子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食はいつから?パスタの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食はいつから?パスタの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食のパスタはいつから始めればよいのか、離乳食初期・中期・後期・完了期別に解説していきます。

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。今回はパスタです!

パスタを離乳食で始める前に

パスタを離乳食に取り入れるときは、離乳食の初期はつぶしてお粥状にしたり、完了期頃には手づかみで食べられたりと、とても便利な食材となりそうです。パスタのような穀類は、離乳食完了期には95.5%の方が取り入れているようです。

いつから食べさせてよい?

パスタはいつから離乳食に使用できるのでしょう?厚生労働省の資料によると、パスタのような穀類は、離乳食初期の5〜6カ月頃から子どもに与えられているようです。

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

進め方の目安

離乳食初期(5~6カ月)

食事のタイミングは、体調やご機嫌がよいなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。厚生労働省の資料によると30.8%のママがこの時期に、パスタのような穀類を離乳食で与えているようです。

離乳食中期(7~8カ月)

離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。厚生労働省の資料によると72.2%のママがこの時期に、パスタのような穀類を離乳食で与えているようです。

離乳食後期(9~11カ月)

生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。厚生労働省の資料によると91.2%のママがこの時期に、パスタのような穀類を離乳食で与えているようです。

離乳食完了期(12~18カ月)

1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つと言えそうです。厚生労働省の資料によると、95.5%のママがこの時期に、パスタのような穀類を離乳食で与えているようです。

出典:「Ⅱ離乳編」/厚生労働省

目安の量

調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態
子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる固さ(豆腐くらい)
1回当たりの目安量は50~80g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる固さ(バナナくらい)
1回当たりの目安量は80~90g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める固さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)
1回当たりの目安量は80~90g

パスタを使った離乳食のメニュー例

離乳食のパスタのメニュー
Holly Vegter/Shutterstock.com

ナポリタン風パスタ

「7カ月頃に、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、ベーコンを細かく切り、鍋で炒めてから水を足して子どもが食べられる長さに砕いたパスタを入れ、やわらかくなるまで煮込みます。最後に少量のトマトケチャップで味付けをしたナポリタンを作っていました。ケチャップの味がおいしかったようで、喜んで食べていました」(30代ママ)

離乳食初期の後半~中期の子どもがお粥や野菜に慣れてくる頃にパスタを与えているママが多くいました。子どもの離乳食の進み具合を見ながらパスタの長さを決めているようです。

野菜とペンネのクリーム煮

「17カ月頃に、鍋にお湯を沸かし、にんじん、ほうれん草、白菜、やわらかく茹でたペンネを入れて煮込み、そこに顆粒のホワイトシチューと牛乳を入れていました。途中まで大人用といっしょに作ってしまえば時短になります。子どももシチューの味が好きなようで、喜んでいました」(20代ママ)

完了期にはペンネを切らずに、そのまま調理しても食べられる子どもが増えるようで、使っているママが多くいました。

保存方法

初期・中期

「パスタをやわらかめに茹でてすりつぶしたものや細かく切ったものを、小分けにして冷凍保存しています。解凍も電子レンジででき、スープに入れる場合は冷凍のまま簡単に調理することができて離乳食メニューも一気に増えました」(20代ママ)

離乳食が始まった頃の初期・中期は1日の食事の回数や、1回の量も多くないので、冷凍保存しても多く作らなかったという声もありました。

後期・完了期

「やわらかめに茹で、小分けにして冷凍保存していました。手づかみ食べが始まったので、手でつかんで食べやすい大きさに切ってから茹でておくと、解凍してから切らずにすむので、料理のときに時短になりました」(30代ママ)

調理が手早くできるように、手づかみ食べをしやすい状態にしてから保存をして、食事のときに子どもを待たすことなく出せるように工夫しているママもいるようです。

気をつけていた点

パスタの選び方

「使うパスタを初期~中期は細いサラダパスタ、後期~完了期は手でつかみやすいペンネなど、離乳食の時期によって変えていました」(40代ママ)

パスタには太さによって茹で時間が違い、長さもさまざまな種類があるようです。子どもが食べやすいパスタを考えて選んでいるママがいました。

調理時

「中期~後期は、茹でてから子どもが食べやすい大きさに切ると時間がかかってしまうので、パスタを短めに折ってから茹でていました」(30代ママ)

「離乳食用なので、パスタを茹でるときに塩を使わないように気をつけています」(20代ママ)

離乳食を進めるときに、子どもの様子を見ながら食べやすいように簡単な工夫をしているママが多いようです。

パスタを離乳食に取り入れてみよう

パスタを食べる赤ちゃん
Baby foto/Shutterstock.com

パスタは離乳食初期・中期・後期・完了期のいつからでも使える食材です。穀類になるので主食として使えますが、子どもの様子を見ながらお粥の離乳食とのバランスを見て作ってみるとよいかもしれません。食べ方にも初期~完了期までにさまざまな食べ方があるので、レシピを工夫すれば、子どもも飽きることなく食べてくれそうですね。完了期にはパスタを手づかみで食べることもできるようになるかもしれません。自分で口に運んで食べることができる食事の楽しさを体験させてあげてはいかがでしょう。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2017年12月1日時点で作成した記事になります。

2017年12月01日


0
レシピの関連記事
カテゴリ一覧