子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2018年07月02日

ハロウィンのかわいいご飯やおかずのレシピ。かぼちゃを使ってパーティーしよう

ハロウィンのかわいいご飯やおかずのレシピ。かぼちゃを使ってパーティーしよう

ハロウィンパーティーに、子どもが喜ぶかわいいご飯を作りたいママもいるかもしれません。今回は、かぼちゃを使ったハロウィンのかわいいご飯やおかずのレシピと、簡単にパーティーらしいご飯を作るコツをママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもと食べたいハロウィンのレシピ

ハロウィンに、家族や友だちとパーティーをしたいと考えるママもいるのではないでしょうか。子どもといっしょに食べられるかわいいご飯やおかずのレシピが気になるママもいるかもしれません。実際に、ママたちはハロウィンパーティーをしたとき、どのようなご飯やおかずを作ったのでしょうか。

ハロウィンのメインに作りたいご飯のレシピ

ハロウィンパーティーのメインには、子どもでも食べやすいかわいいご飯を作りたいママもいるかもしれません。実際にママたちが作ったかわいいご飯のレシピをご紹介します。

坊ちゃんかぼちゃのグラタン

© sasazawa - Fotolia

「坊ちゃんかぼちゃをラップで包み、電子レンジで加熱します。かぼちゃの上部を切り、種とワタを取り出します。茹でたマカロニとホワイトソース、炒めて塩とコショウをした玉ねぎとベーコンを混ぜ、かぼちゃの中に詰めてから、ピザ用チーズを乗せ、オーブンで焼き色がつくまで焼いたら完成です」(30代ママ)

坊ちゃんかぼちゃ丸ごと使ってグラタンを作ったママもいるようです。かぼちゃの側面を目や鼻、口に見立てた切り込みを入れ、ジャック・オー・ランタン風のかぼちゃでグラタンを作ったというママの声もありました。

ハロウィン手まり寿司

「ラップにサーモンのお刺身とご飯を乗せ、ラップの四隅を集めるように丸く包みます。ラップを外し、サーモンが上になるようにお皿に乗せ、のりで作った目と鼻と口をつけたらジャック・オー・ランタン風の手まり寿司の完成です」(20代ママ)

手まり寿司をハロウィン風にアレンジしたママもいるようです。サーモンをスライスチーズに変え、のりで作ったコウモリや黒猫をつけてもかわいい手まり寿司ができるかもしれませんね。

おばけのオムライス

「鶏肉と玉ねぎを炒め、塩とコショウで下味をつけます。ご飯とケチャップを加えて炒め、チキンライスを作ります。チキンライスを小さめのコップに詰めて、お皿の上でひっくり返します。大きめに作った薄焼き卵をかぶせ、のりで作った目と口をつけたら完成です」(40代ママ)

普段のオムライスをアレンジしておばけのオムライスを作ったママもいるようです。カニカマで作ったリボンをつけたり、ハムを丸く切ったほっぺをつけたりして、かわいいおばけにすると、子どもも喜んだというママの声もありました。

ハロウィンで子どもが喜ぶかわいいおかずのレシピ

© sasazawa - Fotolia

ハロウィンパーティーをするときは、子どもが喜ぶかわいいおかずのレシピが気になるママもいるのではないでしょうか。ハロウィンパーティーに作ったかわいいおかずのレシピをママたちに聞いてみました。

クモの巣のオードブル

「小さく切ったきゅうりとチーズ、2等分したミニトマトをピックで刺してピンチョスを作ります。お皿にマヨネーズでクモの巣を描き、ピンチョスをランダムに乗せたら完成です」(20代ママ)

クモの巣を描いたお皿にピンチョスを盛りつけてハロウィンを演出したママもいるようです。クモの巣を描くときは、絞り口が細いタイプのマヨネーズを使うと、細かい部分も描きやすくなるかもしれませんね。

おばけのミニアメリカンドッグ

「ミニサイズのウインナーに小麦粉をまぶし、竹串に刺しておきます。ホットケーキミックスと牛乳を混ぜて生地を作ります。竹串を持ってウインナーに生地をつけ、油で揚げ、ケチャップでおばけの顔を描いたら完成です」(30代ママ)

おばけをモチーフにしたアメリカンドッグを作ったママもいるようです。小さめのウインナーを使ってミニサイズにすると、子どもの小さな手でも持ちやすく、食べやすそうだったというママの声もありました。

一口かぼちゃサラダ

「蒸したかぼちゃをつぶし、塩と粉末のコンソメ、クリームチーズを混ぜあわせてかぼちゃサラダを作ります。ラップに一口サイズのかぼちゃサラダを乗せ、茶巾絞りのように包みます。お皿に乗せて、蒸したかぼちゃの皮で顔を作り、ジャック・オー・ランタン風にデコレーションしたら完成です」(40代ママ)

ジャック・オー・ランタン風のかぼちゃサラダを作ったママもいるようです。かぼちゃサラダが硬めでまとまりにくい場合には、牛乳を少量加えたというママの声もありました。

簡単にパーティーらしいご飯やおかずを作るコツ

Anastasia_Panait/Shutterstock.com

普段のご飯やおかずのレシピを使って、簡単にパーティーらしいご飯やおかずを作ることはできるのでしょうか。ハロウィンパーティーのご飯やおかずを簡単にかわいく作るコツをママたちに聞いてみました。

型抜きをする

「おばけや猫の型でチーズを型抜きし、サラダに乗せました。簡単にハロウィンらしいかわいい見た目になり、子どもも喜んでくれました」(40代ママ)

「ご飯用のジャック・オー・ランタンの型を使いました。ケチャップを混ぜたご飯を型に入れておにぎりを作ると、子どもがたくさん食べてくれました」(20代ママ)

ハロウィンモチーフの型を使ってハロウィンパーティーのご飯やおかずを作ったママもいるようです。型を使うと、普段のレシピでも簡単にハロウィンらしく演出できるかもしれませんね。

絵を描いてデコレーションする

「大きめのお皿の右側にケチャップやマヨネーズで魔女や猫の絵を描きました。左側にご飯やおかずを盛りつけ、ワンプレートにして食卓に出すと子どもが喜んで食べてくれました」(30代ママ)

「オムライスにケチャップでジャック・オー・ランタンの絵を描きました。家にあるものでハロウィンのかわいいデコレーションができたので簡単でした」(20代ママ)

家にある材料で、かわいいハロウィンのデコレーションをしたママもいるようです。子どもに描いて欲しい絵のリクエストを聞いたり、子どもといっしょに絵を描いたりすると、パーティーの準備も盛り上がったというママの声もありました。

ステンシルシートを使う

「パンケーキにコウモリのステンシルシートをあて、ココアパウンダーをかけました。子どもも『かわいいね』と言って完食してくれました」(30代ママ)

「お皿に端に魔女のステンシルシートを乗せ、ココアパウンダーをかけました。サンドイッチを盛りつけると、かわいいハロウィンプレートになりました」(40代ママ)

ハロウィン用のステンシルシートを使うと、簡単にかわいいデコレーションができたというママの声もありました。かぼちゃやほうれん草など野菜パウダーを使うと、カラフルでかわいいデコレーションができるかもしれませんね。

ハロウィンにかわいいご飯やおかずを作ろう

iStock.com/yumehana


ハロウィンパーティーをするとき、子どもが喜ぶかわいいご飯やおかずを作りたいと考えるママもいるかもしれません。かぼちゃを使ったり、ハロウィンらしいモチーフを取り入れたりすると、普段のレシピを少しアレンジするだけでもハロウィンらしいご飯やおかずを作れるようです。子どもが喜ぶ姿を想像しながら、ハロウィンパーティーのかわいいご飯を作ってみてはいかがでしょうか。

レシピの関連記事
カテゴリ一覧