牛肉とほうれん草を取り入れた離乳食レシピ。料理するときのポイント

牛肉とほうれん草を取り入れた離乳食レシピ。料理するときのポイント

あんかけや肉巻きなどのメニュー

牛肉とほうれん草を取り入れた離乳食を用意するとき、どのようなことに気をつけて調理するとよいのでしょうか。牛肉やほうれん草を食べやすくするためのポイントや、離乳食後期・完了期に食べられる牛肉とほうれん菜を使ったアレンジレシピをご紹介します。

牛肉とほうれん草を使った離乳食を作ろう

食べごたえがあり主菜に取り入れやすい牛肉と、鉄分が豊富と言われているほうれん草を使って、離乳食を作りたいママやパパもいるでしょう。

牛肉は、鶏肉に慣れてから離乳食後期以降に取り入れるとよいようです。

牛肉は加熱をするとぱさつきやすいため、汁物に加えると食べやすくなるでしょう。牛ヒレ肉など、脂身が少なく食べやすい部位もあるようです。

ほうれん草の葉は、離乳食初期から食べられます。芯の部分は、やわらかく茹でて調理すると離乳食後期頃から食べられるようです。

今回は、牛肉とほうれん草を使った離乳食レシピをご紹介します。

離乳食に牛肉とほうれん草を取り入れるときのポイント

離乳食に牛肉とほうれん草を取り入れるときに気をつけるとよいポイントをご紹介します。

ほうれん草を茹でてあく抜きする

ほうれん草を茹でる準備
S.E. shooting - stock.adobe.com
繊維が多いほうれん草は、やわらかく茹でて、赤ちゃんが食べやすいようにすりつぶしたり、細かく切ってとろみをつけましょう。

ほうれん草はあくが強く、えぐみがあるため、やわらかく茹でたあと水にさらしてあく抜きしましょう。水気をよくしぼってから調理します。

牛肉の脂身を取り除いて下茹でする

離乳食に使う牛肉は、脂肪が少ない赤身を選びましょう。離乳食後期頃から、赤身のしゃぶしゃぶ用の牛肉を取り入れられるようです。調理する前に、包丁やキッチンバサミで脂身を取り除きます。

牛肉は調理する前に下茹でしてあく抜きするとよいようです。熱湯のなかに入れて、さっと火を通してざるに上げましょう。

牛肉の切り方ややわらかさに気をつける

牛薄切り肉は、繊維を断つように切ると赤ちゃんも噛みやすくなるかもしれません。牛ひき肉を使う場合は、小さく丸めて肉団子にするとおいしく食べられるでしょう。

牛肉をほうれん菜といっしょに煮たり、水溶き片栗粉を加えるととろみが出て食べやすくなるでしょう。

牛肉とほうれん菜を使った離乳食のアレンジレシピ

牛肉とほうれん菜を使った離乳食レシピを時期別にご紹介します。

【離乳食後期】ほうれん草と牛肉のあんかけ

1. ほうれん草と、牛薄切り肉を細かく刻む
2. フライパンにサラダ油を熱して、ほうれん草20gと、牛薄切り肉15gを入れて炒める
3. 2に水1/4カップを加えて煮る
4. 3に水溶き片栗粉を加えて煮る

お粥や軟飯の上にかけてあんかけ丼を作るのもよいかもしれません。とろみのあるあんかけは、赤ちゃんも食べやすいでしょう。

【離乳食後期】牛肉入り焼きうどん

焼うどん
Koarakko - stock.adobe.com
1. 牛薄切り肉を約1cm幅の細切りにする
2. 皮を剥いたにんじんと、ほうれん草を細かく刻む
3. 1/4玉ほどの量のゆでうどんを約1cmの長さに切る
4. フライパンにサラダ油を熱して、牛薄切り肉10gを入れて炒める
5. 4に、にんじん15gとほうれん草10gを加えて炒める
6. 5にうどんと水大さじ1を加えて、野菜に火が通るまで炒める

赤ちゃんが食べるうどんは、離乳食後期は1cmほどの長さに切り、離乳食完了期では2~3cmほどの長さに切るとよいようです。

塩分が含まれているうどんもあるため、茹でたあとに塩抜きをしましょう。

【離乳食完了期】ほうれん草の肉巻き

1. パプリカとほうれん草を5cmほどの程切りにする
2. 1を15gずつ耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジで1分ほど加熱する
3. 牛薄切り肉を広げて、茶こしに入れた小麦粉を牛肉の表面にふりかけて、2をのせて巻く
4. フライパンにサラダ油を熱して、3を焼く
5. 4に、だし汁と砂糖、しょうゆを適量加えて、よくからめる

牛肉の表面にふりかける小麦粉は、牛肉と野菜をくっつける役割があるようです。出来上がった肉巻きは、赤ちゃんが食べやすいように切りましょう。

【離乳食完了期】ミートソースパスタ

1. 玉ねぎをみじん切りにする
2. 皮と種を取り除いたトマトを細かく刻む
3. 茹でたほうれん草を1cm大に刻む
4. 牛薄切り肉を細かく刻む
5. パスタを2cmほどの長さに折って、やわらかく茹でる
6. フライパンにオリーブ油を熱して、牛薄切り肉15gと、玉ねぎとほうれん草を10gずつ入れて炒める
7. 6に、トマト30gと水大さじ3を加えて煮る
8. 器に盛りつけたパスタの上に6をかける

離乳食にパスタを取り入れるときは、商品に記載されている茹で時間よりも少し長めに茹でるとよいようです。赤ちゃんが食べやすくなるようにやわらかく茹でましょう。

パスタの代わりにマカロニを使ってもおいしく食べられるでしょう。

牛肉とほうれん菜を組み合わせた離乳食を楽しもう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
aijiro - stock.adobe.com
離乳食に牛肉を取り入れる際には、脂肪の少ない赤身を選び、脂身を取り除いて下茹でしてから調理するとよいようです。

ほうれん草は茹でたあとに水にさらし、あく抜きをしましょう。繊維を断つように切ると、赤ちゃんが噛みやすいかもしれません。

いろいろな味を楽しめる牛肉とほうれん菜を使ったメニューを用意できるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年10月29日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年10月07日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    ほうれん草を牛の挽肉とまぜてハンバーグにしたり、炒めてソテー、卵焼きに一緒にまぜてキッシュ
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ