ミニトマトを使った離乳食中期の簡単レシピ。お粥やスープなど

ミニトマトを使った離乳食中期の簡単レシピ。お粥やスープなど

中期の量の目安や食材の固さなど進め方について

離乳食中期にミニトマトを使いたいとき、いつから与えてよいのかや、冷凍したり電子レンジで解凍して使えるかなど悩むママもいるのではないでしょうか。ミニトマトは手軽に使えて離乳食作りに役立ちそうですよね。今回は、厚生労働省の資料を参考に離乳食中期の進め方や、ミニトマトを使った手軽なレシピをご紹介します。

離乳食中期の進め方

離乳食中期に入り、いざ作ってみようと思っても、わからないことばかりでどのように進めていけばよいのか、悩んでしまうママもいるかもしれません。

まずは、離乳食中期はいつからか、量の目安について厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食中期はいつから?

離乳食中期とは、生後7カ月から8カ月頃の期間のことをいいます。

1日2回の食事のリズムをつけていき、さまざまな味と舌触りを経験できるように食品の種類を増やしていく時期です。

また、食材を調理するときの目安としては、舌でつぶせるくらいの固さとなります。

離乳食中期の量の目安

離乳食中期の1回あたりの食事量の目安は、以下を参考にしてください。

穀類:全粥50g~80g
野菜・果物:20g~30g
魚:10g~15g
肉:10g~15g
豆腐:30g~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50g~70g

献立を考えるときは、主食となる炭水化物、ビタミン、ミネラルを含む野菜や果物類、魚や肉などのタンパク質源食品、3種類の栄養素を組み合わせるようにしましょう。

食事量や調理形態はあくまで目安とし、その日の赤ちゃんの機嫌や食欲に合わせて調節してあげてくださいね。

出典:p34 離乳の進め方の目安/授乳・離乳の支援ガイド

子どもの離乳食で困ったこと

食べるのを嫌がる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia
厚生労働省の資料の中で、離乳食で困ったこととして、下記のような内容があげられています。

作るのが負担・大変/33.5%
食べさせるのが負担、大変/17.8%
乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%
作り方がわからない/5.3%
開始の時期がわからない/3.5%
(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変と感じるママは多いようです。
少しでも簡単に作ることができれば、離乳食作りを前向きに進めていけそうですよね。

出典:p11 離乳食について困ったこと/授乳・離乳の支援ガイド

離乳食中期のミニトマトを使った簡単レシピ

ミニトマトをいつからあげるかは子どもの成長などによってそれぞれ個人差がありますが、離乳食中期にミニトマトを使っているママもいるようです。

離乳食中期にママたちはどのようにしてミニトマトを与えていたのか、簡単なレシピや工夫などについてご紹介します。

ミニトマトとしらすのお粥

材料:

ミニトマト2~3個、青のり適量、しらす適量、米適量

作り方:

1. 米を研ぎ、米の7倍の水を入れ、炊飯器のお粥モードで炊いて7倍粥を作る
2. ミニトマトを湯むきして皮と種を取り、みじん切りにする
3. 2を耐熱容器に入れラップをして、600wの電子レンジで1分程加熱する
4. しらすに熱湯をかけて5分程置き、塩抜きしておく
5. 1に 3、4と青のりをかけて完成

ミニトマトの湯むきは、ヘタの反対側に楊枝などで小さな穴をあけ、熱湯に数分入れてから冷水につけると、つるんと皮がむけるようです。

きちんとミニトマトの皮や種を取ることで子どもも食べやすくなりそうですよね。

しらすの塩分をいかしたお粥は旨味があるので、調味料を使わなくてもおいしく食べられるでしょう。

ミニトマトのとろとろ豆腐

豆腐
iStock.com/SilviaJansen
材料:

ミニトマト2~3個、焼きのり1/4枚、豆腐1/3丁、ベビー用かつお・こんぶだし顆粒適量、水溶き片栗粉少々、水100ml

作り方:

1. ミニトマトを湯むきして皮と種を取り、みじん切りにする
2. 焼きのりを水でふやかして、水切りする
3. 鍋に水を沸騰させ、かつお・こんぶだし顆粒を入れてだし汁を作る
4. 3に1、2と豆腐を入れて煮込み、水溶き片栗粉を混ぜたら完成

ミニトマトは、焼きのりやだし汁といっしょに使って、和風の味付けにしても合うようです。

焼きのりは口の中で貼りつきやすいので、子どもの窒息を防ぐためにとろとろの状態で使うと安心できそうですね。

ミニトマト入り野菜スープ

材料:

ミニトマト2~3個、玉ねぎ1/2個、にんじん1/2本、ブロッコリー適量、ベビー用コンソメ少々、水200~300ml

作り方:

1. ミニトマトを湯むきして皮と種を取り、みじん切りにする
2. 玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーを食べやすく切る
3. 鍋に水を入れ沸騰したら、2とコンソメを入れ、やわらかくなるまで煮る
4. 3に1を加え、軽く煮て完成

普段の野菜スープにミニトマトを加えるだけで、味に変化をつけることができるでしょう。

野菜の旨味があるのでコンソメの量は少なめでよいかもしれません。

1度に使い切れないことも多いミニトマトの保存については、下ごしらえをして食べやすく切ってから製氷皿に小分けして冷凍保存したという声や、解凍するときは自然解凍の方が味が落ちにくいという声もありました。

離乳食中期にミニトマトを使ってみよう

離乳食を食べる赤ちゃん
© kazoka303030 - Fotolia
今回は、ミニトマトを使った離乳食のレシピとあわせて、離乳食中期はいつからかや食事の量の目安などをご紹介しました。

離乳食中期に作ることが多いお粥やスープも、ミニトマトを使うことで味に変化をつけることができそうですね。

また、ミニトマトは季節を問わず入手しやすく、赤色で彩りがよいので料理に重宝するでしょう。

電子レンジで手軽に加熱したり、冷凍して使うこともできるので便利かもしれません。

離乳食のメニューに上手にミニトマトを取り入れて、子どもが積極的に食事を楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年8月23日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。


2019年08月31日

おすすめユーザーのコメント
1
    naa
    ミニトマトの湯むきは大切ですね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧