ハロウィンのパーティーメニューのレシピや飾り付けのアイデアなど

ハロウィンのパーティーメニューのレシピや飾り付けのアイデアなど

子どもといっしょにハロウィンを楽しもう

ハロウィンにホームパーティーをするとき、簡単に手作りしやすいパーティーメニューや飾り付けのアイデアが知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、ハロウィンのホームパーティーは何をするのかや準備の仕方、折り紙などを使った飾り付けアイデアとパーティーメニューのレシピを体験談を交えてご紹介します。

ハロウィンのホームパーティーは何をする?

子どもといっしょにハロウィンにホームパーティーをしたいと考えるママやパパもいるようです。ハロウィンパーティーでは、どのようなことをするのかをママたちに聞いてみました。

30代ママ
ハロウィンにちなんだパーティーメニューを用意しました。かぼちゃを使った料理を作ると、簡単にハロウィンらしい雰囲気を演出できて子どももたくさん食べてくれましたよ。
40代ママ
ハロウィンパーティーの会場となるリビングを飾り付けしました。部屋を飾り付けすると、子どもも特別な気持ちになったようでホームパーティーを楽しんでくれました。

ハロウィンらしいパーティーメニューや飾り付けを用意したというママの声がありました。他にも、パーティーの途中でゲームをしたり、仮装した子どもに渡すためのお菓子を用意したりとパーティーの形式にあわせてさまざまな楽しみ方ができそうですね。

ハロウィンパーティーの準備

ママたちに聞いた、ハロウィンパーティーの準備の仕方をご紹介します。

簡単な仮装を用意する

30代ママ
パーティーをより楽しむため、簡単な仮装アイテムを用意しました。悪魔のツノをモチーフにしたカチューシャや魔女風のとんがり帽子をつけるだけでもハロウィンパーティーに参加している気持ちが高まり、よりパーティーを楽しめました。

簡単な仮装を用意すると、ハロウィンパーティーが盛り上がりそうですね。ママのなかには、エプロンタイプの仮装衣装を用意して子どもといっしょに料理の準備から楽しんだという声も聞かれました。

パーティーメニューを作る

ハロウィンの料理
© sasazawa - Fotolia
20代ママ
ハロウィンパーティーをするとき、料理も普段とは違った特別なメニューを用意しました。ジャック・オー・ランタンやおばけをモチーフにした料理は、子どもに大人気でたくさん食べてもらえました。

ハロウィンらしいパーティーメニューを作ったママがいるようです。パーティーに参加する人数にあわせて大皿に盛りつけたメインメニューを作ったり、小わけにしたカップサラダを用意したりと工夫するのもよいかもしれませんね。

ハロウィンパーティーの飾り付けアイデア

ママたちに、ハロウィンパーティーを盛り上げるような飾り付けのアイデアを聞いてみました。

ハロウィンモチーフの小物を使う

ハロウィンの飾り付け
iStock.com/fotostorm
40代ママ
ハロウィンモチーフの壁紙用ステッカーを使って飾り付けをしました。お城の周りにコウモリが飛んでいるデザインで、好きな場所に月やほうきに乗って飛んでいる魔女を貼ると簡単に壁面のデコレーションが完成しました。

壁紙用ステッカーを使うと、簡単にハロウィンの壁面飾りができるかもしれませんね。他にも、おばけをモチーフにしたガーランドやジャック・オー・ランタン風のペーパーファンを使って会場となる部屋を飾り付けたというママの声もありました。

ハロウィンカラーでテーブルコーディネートする

20代ママ
用意した食事をするスペースもハロウィンらしく飾り付けたいと思いました。オレンジ色のテーブルクロスに白色のランチョンマットを乗せ、黒色のコースターを用意するとハロウィンらしい色使いにコーディネートになりました。

オレンジや白と黒色を使い、ハロウィンらしいテーブルコーディネートを意識したママがいるようです。食器やカトラリーにもハロウィンカラーを取り入れると、パーティーがより盛りあがるかもしれませんね。

子どもと飾りを手作りする

30代ママ
折り紙を使い、子どもといっしょにハロウィンの飾りを手作りしました。折り紙でおばけや黒猫、ジャック・オー・ランタンを作り、リースに貼りつけて玄関に飾ると、ハロウィンパーティーに来てくれた友だちからも『かわいい飾りを作ったね』と好評でした。

子どもと折り紙でハロウィンのリースを手作りしたママもいるようです。折り紙を使ってクモの巣の切り絵を作り、端をつなげてガーランドにアレンジしたというママの声もありました。

ハロウィンのパーティーメニューのレシピ

実際に、ママたちが作ったハロウィンのパーティーメニューのレシピをご紹介します。

ジャック・オー・ランタンのミートパイ

30代ママ
フライパンでみじん切りにした玉ねぎとにんじん、豚ひき肉を炒めます。砂糖とケチャップ、塩コショウと粉末のコンソメで味つけをし、小麦粉を加えて肉ダネを作っておきます。パイ皿にパイシートを敷き、肉ダネを入れたら、目や鼻、口の部分をナイフで切り取ったパイシートを重ね、オーブンで焼けば完成です。

ジャック・オー・ランタンをかたどったミートパイを手作りしたママがいるようです。見た目の印象が強いことから子どもが喜ぶと考え、ハロウィンパーティーのメインメニューとして食卓の中央に配置したというママの声もありました。

かぼちゃのシチュー

20代ママ
子どもが食べやすい大きさに切った切った鶏モモ肉とかぼちゃと玉ねぎ、輪切りにして星の形に型抜きしたにんじんを鍋に入れて炒めます。水を加えて煮込み、シチューのルウを溶かします。お皿に盛りつけ、おばけの形に型抜きしたチーズを乗せたら完成です。

普段のレシピにアレンジを加え、かぼちゃのシチューを作るとハロウィンパーティーらしいメニューになりそうですね。ママのなかには、くり抜いた坊っちゃんかぼちゃをシチューの入れ物に使ったという声も聞かれました。

坊っちゃんかぼちゃのプリン

40代ママ
坊っちゃんかぼちゃの皮を洗い、水気のある状態のままラップに包んで電子レンジで加熱します。かぼちゃの上部を包丁で切り落としたら種とワタを取り除き、外皮から1cm程度残して実をくり抜きます。かぼちゃと牛乳、卵とコーンスターチをフードプロセッサーで混ぜ、かぼちゃの器に流して天板にお湯を張ったオーブンで焼いたら完成です。

坊ちゃんかぼちゃを器に使ったプリンのレシピもあるようです。当日他の準備がしやすいよう、パーティーの前日から仕込んでおいたというママの声もありました。

子どもとハロウィンパーティーを楽しもう

ハロウィンパーティー
iStock.com/monzenmachi

ハロウィンのホームパーティーの準備の仕方には、簡単な仮装や飾り付けの用意などがあるようです。ハロウィンの飾り付けのアイデアとして、子どもといっしょに折り紙で手作りのデコレーションを楽しんだママもいました。

ハロウィンモチーフにかたどるなど普段のレシピをアレンジするなどして、パーティーメニューを用意し、子どもとハロウィンパーティーを楽しめるとよいですね。

2019年05月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ