一歳の誕生日ケーキを手作りしよう。ヨーグルトなど使ったレシピ

一歳の誕生日ケーキを手作りしよう。ヨーグルトなど使ったレシピ

手作りするときのポイントや工夫

子どもの一歳の誕生日に、手作りのケーキでお祝いしたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、一歳の誕生日ケーキを手作りするときのポイントやヨーグルトやゼリーなども使ったケーキのレシピ、飾りつけなど手作りの誕生日ケーキにした工夫を体験談を交えてご紹介します。

一歳の誕生日にケーキを手作りしたい

子どもの一歳の誕生日をお祝いするとき、記念になるようなケーキを手作りしたいと考えるママやパパもいるようです。子どもが一歳の誕生日に初めてケーキを食べる場合、どのようなことを意識して作るとよいのか知りたいママもいるかもしれません。

今回は、一歳の手作り誕生日ケーキについてママたちに聞いてみました。

一歳の誕生日ケーキを手作りするときのポイント

どのようなケーキを用意すると、離乳食完了期に入ったばかりの子どもも食べられるのか知りたいママもいるかもしれません。一歳の誕生日ケーキを手作りするときのポイントをご紹介します。

食べ慣れた食材を使う

20代のママ
一歳の誕生日ケーキは、子どもが食べ慣れている食材を使って手作りしました。普段から食べている食材だけを使うことで、子どもがケーキのどの部分を食べても安心だと思います。

子どもが食べ慣れた食材を使うことをポイントと考えたママがいるようです。子どもが食べたことがない果物やチョコレートは、食べ慣れた果物やアイシングなどで代用したというママの声もありました。

甘さを控えめにする

生クリーム
iStock.com/Dubravina
30代のママ
まだ離乳食を食べていることから、子どもには甘さが控えめのケーキを作りたいと思いました。手作りのケーキは自分で砂糖の量を調節しやすいので、普段食べている一歳用のお菓子の甘さを参考にして手作りしました。

甘さを控えめにすることを意識したママもいるようです。かぼちゃやさつまいもなど甘みのある食材を使うと、砂糖の量を減らしてもやさしい甘みを感じられるケーキが手作りできるかもしれません。

一歳の誕生日ケーキのレシピ

実際に、ママたちが作った一歳の誕生日ケーキのレシピを3つご紹介します。

いちごとヨーグルトのケーキ

30代のママ
ボウルに卵とてんさい糖を入れ、白くもったりとするまで混ぜます。ふるった小麦粉と牛乳を加えさっくりと混ぜたら、型に入れてオーブンで焼きます。焼きあがったスポンジが冷めたら、前日から水切りしておいたプレーンヨーグルトを表面に塗ります。ケーキの上の面に4等分に切ったいちごを飾りつけたら完成です。

生クリームの代わりに水切りヨーグルトを使うと、甘さが控えめでさっぱりとした口当たりのケーキになりそうですね。季節によって、ぶどうや桃など旬の果物をケーキの上に乗せたというママの声もありました。

豆腐クリームのケーキ

20代のママ
ボウルの上にザルを重ね、キッチンペーパーで包んだ木綿豆腐を入れてラップをかけます。冷蔵庫で一晩置き、水切りをしておきます。食パンを丸く型抜きし、少量の砂糖を混ぜて作った豆腐クリームを塗って輪切りにしたバナナを乗せます。その上に豆腐クリームと丸く抜いた食パンを重ね、さらに豆腐クリームを塗ります。薄切りにしたりんごを扇状に重ねて飾り、サイの目切りにしたキウイを散らしたら完成です。

水切りした木綿豆腐をホイッパーで混ぜクリーム状にしたものを、生クリームの代わりに使ったママもいるようです。砂糖やはちみつ、調乳した粉ミルクなどでお好みの甘さに仕上げると、一歳の子どもも食べやすいかもしれませんね。

誕生日ケーキ風ゼリー

誕生日ケーキ風ゼリー
iStock.com/zoe xu
40代のママ
鍋に水と粉寒天を入れて煮溶かし、砂糖を加えてさらに混ぜて寒天液を作ります。型に一口大に切ったイチゴやみかんを入れ、ゆっくりと寒天液を注ぎます。冷蔵庫で冷やし固め、逆さにして型から取り外したら完成です。

ケーキ風の寒天ゼリーを手作りしたママもいるようです。ママのなかからは、上段をフルーツ寒天、下段を牛乳寒天にすると、よりケーキのような見た目になったという声も聞かれました。

手作りの誕生日ケーキにした工夫

一歳の誕生日ケーキを手作りするとき、どのような工夫をすると華やかな見た目になるのでしょうか。ママたちに、手作りの誕生日ケーキにした工夫を聞いてみました。

市販のお菓子も活用する

20代のママ
赤ちゃんの頃から食べ慣れている市販のお菓子でケーキを飾りました。ミニサイズのホールケーキのふちに卵ボーロをデコレーションすると、大好きなお菓子がついているのが嬉しかったのか喜んで食べてくれました。

市販されているお菓子を活用してケーキを飾りつけたママがいるようです。他にも、食べ慣れている市販のスティッククッキーを使い、ビスキュイケーキ風にアレンジしたというママの声もありました。

プレートやキャンドルを立てる

30代のママ
砂糖と水を混ぜて作ったアイシングをコルネに入れ、赤ちゃんせんべいに『◯◯ちゃん1さいおめでとう』と書きました。手作りのケーキの上に飾ると、一歳の誕生日の記念になるケーキになったと感じました。

子どもが食べ慣れた食材を使ってバースデープレートを作るという工夫もあるようです。ママのなかからは「1」や「HAPPY BIRTHDAY」の文字が入ったキャンドルを飾るとバースデーケーキらしい仕上がりになったという声も聞かれました。

ケーキを乗せるお皿も飾りつける

40代のママ
ケーキよりも大きめのお皿を用意し、余白部分にカットフルーツやミントを飾りました。チョコペンで日付と『1st BIRTHDAY』と書くことで、後から記念写真を見返したときに一歳の誕生日祝いだとわかりやすいと思いました。うちの子はまだチョコレートを食べたことがなかったので、子どもがチョコレートの部分を食べないようにケーキを取りわけてからあげました。

お皿にも飾りつけをすると、さらに華やな見た目の誕生日ケーキになりそうです。フルーツソースで星や水玉模様、子どもの好きなキャラクターの絵を描くと喜んでもらえたというママの声もありました。

一歳の誕生日を祝ってケーキを作ろう

赤ちゃんの誕生日を祝うママ
iStock.com/Satoshi-K

子どもが一歳の誕生日を迎えるとき、手作りのケーキを用意したいと考えるママもいました。一歳の誕生日ケーキを手作りするポイントには、食べ慣れた食材を使うことがあるようです。

生クリームの代わりに水切りヨーグルトを使ったり、子どもの好きなゼリーをケーキ風の見た目にしたりすると一歳の子どもも食べやすいかもしれません。市販のお菓子やキャンドルを飾りつけるなど工夫して、一歳の誕生日に特別なケーキを手作りできるとよいですね。

2019年07月25日

専門家のコメント
2
    とまと先生 保育士
    手作りスポンジに水切りヨーグルト、ぶどうとマスカットと型抜きしたにんじんで飾りました。スポ
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ