子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食後期のひらめはどう進める?レシピや冷凍保存方法を紹介

離乳食後期のひらめはどう進める?レシピや冷凍保存方法を紹介

離乳食後期にひらめを調理してあげようと考えたとき、形状や進め方の目安、子どもが食べやすい工夫などに悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省の資料を参考にしながら、離乳食レシピや冷凍保存できるレシピなどママたちの体験談を紹介します。

離乳食後期の進め方

離乳食後期になると多くのママは初期、中期の経験から離乳食を作ることも食べさせることにも慣れてきた頃でしょう。しかし、この時期になると子どもの方も食べ物の好き嫌いが出てきたり、手づかみ食べをしてくれないなど新しい悩みが出てくることもあるようです。

基本的な離乳食後期の進め方について、厚生労働省の資料を参考に紹介していきます。

離乳食後期はいつから?

厚生労働省の資料によると、生後9カ月から11カ月頃が離乳食後期とされています。授乳やミルクがメインではなくなる子が増え、1日3回食に進めていくなど、大人に近い食生活が始まる時期といえるでしょう。

調理形態は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)がよいようです。

離乳食の量の目安

離乳食後期の1回あたりの食事量の目安は以下の量とされています。

穀類:全がゆ90g~、軟飯80g
野菜・果物:30g~40g
魚:15g
肉:15g
豆腐:45g
卵:全卵1/2個
乳製品:80g

子どもの離乳食で困ったこと、わからないこと

離乳食で困ったこと

© ucchie79 - Fotolia

厚生労働省が出している資料の中には離乳食で困ったこととして、次のような内容が挙げられています。

食べるものの種類が偏っている / 28.5%

食べる量が少ない / 20.6%

食べるのをいやがる / 13.1%

作り方がわからない / 6.6%

(回答数:2722)

食べるものの種類が偏っていることや、食べる量が少ないことで困っている方が多いと出ています。他にも食べ物の好き嫌いが出てきて、今まで食べてくれたものをいやがり口を開けてくれない、食べ物に興味がなく自分から食べてくれないなどの声もありました。

離乳食でわからないこと

困ったことの次に、離乳食のことでわからないことについても厚生労働省が出している資料より紹介します。

食べる適量がわからない / 46.4%

食べさせてよいものがわからない / 15.6%

離乳の進め方がわからない / 14.9%

離乳食の作り方がわからない / 9.0%

(回答数:5223)

食べる適量がわからないと困っている方が一番多く、次に食べさせてよいものがわからないと悩んでいる方が多いようです。他に1日3回の離乳食になったことで、栄養が足りているのかどうか心配になってしまうという意見もありました。離乳食後期は手づかみ食べや、噛む練習など、時期に応じたレシピや食べさせ方を意識し始めたママの悩みが増える時期かもしれません。

魚を離乳食に取り入れるときは、白身魚から始め、次に赤身魚、青皮魚と順に進めていくとよいでしょう。白身魚のひらめは、下ごしらえや冷凍保存がしやすいようで、初期の頃から取り入れているママもいるようです。ひらめを食べやすくするため、ママたちはどのようなアレンジレシピを離乳食に取り入れているのでしょう。

離乳食の後期のひらめのアレンジレシピ

離乳食後期の頃に、ママたちはどのようにしてひらめを調理していたのでしょうか。レシピの工夫やアレンジ方法などを3つご紹介します。

ひらめとチーズのじゃがいももち

「食べることに興味がないようで、後期に入ってもなかなか自分からは手がのびず、手に持たせてもすぐに離してしまうので、手づかみ食べのきっかけになるようなレシピはないかと悩んでいました。そこで、子どもの手とサイズが合っていないので持ちにくいのではないかと考え、子どもが持ちやすいように小さめの小判型に成形してひらめとチーズのじゃがいももちを作ってみました。

じゃがいもを茹でてやわらかく潰したところに、茹でてほぐしたひらめと小さく切ったベビーチーズ、片栗粉、青のり、少量の塩を加えてよく混ぜ、小さく小判型に成形してフライパンで両面を焼いたら出来上がりです。

子どもに持たせてみると、持ちやすかったのか手から離すこともなく自分の口に運んでいました。自分から手をのばして次を食べ始め、手づかみ食べのきっかけになったようです。子どもが食べたいタイミングですぐに加熱してあげられるように、多めに焼いておき1つずつラップで包んで冷凍保存していました」(20代ママ)

厚生労働省の資料でも、手づかみ食べを重要としています。食べ物を目で確かめて、手指でつかんで、口まで運び口に入れるという目と手と口の協調運動により、スプーンやフォークを上手に使えるようになるようです。

ひらめのトマトグラタン

© Paylessimages - Fotolia

「初期の頃から魚の臭みが気になるのか、食感が好きではないのか、魚をあげても口から出してしまい食べてくれません。どう調理したら子どもが食べてくれるのかわからずに悩んでいました。そこで、子どもが気に入ってよく食べてくれるレシピの中に魚を入れてみてはどうかと考え、普段は鶏のささみを使うトマトグラタンをひらめに変えて作ってみました。

電子レンジで加熱した玉ねぎと湯剥きして種を取り小さく切ったトマトをバターで炒め、薄力粉を加えてさらに炒めたら、牛乳を入れて中火でゆっくりとろみを付け、そこに茹でてほぐしたひらめを加えてよく混ぜたら、小さな耐熱皿に入れとろけるチーズをのせてオーブンで焼いたら完成です。

子どもにあげてみると、チーズの風味とホワイトソースに絡めたことで魚の臭みも食感も気にならなかったようで、いやがることもなくパクパク食べてくれました」(30代ママ)

ひらめのお好み焼き

「自分で手づかみ食べををすると口に詰め込みすぎてしまい、飲み込めず口から出してしまうことがありました。1口量を覚えていくにはどんなレシピで作ったらいいのかわからず悩んでいました。そこで、少し大きめに形のあるものならばかじりとって1口量で食べてくれるのではないかと考え、お好み焼きを少し大きめに作ってみました。

ボウルに薄力粉とだし汁を入れよく混ぜて茹でてほぐしたひらめと、小さく切り電子レンジで加熱したにんじん、きゃべつ、玉ねぎと青のり、少量の塩を加えてよく混ぜフライパンで両面をよく焼いて完成です。

すぐに手をのばしましたがいつもの小さなお好み焼きではなく、大人の手のひらサイズくらいに作ったので1口では口に入りきらず、かじりとって口を動かし噛んで食べ始めました。お好み焼きは子どもが食べたいタイミングで待たせることなく出せるように、1食分ずつ保冷パックに入れ冷凍保存していました」(20代ママ)

子どもは前歯が生えるにしたがって、前歯でかじりとって1口量を学習していくようです。舌と上あごでつぶせないものを歯ぐきの上でつぶすようになるので、食事中の子どもの様子を見ながら硬さを調節できるとよいでしょう。

厚生労働省の資料に乳歯が生え始める時期の平均についてはこのように書かれています。

・下の歯
 :男子8カ月(±1カ月)
 :女子9カ月(±1カ月)

・上の歯
 :男女10カ月(±1カ月)

離乳食は様子をみながら進めていこう

© aijiro - Fotolia

離乳食後期になると、多くの食材を使って調理できるようになります。ひらめなどの白身魚は加熱調理するとパサつきやすいですが、他の食材といっしょに調理することで食べにくさを解消できるようです。子どもがまだ食べ慣れていないうちは、とろみをつけるなどして食べやすいように工夫できるとよいかもしれません。

この時期は3回食になり、1回の食事量も増える時期ですので冷凍できるレシピを活用して、ひらめを離乳食に取り入れていけるとよいですね。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省

※記事内で使用している参照内容は、2018年2月27日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2018年02月28日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧