豚肉と豆腐で作る離乳食のアレンジレシピ。豚肉を取り入れるポイント

豚肉と豆腐で作る離乳食のアレンジレシピ。豚肉を取り入れるポイント

下処理をしっかりしておいしい離乳食を作る

離乳食に初めて豚肉を取り入れるとき、いつから与えてよいのかやどんな種類の豚肉を使用したらよいのかなど悩むママやパパもいるかもしれません。離乳食を作るのに手軽な豆腐を合わせて、豚肉を取り入れたおいしいメニューを作ってみましょう。豚肉を取り入れるときのポイントやアレンジレシピをご紹介いたします。

豚肉と豆腐を使った離乳食を作りたい

栄養が豊富で比較的安価な豚肉を離乳食に取り入れたいと思うママもいるでしょう。料理によく使う食材ですが、離乳食に取り入れるときはどのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。

離乳食のメニューを考えるときに手軽に取り入れられる豆腐を豚肉と合わせると、舌ざわりもよくなり、赤ちゃんも食べやすくなるかもしれませんね。

今回は、豚肉と豆腐を使った離乳食のレシピをご紹介いたします。

離乳食に豚肉を取り入れるときのポイント

離乳食に豚肉を取り入れるとき、開始時期や部位の選択方法、また下処理の仕方などのポイントをまとめました。

豚肉の開始時期

豚肉は部位によって違いはあるものの、おおよそ離乳食後期から食べさせることができる食材のようです。

肉質がしっかりしているので、赤ちゃんが鶏肉を食べ慣れた頃に始めるとよいでしょう。

豚肉の選び方

豚肉
iStock.com/Basilios1

豚肉にもさまざまな種類があるので、離乳食に使うときにどの豚肉を選んだらよいか迷うかもしれません。

離乳食に取り入れるときは、脂肪の少ない赤身から始めるとよいようです。離乳食後期に赤身から始め、脂身が多い部位は離乳食完了期から与えることを頭に置いておきましょう。

また、新鮮なものを選ぶことも重要なようです。赤ちゃんにおいしく食べてもらうためにも、新鮮なものを選んで調理しましょう。

下処理の仕方

豚肉を調理するとき、下処理はどのようにすればよいのでしょうか。

初めて赤ちゃんに与えるときは、脂肪部分を取り除いて、熱湯で下茹でするようにしましょう。購入後、すぐに使用しないときは冷凍保存をしておくとよいようです。

まだ免疫力が十分でない赤ちゃんのためにも、衛生的に調理したいですね。

豚肉と豆腐を使った離乳食のアレンジレシピ

豚肉と豆腐を使ったアレンジレシピを離乳食の時期別にご紹介いたします。

【離乳食後期】豚肉と豆腐の野菜たっぷりスープ

  1. 豚肉を茹でてみじん切りにする
  2. 白菜をみじん切りにする
  3. じゃがいもやにんじんなどの野菜を煮こんで、ざるでこして野菜スープを作る
  4. 鍋に野菜スープを沸かして、白菜を茹でる
  5. 白菜がやわらかくなったら、豚肉と豆腐を入れてさらに煮込む
  6. 全体がやわらかくなったら、醤油で味をととのえる

野菜スープを作る際に、ざるに残った野菜も一緒に加えるとたくさんの野菜が摂れて、さらにおいしく食べられそうですね。

豚肉と豆腐と野菜の具だくさんスープで栄養をしっかり補いましょう。

【離乳食後期】豚肉と豆腐のあんかけうどん

料理をする女性
iStock.com/Satoshi-K
  1. うどんは茹でて食べやすいように刻んでおく
  2. 赤身の豚肉、小松菜、にんじんを茹でて刻む
  3. 和風だしに片栗粉を入れて、電子レンジであたためる
  4. 1.に2.を乗せて3.をかける
  5. 醤油で味をととのえる

具材を茹でて、電子レンジであたためただしをかけるだけの簡単なレシピです。

離乳食に飽きてきた赤ちゃんも、うどんならのどごしがよく、たくさん食べてくれるというママの声もありました。あんかけにすると、とろみが出るのでより食べやすくなるかもしれませんね。

【離乳食完了期】豚肉と豆腐の肉団子

  1. 玉ねぎをみじん切りにする
  2. 1.と豚ひき肉と豆腐と片栗粉をすべてボウルに入れて混ぜ合わせる
  3. 混ぜ合わせたものをひと口ほどの大きさに丸める
  4. 沸騰しただし汁に入れて、浮いてくるまで茹でる

肉団子を野菜スープに入れたり、やわらかく茹でた野菜のあんかけをかけるだけで、いろどりもよく、赤ちゃんもおいしく食べてくれるかもしれません。

豆腐と合わせることで、食感がふわふわになり口あたりもよさそうですね。

【離乳食完了期】豚肉の豆腐ハンバーグ

  1. 玉ねぎをみじん切りにする
  2. 1.と豚ひき肉と豆腐、溶き卵、パン粉、片栗粉をずべてボウルに入れ混ぜ合わせる
  3. よくこねて食べやすい大きさにする
  4. フライパンに油をひき、蓋をした状態でハンバーグを弱火で焼く
  5. 裏返して、同様に焼き目がつくまで焼く

ハンバーグは手づかみ食べやフォークなど食器を使う練習にもなるメニューですよね。少量のケチャップで味付けをして、赤ちゃんが食べやすいように工夫してみましょう。

また、冷凍保存も可能なので、多めに作って冷凍しておくと、手軽に一品プラスすることができてよいでしょう。

豚肉と豆腐を取り入れておいしい離乳食を作ろう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
aijiro - stock.adobe.com

豚肉の部位によって、離乳食の開始時期が異なるので、大変さを感じるママもいるかもしれませんが、脂肪分が少ない部位から進めるということを頭に入れておくだけで、加熱でしっかり下処理すれば、どのようなメニューにもアレンジがきいて便利でしょう。

離乳食初期から食べられる手軽な豆腐と合わせて、おいしい離乳食を作ってみてはいかがでしょうか。赤ちゃんが食べやすくなり、単調になりがちな食感にも変化が出るので、おいしく食べられそうです。

豚肉と豆腐はどの食材とも相性がいいので、さまざまな野菜などと合わせておいしい離乳食を作ってみましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2019年12月3日時点で作成した記事になります。
※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年11月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧