2人目が生まれたらベビーカーの買い替えは必要?ママたちがベビーカーを重宝する場面

2人目が生まれたらベビーカーの買い替えは必要?ママたちがベビーカーを重宝する場面

お下がりを使うときに気をつけたこ

2人目が生まれたらベビーカーは買い替えが必要なのか、気になっているパパやママもいるかもしれません。今回は2人目が生まれたママたちのベビーカー事情や、買い替えを決めた理由、2人目のベビーカーを選ぶポイントについて皆さんにお伝えいたします。

2人目が生まれたらベビーカーは買い替える?

2人目が生まれたら、ベビーカーを買い替えたほうがよいのか迷っているパパやママもいるかもしれません。2人目が生まれたママたちにベビーカー事情について聞いてみました。

買い替えなかった

30代ママ
上の子が使っていたA型ベビーカーを2人目のときも使いました。ベビーカーステップも取りつけたので、2人連れて移動するときも困りませんでした。
20代ママ
上の子は活発で目が離せないので、移動の際は今まで使っていたバギータイプのベビーカーに上の子を乗せ、下の子は抱っこ紐で移動しています。
下の子にお下がりのベビーカーを使う場合や、今まで使っていたベビーカーに上の子を乗せているなど、子どもの年齢差や使い方によっても違いがあるようです。お下がりを使う場合は、傷んだところはないか使用前に確認したという声が聞かれました。

買い替えた

緑色のベビーカー
nikkytok/Shutterstock.com
40代ママ
子どもを2人連れてお出かけするときは、扱いやすいものを使いたいと考え、2人目が生まれたタイミングで、新しいベビーカーに買い換えました。今までの経験から自分が必要とする機能を持っているものを選ぶことができたので、とてもよかったです。
ベビーカーを買い換えたママのなかには、上の子が使っていたものが古くなってしまったので買い換えたというママや、お下がりもあったが使い勝手のよいものに買い替えたというママがいました。

2人目の子どもが生まれたタイミングが、買い替えるタイミングのひとつになっているようです。

レンタルした

30代パパ
ベビーカーは子どもの成長によって必要な機能が違うと感じていたので、下の子のベビーカーはレンタルしました。子どもの成長によって気軽に変更できたので便利でした。
レンタルは、子どもの成長に合ったものを借り換えることができるので、便利だったという声がありました。

ベビーカーを使用する機会が少ないので購入せずにレンタルをしたというママの意見も聞かれました。

ベビーカーの買い替えを決めた理由

2人目が生まれたタイミングでベビーカーを買い替えたというママたちは、どのような理由から買い替えを決めたのでしょうか。ママたちの声を聞いてみました。

上の子との年齢差

赤ちゃんとお姉ちゃん
Stephen Coburn/Shutterstock.com
40代パパ
上の子とは4歳違いなのですが、久しぶりに出したベビーカーはホコリだらけで、サビもありました。赤ちゃんが使うものなので、安全で衛生的なものをと思い、新しく買い替えました。
30代ママ
上の子のときはベビーカーを使いませんでしたが、2歳差のお兄ちゃんが外で遊ぶ間にベッドとしても使用できると考え、新規購入しました。ベビーカーを近くにおいて、お兄ちゃんと遊んであげることもできるので重宝しています。
お下がりを使おうと思っていたが、ベビーカーに劣化が見られて買い換えたという方や、デザインや機能が古くなっていたために買い換えたという方がいました。

上の子はバギータイプのベビーカーを使っていたので、下の子のためにリクライニングできるものを買い換えたというママもいるようです。

生活スタイルの変化

20代ママ
子どもが2人に増えたことで、持ち歩く荷物が増えました。今まで使っていたものは収納スペースが小さかったので、収納スペースが広く操作しやすいものに買い替えました。(20代ママ)
30代ママ
2人目が生まれてから、私が上の子と手をつなぎ、パパがベビーカーを押してお出かけするようになりました。ハンドルの高さを簡単に切り替えられるなど、夫婦で使いやすいベビーカーに買い替えて使っています。
子どもが増えたことで、ベビーカーに求める機能や使い勝手に変化があったというパパやママもいるようです。

今まで電車やバスで移動していたが、車で移動することが増えたので積み込みやすいコンパクトなものに変えたというパパの声もありました。

2人目のベビーカーを選ぶポイント

2人目のベビーカーを選ぶとき、ママたちはどのような点を重視しているのでしょうか。

操作のしやすさ

30代ママ
年子の兄弟なので、いつもどちらかをおんぶしてベビーカーを押していました。そのため片手でも押しやすく、楽に走行できるベビーカーを探しました。
20代ママ
子どもが2人いるとあわただしいことも多いので、リクライニングや対面モードへの切り替えなど簡単にできるものを選びました。ワンタッチでできるので、子どもを抱っこしていても簡単に操作できます。
2人目のベビーカーを選ぶときに、操作のしやすさを重要視したというママたちの声がありました。

子どもが2人いると荷物も多いうえに、上の子の手をつなぎながら押すこともあるので走行がしやすいものが便利だったというママの声もあります。

持ち運びやすさ

30代パパ
前のベビーカーは大きめなものでしたが、2人目はコンパクトになるベビーカーに買い換えました。軽自動車のトランクに乗せても邪魔になりません。
2人目のベビーカーはワンタッチで折りたたみができ、軽く持ち運びしやすいものを選んでいたというママもいました。コンパクトになることで、玄関に収納するときも邪魔になりにくいというメリットもあるようです。

ライフスタイルあった機能があるか

40代ママ
上の子の外遊びに付き合うことが多かったので、大きな日よけが必要でした。大きな荷物入れがあることも選ぶポイントになりました。

子どもの年齢差やライフスタイルによって、必要となる機能は異なるようです。自分に合った機能があれば、ベビーカーをより快適に使うことができますね。

使い方にあわせてベビーカーを選ぼう

掌にベビーカーを乗せている写真
Ljupco Smokovski/Shutterstock.com
2人目が生まれるタイミングで、ベビーカーを買い替えようか考えるパパやママも多いようです。

使い勝手のよい便利なものに買い替えることで、子育ての負担が少し軽くなったと感じるママもいるようですよ。買い替える場合も、お下がりを使う場合も子どもの安全に配慮し、定期的に点検をすることが必要になります。

ご家庭に合ったベビーカーを使って、子どもたちとの楽しい時間をすごせるとよいですね。

2019年11月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧