【離乳食時期別】鶏肉と大根の煮物レシピ。時短で作る煮物の離乳食

【離乳食時期別】鶏肉と大根の煮物レシピ。時短で作る煮物の離乳食

離乳食においしい鶏肉と大根の煮物を作ろう

離乳食に鶏肉と大根の煮物を作るとき、いつから食べられるのか、時期別にどのような作り方をすればよいのかと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。離乳食の時期別に作る鶏肉と大根の煮物の作り方、電子レンジや圧力鍋を使った時短レシピをご紹介します。

離乳食に鶏肉と大根の煮物はいつから食べられる?

赤ちゃんが初めて食べるお肉として離乳食に取り入れられることの多い鶏肉に、野菜の中でも茹でると甘みのある大根をあわせて離乳食を作りたいと考えるママもいるでしょう。

鶏肉はさまざまな部位があり、その部位によって離乳食で食べられる時期が変わってくるようです。離乳食中期から徐々に食べられる部位が増えていくでしょう。

まずは離乳食中期から、ささみや鶏ひき肉を下ごしらえして食べさせることができるようです。赤ちゃんが食べやすいように、ささみは下茹でするとよいでしょう。鶏ひき肉は湯通しをして油を抜いてから調理するとよいようです。

後期以降になると鶏もも肉、鶏むね肉など食べられる部位が増えます。肉の脂肪分は消化しにくい場合があるため、様子を見てゆっくりと進めていきましょう。

大根は離乳食初期から食べられるようです。大根は皮がかたいため、下ごしらえの際は厚めに皮をむくとよいでしょう。大根を煮物に使うときは、大根の切り口を包丁で削るように面取りすると、煮くずれしにくくなるようです。

鶏肉の大根の煮物に鶏ひき肉やささみを使う場合は、下ごしらえすると中期から食べられるようです。中期の食材の形状については、赤ちゃんが舌でつぶせる絹ごし豆腐くらいの固さを目安に調理するとよいでしょう。

離乳食の時期別に作る鶏肉と大根の煮物レシピ

大根とそぼろの煮物
© runin - Fotolia

鶏肉と大根の煮物のレシピを離乳食の時期別にご紹介します。

【離乳食中期】鶏ささみと大根の煮物

材料:

鶏ささみ1/2本、厚さ3cmの輪切りの大根1枚

作り方:

  1. 鶏ささみの筋を取り除き、水を張った耐熱皿に入れて電子レンジで加熱する
  2. 1の鶏ささみを細かく刻む
  3. 大根を細かく刻み、水を張った耐熱皿に入れて電子レンジで加熱する
  4. ボウルに2と、3を大根のだしが出たスープごと入れ、和える

大根から出るだしのスープを活用した簡単煮物レシピです。電子レンジを使って調理する方法は火加減の調整をする心配がなく、少量の離乳食を作る場合などに活用できそうですね。

【離乳食後期】鶏ひき肉と大根のそぼろ餡かけ

材料:

鶏ひき肉大さじ2、厚さ3cmの輪切りの大根1枚、にんじん1/4本、玉ねぎ1/4玉、鰹だし適量、水溶き片栗粉適量

作り方:

  1. 鶏ひき肉をザルに入れ、熱湯をかけて油抜きする
  2. 大根、にんじん、玉ねぎを5mm角ほどの大きさに切る
  3. 鍋に2と鰹だしを入れて、やわらかくなるまで煮込む
  4. 3に鶏ひき肉を入れて煮込む
  5. 4の火を止めて、水溶き片栗粉を回し入れ素早く混ぜて、沸騰するまで煮る

鶏肉と野菜を使ったそぼろ餡かけのレシピです。煮込むときにかぼちゃやさつまいもなどの甘みのあるものを加えると違った味を楽しめそうですね。

【離乳食完了期】鶏もも肉と大根の炒め煮

材料:

鶏もも肉50g、厚さ3cmの輪切りの大根1枚、鰹だし適量、醤油少量

作り方:

  1. 鶏もも肉の皮を取り、白い脂肪分は取り除く
  2. 鶏もも肉と大根を食べやすい大きさに切る
  3. フライパンに少量の油を引き、2を炒める
  4. 3に鰹だしを加え、やわらかくなるまで煮る
  5. 4に醤油を加え、さらに煮る

鶏もも肉と大根を炒めてから煮るレシピです。炒めることで鶏もも肉と大根のうま味をとじこめることができます。塩分が強くならないように醤油の量に気をつけましょう。

離乳食で煮物を簡単に作る工夫

鶏肉と根菜の煮物
© karimitsu - Fotolia

離乳食で煮物を作るときに電子レンジや圧力鍋を使って簡単に作れるレシピをご紹介します。

【電子レンジを活用】鶏ささみと大根の煮物

材料:

鶏ささみ1/2本、厚さ3cmの輪切りの大根1枚

作り方:

  1. 鶏ささみの筋を取り除き、水を張った耐熱皿に入れて電子レンジで加熱する
  2. 1の鶏ささみを細かくほぐす
  3. 大根を細かく刻み、水を張った耐熱皿に入れて電子レンジで加熱する
  4. ボウルに2と3の大根のだしが出たスープごと入れ、和える

大根から出るだしのスープを活用した簡単煮物レシピです。離乳食に少量の食材を調理するときは、電子レンジを活用すると便利でしょう。赤ちゃんの月齢にあわせて、食材の形状は変えていきましょう。

【圧力鍋を活用】鶏ささみと野菜の煮物

大根10cm、鶏ささみ1本 、厚さ3cmの輪切りの大根1枚、にんじん1/4本、玉ねぎ1/4玉

作り方:

  1. 皮をむいた大根、にんじん、玉ねぎを適当な大きさに切り、圧力鍋で加熱する
  2. 鶏ささみを茹でて細かくほぐす
  3. 1を圧力鍋から取り出し、細かく刻むd圧力鍋から取り出した適量の野菜だしと1、2を和える

野菜を圧力鍋で加圧すると、旨みがよく出ておいしい野菜だしが作れます。野菜だしのみを冷凍してストックしておくと、調理するときにすぐに使えそうですね。圧力鍋を使うことで食材の加熱時間が短くなり、調理時間の短縮につながるでしょう。

離乳食の時期にあわせて鶏肉と大根の煮物をおいしく作ろう

離乳食を食べる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia

今回は離乳食に作る鶏肉と大根の煮物について、食べられる時期の目安や簡単なレシピをご紹介しました。煮物を作る際に電子レンジや圧力鍋を使うと調理短縮につながるため、さまざまなメニューに活用するとよいでしょう。

鶏肉と大根の煮物はひとつひとつの食材から出る自然のうま味が楽しめるおかずなので、離乳食のメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。

バランスのよい献立を意識しながらいろいろな煮物を作ってみましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2019年10月21日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年10月22日

専門家のコメント
4
    とまと先生 保育士
    我が家は圧力鍋が無いので、代わりに炊飯器で作っていました。スイッチを押してあとは目を離して
    いちぽ先生 保育士
    大根と鶏肉のさっぱり煮美味しいですよね!
    離乳食には、酢を少し弱くして薄味にすれば取り分け
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ