オムツ専用のゴミ箱は必要?ママたちが使っているゴミ箱やゴミ袋の種類と消臭方法

オムツ専用のゴミ箱は必要?ママたちが使っているゴミ箱やゴミ袋の種類と消臭方法

赤ちゃんのオムツ専用のゴミ箱は必要なのか、バケツなどで代用してもよいのか、気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、ママたちが実際に使っているオムツのゴミ箱の種類とゴミ袋の種類、使用済みオムツの臭いが気になるときの消臭方法についてご紹介します。

オムツ用のゴミ箱は必要?

赤ちゃんのオムツ替えは1日に何度も行うものなので、その都度出てくる使用済みオムツをどう処理するのか、気になるママもいるのではないでしょうか。オムツ専用のゴミ箱も売られていますが、ママたちは実際に必要と考えているのでしょうか。

「オムツ替えをするスペースにオムツ専用にゴミ箱を用意しました。キッチンのごみ箱に捨てるのは気が引けたので、オムツ専用のごみ箱は必要だと思いました」(20代ママ)

「オムツはその都度、ビニール袋に入れて通常のゴミ箱に捨てればよいのであまり必要を感じませんでした。そのためオムツ専用のゴミ箱は使いませんでした」(30代ママ)

オムツ専用のゴミ箱を必要と感じ用意したママもいれば、用意しなかったママもいるようです。また、始めは使っていなかったが、臭いが気になり始めたので後から用意したという声もありました。オムツ用のゴミ箱は、臭いや利便性などを考えて必要かどうか考えるとよさそうです。

オムツのごみ箱は何を使っていた?

ママたちは実際どのようなゴミ箱をオムツ用として使っていたのでしょうか。

オムツ専用のゴミ箱

「赤ちゃんが生まれる前、出産準備の買い物のときに、赤ちゃん用品売り場でオムツ専用のゴミ箱を買いました。おしゃれなデザインのものを見つけることができ、とても気に入っています」(30代ママ)

オムツ専用のゴミ箱は、専用のカートリッジでオムツを一つずつ包む構造になっているものや、ゴミ箱自体が消臭加工されているもの、蓋が密封式になっているものなど、臭い対策を重視して作られている物があるそうです。値段にも幅があるようなので、コストパフォーマンスを考えながら選べるとよいかもしれません。

普通のゴミ箱

ゴミ箱
iStock.com/Jannoon028

「使わなくなっていたゴミ箱をオムツ用として使うようにしました。臭いが気にならないよう、ビニール袋などに入れて処分するようにしていました」(20代ママ)

家庭用として使われる一般的な蓋付きのゴミ箱をオムツ用のゴミ箱として使っていたというママもいるよう。家に余っているゴミ箱を使えば、経済的にも助かりますよね。家のインテリアにあうデザインのゴミ箱を購入して使っているというママの声もありました。

蓋つきのバケツ

「オムツを使う時期は限られているのでゴミ箱を買う必要はないかもしれないと思い、蓋付きのバケツをゴミ箱の代用として使っています。オムツのゴミが出なくなったら他の使い道を考えます」(30代ママ)

多目的で使えるという理由から、蓋つきのバケツをゴミ箱として代用しているというママもいました。コンパクトなバケツは部屋に置いてあっても目立ちにくいかもしれませんね。

オムツを捨てるときに使うゴミ袋

オムツを捨てるとき、臭いが気にならないよう、ゴミ箱だけでなくゴミ袋を利用することを考えるママもいるのではないでしょうか。実際に使っているゴミ袋の種類について聞いてみました。

防臭ゴミ袋

「外出先でおむつ交換をするときは、使ったオムツを持ち帰らなければならないので、臭いが気にならないオムツ用の防臭ゴミ袋に入れるようにしていました。金額は少し張りますが、臭いは気になりません」(40代ママ)

臭いを防ぐ防臭ゴミ袋は、外出時など長時間バックの中にオムツを入れて持ち歩かなければならないときなどに便利そうですね。オムツ専用ではなくキッチン用のビニール袋の中にも防臭機能のあるものも売られているようなので代用することができそうです。

ポリ袋

ナイロン袋
iStock.com/Just2shutter

「値段も安く、どこでも購入しやすいという理由で、普通のポリ袋を使っています。袋の口を結ぶことで臭いが気になりにくくなります」(30代ママ)

通常のポリ袋を使って、口をしっかり結ぶことで臭いを防ぐようにしているというママの声もありました。ポリ袋の種類は豊富なので使いやすい大きさのものを選ぶようにするとよさそうです。

傘袋

「保育園からオムツを持って帰ってきたときに長細い傘袋に入れてあるのをみて、便利だと思い傘袋を使うようになりました。オムツを入れては結んでを繰り返せばよいですし、捨てるときもまとまっているので楽です」(20代ママ)

傘袋のように長細い形状の袋を使い、一つの袋に複数のオムツを入れて捨てるようにしているママもいるようです。使用済みオムツが数珠つなぎになっているので、ゴミ箱から大きなゴミ袋へ入れ替えるときもまとめて捨てることができ便利かもしれませんね。

オムツの消臭方法

ゴミ袋に入れて専用のゴミ箱に捨てていても、オムツの臭いが気になることもあるようです。オムツの消臭方法はどのようなものがあるのか聞いてみました。

消臭剤

「ゴミ箱を開けたときの臭いが気になり、オムツ用の消臭剤をゴミ箱の蓋の部分に貼り付けました。定期的に交換して臭いを防ぐようにしています」(20代ママ)

消臭剤はオムツ用以外に生ゴミ用などを使ったという声もありました。臭いが気になったときに消臭スプレーを吹きかけるという方法もあるようです。

新聞紙で包む

「新聞紙に包むと臭いが気にならなくなると聞いたので、新聞紙に包んでからゴミ袋に入れて捨てるようにしました。以前はおしっこの臭いが気になることがあったのですが、今はあまり気になりません」(30代ママ)

新聞紙などの紙で包むことによって臭いを和らげることができるようです。包む手間がないときは、ゴミ箱にの中に畳んだ新聞紙を入れて蓋代わりにしたというママの声もありました。

重曹やクエン酸

「おしっこにはクエン酸、うんちには重曹が臭いを和らげてくれると聞いたので、オムツを処理する前にそれぞれのパウダーを振りかけるようにしました」(40代ママ)

重曹やクエン酸をゴミ箱の中に振りかけたり、水に溶かしたものをスプレーしたりしているというママの声もありました。いざというときに使いやすいよう、常備しておくのもよいかもしれませんね。

オムツの捨て方は臭わないように工夫しよう

赤ちゃんのオムツ替えをするママ
iStock.com/kokouu

オムツ専用のゴミ箱は使いやすさや防臭、消臭などを考えて、オムツ専用ゴミ箱を用意するか、他のゴミ箱やバケツなどを代用するかを決められるとよいかもしれません。オムツ用のゴミ袋を用意すれば、外出時など必要になったとき便利なようです。オムツ用のゴミ箱やゴミ袋が必要なのかどうかは、生活スタイルなどから判断し、臭いが気にならにようなオムツの捨て方ができるとよいですね。

2018年10月19日

家族の関連記事

カテゴリ一覧