離乳食に使うブレンダーの容器や刃はどうしてる?洗い方や代用品について

離乳食に使うブレンダーの容器や刃はどうしてる?洗い方や代用品について

レンダーの刃やチョッパーの洗い方

離乳食を作るときにブレンダーを使うママもいるでしょう。刃を清潔に保つための洗い方や、容器の代用品として洗えるものが知りたいこともあるかもしれません。今回は、ブレンダーの容器や刃、チョッパーなどの付属品について、代用品や洗い方をママたちの体験談をもとにご紹介します。

ブレンダーの付属品について気になること

離乳食初期や中期頃の赤ちゃんがいるママは、食材をペースト状にしたり細かく刻んだりするために、ブレンダーを使うことが多いのではないでしょうか。

ブレンダーには専用の容器や刃、チョッパーなどの付属品がついていることが多く、お手入れなどについて悩むこともあるかもしれません。 

ブレンダーの付属品について気になることをママたちに聞きました。
30代ママ
ブレンダーの刃は取り外せないので洗いにくかったです。洗いやすい方法が知りたいです。
20代ママ
容器の代用品について気になりました。離乳食は、何種類かの食材をまとめて作りストックするのですが、ブレンダーの専用容器はひとつしかなく、こまめに洗うのが手間に感じました。
20代ママ
ブレンダーに付属でついてきたチョッパーの洗い方や消毒方法について気になりました。
20代ママ
ブレンダー専用の容器の代わりになるものが気になります。ガラス製だと傷がつきそうなので、100均で安く買えるものがあれば知りたいです。
ブレンダーの刃の洗い方について知りたいママがいました。専用の容器は1つしかないので、容器の代用品があると便利かもしれません。

チョッパーは、具材をみじん切りにする料理器具で、ブレンダーに付属されていることがあるようです。

ママたちがブレンダー専用容器の代わりに使っていたものや、刃やチョッパーの洗い方をご紹介します。

ママたちがブレンダーの容器の代用品として使ったもの

ママたちがブレンダーの容器の代わりに使っていたものを聞きました。

タッパー

タッパー
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
100均で買った丸形のタッパーを使っていました。そんなに傷はつきませんでした。
ブレンダーの容器の代用品に、タッパーを使うママは多いようです。四角い形をしたタッパーもありますが、混ぜやすさを考えて丸型を選ぶとよいでしょう。

100均のタッパーなら、汚れや傷が気になったときに買い替えしやすいので、衛生的に使えるかもしれませんね。

シェーカー

20代ママ
使っていないプラスチック製のシェーカーがあったので代用品として使っていました。
シェーカーは縦長なので、ブレンダーで攪拌(かくはん)している最中に食材が飛び散る心配が少ないという声がありました。

陶器やガラス製の容器は、ブレンダーの刃があたったり大きな振動によって壊れることもあるようなので、プラスチック製の容器を使うとよいようです。

金属製の鍋

20代ママ
金属製の鍋で離乳食にする食材を茹でて、その鍋の中でハンドブレンダーを使うこともありました。鍋をそのまま使うと洗い物が少なくて楽でした。
ハンドブレンダーは鍋の中に入れて使えるので、調理時間の短縮にもなるかもしれません。鍋は、割れにくい素材の金属製のものを使うとよいようです。

ブレンダーの先端がプラスチック使用になっている場合は、鍋肌の熱さで変形したり、溶けてしまうこともあるようなので、気をつけましょう。

ブレンダーの刃やチョッパーの洗い方と消毒方法

ブレンダーの刃やチョッパーの洗い方と、消毒方法についてご紹介します。

洗剤を使った洗い方

洗剤とスポンジ
Syda Productions/Shutterstock.com
20代ママ
ブレンダーを洗うときは、まず、容器を洗います。洗った容器に、食器用洗剤を薄めたぬるま湯を入れ、ブレンダーを入れてスイッチを入れ、お湯が汚れたらスイッチを切っておしまいです。お肉やお魚を調理したときは、何度か繰り返し洗いました。
30代ママ
チョッパーは、パーツを分解して、食器用洗剤をつけたスポンジで洗っていました。
ブレンダーの刃は、洗剤を薄めた水の中でスイッチを入れて動かすことで、簡単に洗えるようです。刃の部分にくもりが残っている場合は、スポンジで洗うと取れるでしょう。

チョッパーは、食器を洗うときと同じように、スポンジで洗うとよいでしょう。色やにおいが気になるときや消毒するときに、漂白剤を使ってつけ置きしたママがいました。

汚れが取れやすいように、ブレンダーを使用したあとはすぐに水につけるという声がありました。調理をしていると、すぐに洗えない場合もあるので、簡単に汚れが落とせるような工夫ができるとよいですね。

漂白剤を使った消毒方法

30代ママ
赤ちゃんでも安心して使えると思い、無添加の酸素系漂白剤でつけ置きして消毒しました。
20代ママ
チョッパーで肉や魚を細かくしたときは、除菌するために、漂白剤を使ってつけ置きしていました。
無添加の漂白剤なら、離乳食に作るときに使う道具にも安心して使えそうですね。漂白剤は、消毒のほかに、食材のにおいや色が取れないときに使ったというママもいました。チョッパーは容器の中に、お湯と漂白剤、刃を入れてつけ置きするとよいようです。

つけ置きする時間がないときや、細かい部分の汚れを取りたいときに、除菌シートを使うという声もありました。

ブレンダーや容器は清潔に使おう

親子
Syda Productions/Shutterstock.com
ブレンダーの容器の代用品には、陶器やガラス製のものを避け、金属製の鍋やプラスチック製のシェーカーなどを使ったというママの声がありました。100均で購入したタッパーを使っているママもいました。

ブレンダーの刃を洗うときは、食器用洗剤を薄めたぬるま湯が入った容器の中にブレンダーを入れて稼動させるとよいでしょう。チョッパーは、スポンジと食器用洗剤を使って洗うママが多くいました。

洗い方や代用品を工夫しながら、赤ちゃんの離乳食に使うブレンダーや容器を、いつもきれいな状態で使えるよいですね。

2020年01月22日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧