ピクニックランチに持っていきたいテイクアウトメニュー。パンなどの手作りレシピも

ピクニックランチに持っていきたいテイクアウトメニュー。パンなどの手作りレシピも

お弁当がおしゃれになるコツなど

子どもとのピクニックランチに持っていきたいテイクアウトメニューにはどのようなものがよいのか、お弁当をおしゃれに見せる工夫には何があるのか、知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、ピクニックにぴったりのテイクアウトメニューや、パンなどで作る手作りお弁当レシピ、便利なグッズなどを体験談を交えてご紹介します。

子どもとピクニックランチを楽しみたい

子どもとピクニックに出かけるときに、どのようなお弁当を持っていけばよろこばれる知りたいママもいるのではないでしょうか。

ピクニックの楽しさを演出するためにも、おうちの中のごはんとは違う特別なメニューにしたいですよね。

公園や自然の中など、屋外で食べるものだからこそ、食べやすさなどにも意識できるとよいかもしれません。

手軽なテイクアウトメニューや、実際にママたちが作ったお弁当レシピを参考に、子どもとのピクニックランチを楽しみましょう。

ピクニックランチのときにテイクアウトしたもの

ピクニックランチにテイクアウトメニューを活用するママもいるようです。子どもでも食べやすいテイクアウトメニューには、どのようなものがあるのでしょうか。

サンドイッチ

20代ママ
近所にお気に入りのパン屋さんがあるので、お出かけするときにそのお店のサンドイッチを買うことがあります。たまごやハムといった定番サンドイッチは、子どもでも食べやすく手を汚しにくいのでよく購入します。
20代ママ
わが家には娘が二人いるのですが、デザート系のフルーツサンドが大好物なので、デパートのサンドイッチ専門店で購入します。イチゴや桃、ぶどうなどの切り口が見えるフルーツサンドは見た目もおしゃれで、子どもたちもとっても喜んでくれます。
サンドイッチは手が汚れにくく、子どもでも食べやすいため、テイクアウトメニューとしてよいかもしれません。パン屋さんやスーパーなど、比較的購入しやすいというところもうれしいですよね。

ハンバーガー

ハンバーガー
George Dolgikh/Shutterstock.com
20代ママ
自分ではなかなか手づくりすることがないハンバーガーは、ピクニックに行くときだけの特別メニューにしています。パン屋さんで購入することが多いですね。
20代ママ
好き嫌いの多い息子が、ハンバーガーの中に入っているお肉や魚の具材は不思議と食べてくれます。付け合せのフライドポテトも大好物なので、ピクニックのときに欠かせません。
ハンバーガーをピクニックのランチメニューにすると、特別感があって子どもも喜んでくれそうですね。苦手な食材もハンバーガーの具材として入っていると食べてくれる子どもがいるようですね。

のり巻き

30代ママ
スーパーなどで手軽に買えるのり巻きは、具材の種類も豊富なので ピクニックランチの主食として購入することがあります。ご飯と具材をいっしょに食べられるので、たくさん遊びたい子どもたちにはぴったりなメニューです。
20代ママ
近所のお総菜屋さんで細巻きタイプののり巻きをよく購入します。小さな子どもの手や口のサイズにちょうどよく、子どもたちが自分で持って食べてくれます。
さまざまな種類ののり巻きが売られていますが、子どもの手や口のサイズにあった大きさのものや、好きな具を選んであげるとよさそうですね。パンよりもご飯を食べたいときは、のり巻きがよいかもしれません。

ピクニックに手作りしたランチレシピ

ピクニックランチにお弁当を手作りするママもいるのではないでしょうか。ママたちが実際に作った食べやすく、子どもにも喜ばれるレシピを聞いてみました。

蒸しパン

20代ママ
ふだんおやつとして作る蒸しパンをピクニックランチ用にアレンジして持っていきます。蒸しパンは、粉類や砂糖、油脂を混ぜて蒸すだけなので、とても簡単です。デコレーションペンで顔マークを書いたり、紙コップやマスキングテープを使ってラッピングすると子どもたちもよろこんでくれます。
小さな子どもでも食べられる蒸しパンは、少しの工夫でピクニックランチに活用できそうですね。蒸しパンは、電子レンジでも簡単に作れるので、忙しいママにはぴったりのメニューではないでしょうか。

ロールサンド

30代ママ
ロールサンドはピクニックのメニューによく作ります。食パンにバターを塗り、子どもの好きな具材を入れて巻くだけでできあがりです。特にデザート系のフルーツサンドは、切った断面もおしゃれでピクニックランチの主役になります。
食パンと家にある具材で手軽に作れるロールサンドは、その日の朝に思い立ってもすぐ作れるメニューですよね。ハムやチーズなどの主食系から、季節のフルーツやジャムを使ったデザート系まで、手づくりのバリエーションが豊富なのも作る楽しみになるのではないでしょうか。

カップご飯

20代ママ
カップご飯は、屋外でも食べやすいご飯メニューなので、ピクニックや運動会のお弁当などでよく作ります。プラスチック製のカップに酢飯を入れ、あとは好きな具材を乗せるだけです。見た目がデザートのようにおしゃれで、おともだちにも褒められます。

パーティや運動会のメニューでも人気のカップご飯は、見た目もおしゃれで子どもやお友だちにもらえそうですね。持ち運ぶ時にくずれる心配が少ないのでカップご飯は、ピクニックランチにぴったりのメニューかもしれません。

ピクニックランチに持っておきたいグッズ

ピクニックにランチといっしょに持っていきたいグッズにはどのようなものがあるのでしょうか。ピクニックランチに持っていくと便利なグッズをご紹介します。

除菌ができるグッズ

30代ママ
山へピクニックに出かけるときにはジェルタイプの除菌グッズを持っていきます。トイレや水道が遠い場合も手指の消毒を済ませてからご飯を食べるようにします。
20代ママ
ピクニックに行くときは必ず除菌シートを持って行きます。手拭きにも使えますし、レジャーシートが食べこぼしで汚れてしまったときも、サッと拭き取れるので便利です。
ふだんから持ち歩いていることもある除菌グッズはピクニックでも大活躍しそうですね。 さまざまな種類の除菌グッズが売られているので、シーン別に活用して衛生的で快適なピクニックランチを楽しみましょう。

ペーパーアイテム

クッキングシート活用
Joshua Resnick/Shutterstock.com
20代ママ
お弁当の仕切り代わりや、サンドイッチを包むのに、100均などで売られているクッキングシートをよく使います。ギンガムチェックやカフェ風の柄はお弁当に入れたとき、見た目もおしゃれです。
20代ママ
揚げ物など油分の多い具材を、クッキングシートで包み持ち手を作っておけば、小さな子どもでも手を汚さずに食べられます。ピクニックに行くときは多めに持参するようにしています。
包んだり仕切ったり、多様性に富むペーパーアイテムを、ピクニックランチに活用しているママもいるようです。お店では、おしゃれな柄のペーパーアイテムが豊富に取り揃えられているようなので、お弁当を引き立てるのに活用してみてはいかがでしょうか。

紫外線対策グッズ

30代ママ
小さな赤ちゃんもいっしょにピクニックに連れて行くときに便利だったのが、ポップアップ式のテントです。ご飯を食べるときだけでなく、オムツ替えやお昼寝するのときにも大活躍しました。
常に日陰を確保できるかわからない状況を想定して、あらかじめ紫外線対策をして出かけるママや、グッズを持って行くとよいかもしれません。ポップアップ式のテントなどは持ち運びにも便利なので、常に車などに搭載しているというママの声もありました。

ピクニックランチを快適に楽しもう

バスケット
Sofiaworld/Shutterstock.com

ピクニックランチには、食べやすさを意識したテイクアウトメニューを選んでいるママがいました。

少し工夫するだけでお弁当がおしゃれになるパンやサンドイッチのレシピを活用して、いつもとは違う特別なランチタイムを楽しめそうですね。

ピクニックに便利なグッズも用意して、家族でピクニックランチに出かけてみてはいかがでしょうか。

2019年11月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧