離乳食初期の玉ねぎのレシピ。電子レンジや炊飯器を使った調理方法

離乳食初期の玉ねぎのレシピ。電子レンジや炊飯器を使った調理方法

玉ねぎの取り入れ方や冷凍保存について

離乳食初期に食べられる玉ねぎレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。玉ねぎのアレンジレシピや電子レンジ、炊飯器を使った調理方法、冷凍保存についてご紹介します。

離乳食初期の進め方

初めて離乳食を作るというママもいるでしょう。離乳食初期は、離乳食の作り方や進め方など、わからないことが多く悩むこともあるかもしれません。

まずは基本的な離乳食初期の進め方について、厚生労働省の資料を参考にご紹介します。

離乳食初期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後5カ月から6カ月ごろが離乳食初期とされています。食事のタイミングは、体調や機嫌がよいときなど赤ちゃんの様子を見ながら用意するとよいでしょう。

調理形態は、なめらかにすりつぶした状態がよいようです。離乳食初期に玉ねぎを使う場合には、1度加熱してから柔らかくしましょう。

離乳食の量の目安

離乳食初期の食事量の目安は、1日1回1さじずつ始めるとよいでしょう。

離乳食初期は、つぶしがゆから始めましょう。野菜、果物はすりつぶした状態から試して、慣れてきたらつぶした豆腐、白身魚などを試すとよいとされています。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

子どもの離乳食で困ったこと

たまねぎ
iStock.com/karayuschij

厚生労働省が出している資料の中で離乳食で困ったこととして、以下のような内容が挙げられています。

作るのが負担・大変/33.5%

食べる量が少ない/21.8%

乳汁(母乳や人工乳)と離乳食のバランスがわからない/17.1%

食べるのをいやがる/15.9%

食べる量が多い/5.5%

作り方がわからない/5.3%

(回答数:1240)

離乳食を作ることが大変、母乳と離乳食のバランスがわからないと感じているママは多いようです。編集部でも同じような意見があがることが多々あり、はじめての離乳食をどう進めていけばよいのか悩むこともあるようでした。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食初期にどのように玉ねぎを取り入れた?

離乳食初期に玉ねぎを使ったママたちの体験談をご紹介します。

30代ママ
薄切りにしてやわらかくなるまで煮た玉ねぎを、ブレンダーでペースト状にして少量から始めました。玉ねぎの甘みがあるので他の野菜より食べていた気がします。

新しい食材を食べ始めるときは、離乳食用のスプーンで1さじずつ与えて、子どもの様子を見ながら量を増やしていくとよいようです。

離乳食初期に玉ねぎを食べる場合は、まずは1さじずつから与えましょう。赤ちゃんが好んで食べられるかや味や舌ざわりを嫌がらないかなど確認しながら進められるとよいですね。

出典:授乳・離乳の支援ガイド/厚生労働省

離乳食初期の玉ねぎのアレンジレシピ

料理をする女性
iStock.com/Satoshi-K

玉ねぎを離乳食初期に与えるとき、どのように調理したらよいのでしょうか。玉ねぎを使った離乳食のレシピをご紹介します。

玉ねぎペースト

  1. 半分に切った玉ねぎをアルミホイルで包む。
  2. アルミホイルで包んだ玉ねぎをお米といっしょに炊飯器で炊く。
  3. 炊飯器で温めた玉ねぎを裏ごしする。

炊飯器を使って玉ねぎを柔らかくすることができるようです。赤ちゃんに食べさせるときは裏ごしをしましょう。ペースト状にした玉ねぎは製氷皿で冷凍保存できます。

玉ねぎとかぼちゃのおかゆ

  1. 2㎝角に切ったかぼちゃ1切れを耐熱容器に入れて、水を少し加えて500wの電子レンジで1分ほど加熱する。
  2. 電子レンジで加熱したかぼちゃを裏ごしする。
  3. 玉ねぎペースト10gとかぼちゃ、10倍がゆ大さじ2を混ぜ合わせる。

玉ねぎペーストを活用しておかゆを作ることができます。かぼちゃ以外にも、離乳食初期に食べられるじゃがいもやにんじんを合わせてもおいしいおかゆができそうです。

玉ねぎのりんご煮

  1. りんごをすりおろし、耐熱容器に入れて500wの電子レンジで30秒ほど加熱する。
  2. 玉ねぎペースト小さじ2とりんご小さじ2を混ぜ合わせる。

玉ねぎと果物を組み合わせてもおいしい離乳食ができるようです。様子を見ながら加熱時間を調節しましょう。

玉ねぎのホワイトソース風

  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. 鍋に鶏がらスープ100㏄とみじん切りにした玉ねぎ20gを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にしてスープがなくなるくらいまで煮る
  3. 溶いた粉ミルク50㏄を加えて再び煮て、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。

赤ちゃんが食べやすいように、柔らかくなるまでしっかり煮込みます。ここにペースト状にしたほうれん草やさつまいもなどを入れてもよさそうですね。

離乳食初期は赤ちゃんの様子を見ながら進めよう

離乳食を食べる赤ちゃん
iStock.com/kuppa_rock

玉ねぎを離乳食初期に取り入れるときは、柔らかくなるまで加熱してから少しずつ食べさせるとよいでしょう。玉ねぎは電子レンジだけでなく、炊飯器を使って柔らかくすることもできるようです。

また、玉ねぎをペースト状にして冷凍保存しておくと、使いたいときに加熱してすぐ調理できるので便利ですね。

離乳食の進みに合わせてレシピの種類を増やしながら、離乳食に慣れることからはじめていきましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2019年7月23日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年07月26日

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ