子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

離乳食はいつから?ぶりの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食はいつから?ぶりの離乳食時期別の進め方とアイディア

離乳食のぶりはいつから始めればよいのか、離乳食初期・中期・後期・完了期別に解説していきます。

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。

厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、いつから離乳食に取り入れたのか、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。今回はぶりです!

ぶりを離乳食で始める前に

離乳食に魚を取り入れるときは、白身から始め、次に赤身、青皮魚と順に進めていくとよいようです。赤身魚に分類されるぶりは離乳食後期以降で取り入れていくママが多く、完了期には53.4%のママが取り入れているようです。

いつから食べさせてよい?

ぶりはいつから離乳食に取り入れらえるのでしょうか。厚生労働省の資料によると、ぶりを含む赤身魚は、離乳食後期の9~10カ月頃に与え始めているママもいるようです。白身魚に慣れてきてから徐々に使い始めるのがよさそうです。

離乳食の開始時期の目安としては、

・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた
・食物に興味を持つようになってきた
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる

などがあげられるようです。

進め方の目安

離乳食初期(5~6カ月)

食事のタイミングは、体調やご機嫌がよいなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める時期でしょう。厚生労働省の資料によると0.1%のママがこの時期に赤身魚を離乳食で与えているようです。

離乳食中期(7~8カ月)

この時期から1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。また、いろいろな味や舌ざわりを楽しめるよう、食品の種類を増やしていく時期で、厚生労働省の資料によると6.9%のママがこの時期に赤身魚を離乳食で与えているようです。

離乳食後期(9~11カ月)

生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。厚生労働省の資料によると29.7%のママがこの時期に離乳食で赤身魚を与えているようです。

離乳食完了期(12~18カ月)

1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つと言えそうです。厚生労働省の資料によると53.4%のママがこの時期に離乳食で赤身魚を与えているようです。

出典:Ⅱ離乳編/厚生労働省
離乳食
©clip-photo-Fotolia

目安の量

調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。

離乳食初期(5~6カ月)

調理形態の目安は、なめらかにすりつぶした状態

子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始める

離乳食中期(7~8カ月)

調理形態の目安は、舌でつぶせる硬さ(豆腐くらい)

1回当たりの目安量は10~15g

離乳食後期(9~11カ月)

調理形態の目安は歯ぐきでつぶせる硬さ(バナナくらい)

1回当たりの目安量は15g

離乳食完了期(12~18カ月)

調理形態の目安としては、歯ぐきで噛める硬さ(肉団子や茹で卵の白身くらい)

1回当たりの目安量は15~20g

ぶりを使った離乳食のメニュー例

ぶりのバターソテー

「離乳食後期の頃、お刺身のぶりを極少量のバターでソテーし、ほぐしてみました」(30代ママ)

お刺身は少量ずつ使いやすく、また骨も少ないことから、選んで利用したママもいるようです。

ぶりの一口おにぎり

「完了期の頃、白米をなかなか食べてくれなくなったので、茹でたぶりの身をほぐし、ごはんと混ぜて一口大のおにぎりにしてあげました。子どもは魚が好きだったので、食べ出すとパクパクと食べてくれました。手づかみで食べる練習にもなりよかったです」(30代ママ)

子どもがあまり食べてくれない食材は、好きな食べ物と組み合わせたり、子どもが自分で食べたくなるように工夫してみてもよいかもしれません。

保存方法

初期・中期

「9カ月の中期の頃、ぶりの身をすりつぶしたものやほぐしたものを、小分けにして冷凍していました」(30代ママ)

離乳食が始まった頃の初期・中期は1日の食事の回数や、1回の量も多くないので保存はせず、大人の食事の味付け直前に、子どもの分だけ取っていたという声もありました。

後期・完了期

「蒸したぶりの切り身を3、4等分にしてラップに包み、冷凍保存しました。後期は食べる前にほぐし、完了期は手づかみ食べの練習になるよう、ほぐさずにあげました」(30代ママ)

あえて手づかみ食べしやすい大きさにしておくと、子どもが自分で食べる楽しさを発見できるかもしれません。安全のために骨の確認をし、子どもが食べているときに目を離さないようにした方がよいでしょう。

気をつけていた点

下ごしらえ

「最初に食べたときぶりの血合いは苦味があったのか、口から出してしまいました。それからしばらくは、下ごしらえのときに皮や骨といっしょに血合いも取っていました」(30代ママ)

ぶりの血合いは、子どもによっては苦手に感じてしまう子もいるようです。食べ始めの頃は、骨や皮だけでなく血合いも取り除いてもよいかもしれません。

調理法

「子どもには薄味がよいと聞き、離乳食初期から完了期まで味付けはせずに、『ぶり』そのものの味を生かしていました」(30代ママ)

味付けしないママもいるようですが、子どもの反応を見ながら少しずつ味付けしてもよいかもしれません。

ぶりを離乳食に取り入れてみよう!

あかちゃんのごはん
happybas/Shutterstock.com

ぶりは離乳食後期・完了期から使える食材で、白身魚に慣れてきた頃から始めるとよさそうです。血合いの苦味が気になる子どもがいそうなので、与え方や与える時期など工夫した方がよいかもしれません。

離乳食の時期が進めば、大人のメニューから取り分けて調理することもできるでしょう。家族と同じようなメニューをいっしょに食べることで食事の楽しさを伝えてあげられるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2017年11月24日時点で作成した記事になります。

2017年11月27日

レシピの関連記事
カテゴリ一覧