離乳食のフレンチトーストはいつから?中期に作ったレシピやポイント

離乳食のフレンチトーストはいつから?中期に作ったレシピやポイント

作り方やママたちが工夫したことなど~

離乳食中期に、フレンチトーストを作りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、離乳食のフレンチトーストはいつから作っていたのかや卵黄だけを使うなど離乳食中期に作るときのポイント、離乳食中期のフレンチトーストの作り方と冷凍保存や献立を考えるなど作るときにした工夫を体験談を交えてご紹介します。

離乳食のフレンチトーストはいつから?

赤ちゃんの離乳食が徐々に進み中期頃になると、赤ちゃんが食べ慣れた食材を使ってフレンチトーストを作りたいと考えるママもいるようです。赤ちゃんはいつからフレンチトーストを食べられるのでしょうか。離乳食期に、フレンチトーストはいつからあげていたのかをママたちに聞いてみました。

30代ママ
7カ月頃に初めてフレンチトーストを作りました。うちの子はパン粥が好きだったので、パンを使ったメニューのバリエーションを増やしたいと思ったことがきっかけです。
20代ママ
うちの場合は、8カ月の頃から離乳食用のフレンチトーストを作りました。赤ちゃんが初めてフレンチトーストを食べるときはスプーン1さじから始め、少しずつ量を増やしていきました。

離乳食期にいつからフレンチトーストを取り入れるかは、赤ちゃんの様子によってそれぞれ違うようです。フレンチトーストに使う食材に食べ慣れた頃など、離乳食の進み具合によって開始できるとよいかもしれませんね。

離乳食中期にフレンチトーストを作るときのポイント

離乳食中期にフレンチトーストを作るとき、どのようなポイントがあるのか気になるママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた、離乳食中期にフレンチトーストを作るときのポイントをご紹介します。

食べ慣れた食材を使う

卵
iStock.com/Masanyanka
40代ママ
大人用のフレンチトーストには全卵を使いますが、離乳食中期用には卵黄だけを使いました。この時期には、まだ卵白を食べさせたことがなかったので、食べ慣れた食材だけで調理することを心がけていました。

赤ちゃんがまだ卵白を食べたことがない場合、卵黄だけを使ってフレンチトーストを作ったママがいるようです。他にも、牛乳をまだ使ったことがないので調乳した粉ミルクを代用品として調理に使ったというママの声もありました。

卵液にたっぷりと浸す

20代ママ
離乳食中期にフレンチトーストを作るとき、普段食べている全粥のやわらかさを目安にしていました。卵液にパンをたっぷり吸わせると、この時期の赤ちゃんも食べやすいやわからい形状になりました。

赤ちゃんの食べやすさを考え、卵液にたっぷりと浸すこともポイントのひとつかもしれません。厚生労働省の資料によると、離乳食中期は豆腐くらいの舌でつぶせる硬さを目安とした形状にするとよいとされているようです。

しっかりと火を通す

30代ママ
離乳食期にフレンチトーストを作るとき、しっかりと火を通すことがポイントだと思います。生焼けの部分がないように弱火でじっくりと焼いてから食器に盛りつけるように意識しました。

フレンチトーストにしっかりと火を通すと、離乳食期の赤ちゃんにも安心して食べてもらうことができそうですね。ママのなかには、しっかりと加熱調理した後にフレンチトーストが固いと感じたときは、調乳した粉ミルクに浸してからあげていたという声も聞かれました。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

離乳食中期のフレンチトーストの作り方

実際に、ママたちに聞いた離乳食中期のフレンチトーストの作り方をご紹介します。

基本のフレンチトースト

フレンチトースト
iStock.com/ma-no
20代ママ
ボウルに卵黄と調乳した粉ミルクを入れ、よく混ぜます。食パンを1cm角に切り、中心分まで卵液が染みこむように浸します。低温のフライパンで両面をしっかりと焼いたら離乳食用のフレンチトーストの完成です。

卵黄と粉ミルクを使い、基本のフレンチトーストを作ったママがいるようです。食パンの白くてやわらかい部分だけを使うことで、離乳食中期の赤ちゃんも食べやすくなるかもしれませんね。

にんじん入りフレンチトースト

30代ママ
蒸してペースト状にしたにんじんと卵黄、調乳した粉ミルクをボウルに入れて混ぜて卵液を作ります。食パンの耳を落とし、2cm角に切って卵液に浸します。フッ素樹脂加工のフライパンで中心までよく焼いたら完成です。

にんじんペーストを混ぜてフレンチトーストを作ったママもいるようです。ほうれん草などの野菜ペーストを入れるときは、赤ちゃんが食べやすいようにかぼちゃやさつまいもなど甘みのある野菜もいっしょに混ぜて作るという工夫をしたというママの声もありました。

バナナペースト乗せフレンチトースト

40代ママ
耐熱容器につぶしたバナナと少量の調乳した粉ミルクを入れ、ラップをふんわりとかけて電子レンジで加熱します。バナナがジャム状になるまで混ぜ、焼いておいた基本のフレンチトーストの上にかけたら完成です。

バナナペーストを手作りし、デザート風のフレンチトーストにしたママもいるようです。季節によって旬の果物を使い、桃やりんごなどのジャムを作るとバリエーションも増えるかもしれませんね。

フレンチトーストを作るときにした工夫

ママたちに、離乳食期にフレンチトーストを作るときにした工夫を聞いてみました。

30代ママ
フレンチトーストを作るときは、栄養バランスを考えた献立を意識しました。緑黄色野菜や淡色野菜などフレンチトーストに使っていない食材でおかずやスープを作ると、いろいろな栄養がとれると思います。
20代ママ
離乳食中期は1回に食べる量が少なめなので、フレンチトーストをまとめて作ったときは冷凍保存していました。1食分ずつ小分けにして冷凍保存すると、温め直してサッと食卓に出せるので便利です。

栄養バランスを考えた献立や冷凍保存など工夫をしたママがいるようです。他にも、フレンチトーストを焼くときは蓋をして焼くと蒸し焼きのようになり、中心部までしっかりと加熱してもふっくら仕あがったというママの声もありました。

離乳食中期のフレンチトーストは食材や作り方を工夫して

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© yamasan - Fotolia

離乳食中期にフレンチトーストを作るとき、食べ慣れた卵黄だけを使うなどのポイントがあるようです。フレンチトーストをメインとした離乳食の日は、違う食材を使ったおかずなども用意するなど献立に工夫をしたママもいました。

フレンチトーストは冷凍保存もできるようなので、たくさん作ったときは小分けにして保存するのもよいかもしれません。離乳食期にいつからフレンチトーストを始めたかは、離乳食の進み具合によってさまざまなようなので、赤ちゃんの様子を見ながら少しずつ始められるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年6月17日時点で作成した記事になります。
※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年06月18日

おすすめユーザーのコメント
1
    Z
    離乳食でフレンチトースト… ステキな離乳食ですね

レシピの関連記事

カテゴリ一覧