹介します。

ママ友にお菓子を渡すシーン

ママたちはどのようなときにママ友にお菓子を渡しているのでしょう。お菓子を渡すシーンについて聞きました。

手土産

たいやき
webwrap - stock.adobe.com
30代ママ
私はママ友の家へお邪魔したときに、手土産としてお菓子を持っていくことが多いです。
1人で行くときは2人で食べる大人用のお菓子、子どもを連れて行くときはみんなで食べられるおやつ用のお菓子を用意しています。
30代ママ
以前ママ友に喜んでもらえるように高価なお菓子を手土産にしたところ、かえって気を使わせてしまったことがありました。それ以来、ママ友が受け取りやすいようスーパーで買った定番のお菓子を手土産にするようにしています。
家へお邪魔する際の手土産としてお菓子を渡しているママがいるようです。子どもたちが食事の前にお菓子ばかりを食べすぎてしまうことがないよう、ママ友の家へお邪魔する時間帯にあわせてお菓子の量を減らしたり、他の品物とあわせたりしているという声も聞かれました。

旅行先でのお土産

20代ママ
夏休みに家族旅行へ行ったときに、仲のよいママ友にお土産のお菓子を買いました。以前ママ友から旅行のお土産を貰ったことが嬉しかったので、私もお返しがしたいと思いました。
長期休みに家族旅行へ行ったときなど、地方のお土産としてママ友にお菓子を用意することもあるようです。ママのなかには、以前ママ友に家庭菜園で収穫した野菜を貰ったので、相手が気を使わないよう自然な形でお返しがしたいと考え、旅行のお土産を渡したという声もありました。

ママ友が引っ越してしまうとき

引っ越し
iStock.com/Morsa Images
20代ママ
ママ友がご主人の転勤先へ引っ越すことになったときに、これまでの感謝の気持ちを込めてお菓子を用意しました。「しばらく忙しくなるだろうけど、体に気をつけてね。これからもよろしくね」という内容の手紙も添えました。
仲のよいママ友が遠方へ引っ越す際にお菓子を渡したママもいました。手書きの手紙を添えることで、より感謝や励ましの気持ちがママ友に伝わりそうですね。

ママ友に渡すお菓子選びのポイント

ママ友に渡すお菓子はどのように選ぶとよいのでしょう。ママたちにお菓子選びのポイントについて聞きました。

相手の好み

20代ママ
ママ友に渡すお菓子を用意するときは、喜んでもらえるように相手の好みを考えることがポイントだと思います。甘いものが好きな友人は授乳中なので、今回は和菓子を用意しようと考えています。
ママ友に喜んでもらえるよう、相手の好みにあうお菓子を選んでいるママがいるようです。
自分の子どもといっしょに家へお邪魔するときは、ママ友の子どもの好みも考えてお菓子を用意しているという声もありました。

食べやすさ

20代ママ
手土産にするお菓子はいつも食べやすさを考えて選んでいます。今回もママ友に会う前日にスーパーへ行って、個包装になっているお菓子を選んで買っておきました。
あらかじめ個包装になっているものなど、食べやすさを考えて用意することもママ友に渡すお菓子を選ぶポイントかもしれません。他にも、ママ友におやつの準備をしてもらう手間がかからないよう、切り分けする手間のかからないお菓子を手土産に選んだという声も聞かれました。

日持ちのするもの

20代ママ
ママ友の家へ行くときの手土産には、日持ちのするお菓子を選ぶようにしています。日持ちのするお菓子を用意することで、ママ友やご家族の好きなタイミングで食べてもらえると思いました。
ママ友に渡すときは、日持ちのするお菓子を用意しているママもいるようです。日持ちのするお菓子であれば、その場で食べられなかった場合でも家へ持って帰ることもできそうですね。

ママ友に渡すお菓子のラッピングアイデア

ママ友に渡すお菓子をかわいらしくラッピングしたいと考える方もいるようです。ママたちに、簡単に用意しやすいラッピングのアイデアを聞きました。

シンプルな紙袋を使う

20代ママ
お菓子をよく入れている持ち手つきの紙袋を、簡単にアレンジしてみました。シンプルな紙袋の側面にイラストを描いたり、子どもといっしょに好きなシールを貼ったりしてみたところ「かわいいイラストだね!」とママ友に喜んでもらえました。
ママ友へのプレゼントに、持ち手つきの紙袋を使う機会があるママもいるのではないでしょうか。家にありがちな紙袋も、イラストやシールを貼りつけることで、おしゃれなラッピングになるかもしれません。

ママのなかには、紙袋の持ち手の部分にリボンを結びつけてかわいらしく仕上げたという声もありました。

透明なラッピングパックを使う

30代ママ
透明で四角いラッピングバックに同じ大きさの紙を入れ、お菓子を入れます。ラッピングパックの上から白いレース調のマスキングテープを斜めに貼ると、おしゃれな雰囲気のラッピングになりました。
透明なラッピングパックと好みの紙やマスキングテープを使って、おしゃれにお菓子を包んでいるママもいるようです。包む際に敷く用紙の色やマスキングテープの雰囲気を変えることで、さまざまにアレンジもできそうですね。

ママ友が喜ぶお菓子を用意しよう

ママ友と子供
iStock.com/kohei_hara

ママたちに話を聞いてみると、家族旅行へ行ったときのお土産や、貰った品物へのお返しとしてママ友にお菓子を渡すことがあるようです。子どもがご飯の前にお菓子を食べすぎないよう、時間帯にあわせて手土産がお菓子ばかりにならないよう気をつけているという声もありました。

高価な商品では相手に気を使わせてしまうと考えた場合は、スーパーのお菓子を渡すのもよさそうです。簡単なラッピングも取り入れながら、ママ友に喜んでもらえるお菓子を用意できるとよいですね。

2019年11月16日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

趣味の関連記事

カテゴリ一覧