子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年08月29日

子連れランチは個室や座敷席で快適に。ママたちに聞く、お店選びのポイント

子連れランチは個室や座敷席で快適に。ママたちに聞く、お店選びのポイント

子連れランチはいろいろと配慮が必要です。周りの迷惑にならないようにと個室やキッズスペースがあるお店などママたちは事前に調べてお店を選ぶこともあるでしょう。実際のママたちの経験談や失敗談をアンケートし、子連れでも安心して楽しく食事ができるお店のポイントをまとめてみました。

子連れランチに行くのは気を遣う?

子連れランチをするとき、「子どもが泣いたり、騒いだりして迷惑がかかったらどうしよう」と考えるママも多いのではないかと思い、「子連れランチは、気を遣いますか?」とアンケートしたところ、

・子どもが小学生になった今でもまわりの人に迷惑がかからないように注意しています。

・子どもがおとなしくできず、必ず騒いでしまうのですごく気を遣います。

・子連れランチに行くときは「静かにしようね」「立たないでね」と何度も言い聞かせています。

とほとんどのママが気にしていました。

子連れランチでお店選びのポイント

子連れランチで行くお店をインターネットのサイトで探すことが多いでしょう。子連れランチにおすすめのお店には、

<ベビーカー入店OK」>
<子ども食器あり>
<授乳・オムツ交換スペースあり>

など表示されている場合も多いので、検索のときに目安にしても良いでしょう。

個室

子どもが泣いたり、騒いだりしてまわりに迷惑がかかることを考えて個室を選ぶママが多く、「個室が良い」というコメントは全員からあがりました。

・子どもが泣いたときにほかのお客さんに迷惑がかからないように個室を選んでいました。

・落ち着いた雰囲気のお店に行くときは、個室を選んでいました。

・赤ちゃんのうちは、子連れでも良いかを確認して個室座席を予約して子連れランチに行っていました。

子どもが泣いたり、騒いだりしてまわりに迷惑がかかることを考えて個室を選ぶママが多く、「個室が良い」というコメントは全員からあがりました。個室はお店によって別途料金がかかったり、時間制限が設けられている場合もあるので事前に調べておくと良いかもしれないですね。

座敷席

・席の移動が簡単な座敷は、動き回れるので都合が良いです。

・昼寝をしたときに寝かせられるように座敷を選んでいました。

個室の次に多いコメントが「座敷席があるお店」でした。

ベビーチェアーがある

・ベビーチェアーかソファー席があるのかを心配して確認していました

子どもがしっかり座ってこぼさずに食べるには大切ですよね。

ベビーカーで入れる

・ベビーカーでそのまま入店できると便利なので、ベビーカーで入れるかをチェックしていました

というコメントもあり、小さな子どもを持つママには大切なポイントになるでしょう。

禁煙

・子どもの健康を考えて、禁煙のお店や座席を選んでいます

子連れランチで気を付けている点を禁煙席と考えているママも複数いました。

離乳食持ち込み可能

・お店のメニューが注文できないから離乳食の持ち込み可能なお店はありがたい

子どもの年齢が低いとき、こういった「離乳食持ち込み可」のお店は助かりますね。

キッズスペースがある

・子どもが自分で動けるようになってからはキッズスペースがついていて、子どもが楽しめる場所を選んだりしていました。

食事が出てくるまで待てるように必要かもしれませんね。

子どもメニューがある

子どもメニュー

・お菓子、アイスの食べ放題などがついてくるところは子どもも喜んでくれます。

・子どもが大好きなポテトと唐揚げがついてるファミレスが良いと思っています。

・綿あめなど、駄菓子食べ放題のお店は子どもも大人も楽しめて行って良かったなと思いました。

子どももおいしく食べられるために子どもメニューがあるかを選ぶポイントにしているママも複数いました。

経験談 こんな店が良かった!

座敷席

・小さな子どもが2人いると、目が届かず椅子から落ちたりするのが怖いので、座敷があるお店を利用していました。

子どもの安全を考えると座敷席の方が安心かもしれませんね。

アレルギー対応

・椅子や食器も完備で、子どものメニューも事前にアレルギー確認があり、食べているときも進んでいない食材を、別のものに変えてくれるなどのサービスのよさに感心したことがあります。

子ども用の食器

・子どもの取り分け皿とコップ、ストローが用意されているのは、重要ポイントです!

・子ども用の食器やスプーン、フォークがあると安心して食べられます。エプロンやおしぼりなどをもらえたのも良かったと思いました。

遊べるスペースがある

・ちょっとした遊具や遊べるスペースあったり、絵本が置いてあると子どもが飽きなくて良かったです。

トイレが店内・近くにある

・子どもが2人いるので、1人をトイレに連れていく際に席が遠いと1人残していくのが不安なため、トイレや手を洗う場所が近くにあるとうれしいです。

人数分注文しなくて良い

・子どもの好き嫌いが激しく、大体残すので1人1品注文しなくても良いお店は助かりますね。

子連れランチ【失敗談】

子どもが泣き出してゆっくり食べられない

・長男が2歳で次男が0歳のとき、長男の機嫌が悪くずっと泣いていて、結局最後まで食べられずにお店を出た経験があります。腕が4本ぐらいないと外食は無理だと感じました。

・1人座りができるようになった頃、焼肉食べ放題に行ったら火が怖かったのか大泣きし、夫と交代で抱っこして食べ30分くらいで店を出てもったいなかったと思いました。

子どもが落ち着かずゆっくり食べられないというコメントが多かったです。

食べ物をこぼす

・水や飲み物、汁物をこぼしたり、お皿を割って大変でした。

・1歳のときに、うどんやジュースなど汁物でもなんでもひっくり返していました。

・ミートソースを食べさせて、親子ともに服も顔も頭も大惨事になったこともあります。

キッチンに入り込む

・ママがトイレに行っている間に店員さんと仲良くなって勝手にキッチンに入り込んでいたときがありました。

子どもが騒いで全然食べられない

・大声で歌ったり、トイレに何度も行ったり動きっぱなし、食事のときは2人の食事の世話に精一杯になり、自分の食事が一口もできずすごく疲れたという経験があります。

・窓際の台から子どもがジャンプし、食事の載った座卓にぶつかって大泣きになり、周りの人にも注目されて恥ずかしかったです。

ポイントを押さえたお店選びで子連れランチを楽しもう!

子連れランチ

子連れランチは気を遣い、事前にリサーチして、慎重にお店選びをしているママがたくさんいます。

個室や座敷、子ども用メニュー、食器が用意されているかなどのポイントを押さえたお店選びをし、子連れランチを楽しみましょう。

家族の関連記事
  • 授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中の痛みや張りはいつまで?ママたちが乗り越えた症状やケア、克服法

    授乳中は傷やしこり、張りや熱を帯びるなど、たくさんの痛みが伴ったりしますよね。ときには乳腺炎や白斑が発症して、痛いのに「授乳しなきゃ」頭を悩ませるママも多いはず。「病院に行ったり、マッサージしたほうがいいの?」「この痛みはいつまで続くの?」そんな授乳中のトラブルの疑問に対して、他のママたちはどんな症状をどのように乗り越えていたのか聞いてみました。

  • 【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    【まめと私】第13回 ようこそゆめこさん

    <毎月第1、第3水曜日更新>【まめと私】イラストレーターの横峰沙弥香さんの連載第13話です。

    横峰沙弥香

  • 子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの靴下はどうやって選ぶ?選ぶ際のポイントやプチリメイクを紹介

    子どもの足に合った靴下のサイズや実寸選びでができていますか?「どんな靴下を選べばいいの?」「年齢別にどのくらいの大きさが目安なの?」など知りたいことがたくさん。今回はそんなママの悩みを少しでも解消できるよう、子どもの靴下選びで目安になるサイズと、靴下の役割をふまえた上での購入ポイントをご紹介します。

  • 子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    子どもがよろこぶ誕生日メニューは?ママたちの体験談から、おすすめを紹介

    みなさんはお子さんの誕生日にどのようなメニューを用意していますか?毎年同じようなメニューが続いてしまい、何か違うメニューを用意してあげたいと考えるママも多いのではないでしょうか。今回は、誕生日メニューの決め方や実際に子どもたちが喜んだ誕生日メニューはどのようなものなのか、ママたちの体験談からご紹介したいと思います。

  • 育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    育児中にもらえる手当てや種類。手続きに必要なものや申請方法

    何かとお金がかかる育児、国や健康保険組合から支給される手当てはとてもありがたいものです。しかし、育児中の手当ては申請しないともらえないものばかり。知らないと損をしてしまうことになります。そこで今回は、育児期間中にもらえる手当ての種類やいつ申請すればいいのかをわかりやすくまとめてみましたので、育児中の方は是非参考にしてみてください。

  • 教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    教育費っていくらかかるの?子どもの教育にかかる費用の総額を算出

    大切なわが子と出会えた喜びだけでなく、これから先きちんと育て上げられるのか不安に感じている人も多いことでしょう。子どもが大学を卒業するまでいくら教育費を用意しておけばよいのか、総額を計算したくてもやり方がわからないという方は少なくないかもしれません。教育にかかる費用を、文部科学省のデータからいっしょに読み解いていきましょう。

カテゴリ一覧