子育て家族が喜ぶ夕食レシピ。夕食の時間がバラバラなときの工夫など

子育て家族が喜ぶ夕食レシピ。夕食の時間がバラバラなときの工夫など

家族で楽しく夕食をとるための工夫

子育て世帯の夕食作りをするとき、家族全員が喜んで食べてくれるメニューを作りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、家族の夕食作りで意識したことや家族が喜ぶ夕食レシピ、外食に行くなど夕食の時間が家族でバラバラな場合の工夫を体験談を交えてご紹介します。

子育て中の家族の夕食のとり方

毎日の食事作りをしていると、家族で楽しく夕食をとりたいと考えるママもいるのではないでしょうか。パパの帰宅時間が遅い場合、夕食をいっしょにとれないこともあるかもしれません。ママたちに、子育て中の家族の夕食のとり方を聞いてみました。

20代ママ
うちの子は、保育園から帰宅すると『お腹が空いた』と言うので、早めに夕食を食べるようになりました。夫が帰宅するまでの間に夕食と入浴を済ませ、夫は1人で夕食をとっています。
40代ママ
我が家は、朝の時間がバラバラなので夕食は家族全員で食べるルールを作りました。どんなに仕事が忙しくても、夕食の時間までには帰宅することを目標にがんばっています。
子育て中の家族の夕食のとり方は、家族といっしょやバラバラな時間帯などさまざまなようです。上の子の習い事がある日は、上の子、下の子とママ、パパの3回わかれて夕食をとっているというママの声もありました。


家族の夕食作りで意識したこと

子育て中の家族の夕食を作るとき、どのようなことを意識しているのでしょうか。ママたちに聞いた家族の夕食作りで意識したことをご紹介します。

家族の好物を1品作る

キッチン
iStock.com/undrey
20代ママ
家族に喜んでもらいたいという気もちから、夕食には家族の好物を1品以上作っています。家族で共通する好物をメインのメニューにすると、みんながニコニコしながら完食てくれる様子が励みになりました。
家族の好物を1品作ることを意識して夕食作りをするママがいるようです。ママのなかからは、食べたいメニューのリクエストを家族に聞いて、夕食の献立を考えているという声も聞かれました。

家族全員が食べやすい味つけにする

40代ママ
一番下の子どもが大人や上の子と同じものを食べたがることもあるので、家族全員が食べやすい味つけを心がけています。下の子は、自分もみんなと同じお皿から盛りつけてもらうと満足したように嬉しそうに食べてくれました。
家族全員が食べやすい味つけにすると、小さな子どもが欲しがったときにも取りわけやすいかもしれません。おかずは家族全員が食べやすい味つけにし、大人用には唐辛子やサルサソースなどを別のお皿に用意してディップしているというママの声もありました。

家族が喜ぶ夕食レシピ

子育て中の家族が喜ぶような夕食のレシピが知りたいママもいるようです。ママたちに聞いた、家族が喜ぶ夕食レシピをご紹介します。

煮込みハンバーグ

30代ママ
ひき肉とみじん切りにした玉ねぎ、卵とパン粉をボウルに入れ、牛乳と塩コショウを加えてよく混ぜます。小判型に成形し、熱したフライパンで両面焼き目がつくまで焼き、上から小麦粉かけます。水と顆粒コンソメ、ケチャップとウスターソース、砂糖を混ぜてから加えます。途中でひっくり返しながら、弱火で煮込んだら完成です。
家族が喜ぶ夕食レシピとして、煮込みハンバーグを紹介してくれたママがいました。ソースをトマト系やクリーム系にするなどアレンジを加え、バリエーションを増やすのもよさそうです。

鮭フライ

鮭フライ
© sum41 - Fotolia
40代ママ
食品用のポリ袋に小麦粉と鮭を入れ、袋の口を閉じてふり、鮭全体に小麦粉をまぶします。余分な粉を落とした鮭を溶き卵にくぐらせます。粉チーズを混ぜたパン粉を全体にまぶし、油で揚げたら完成です。
揚げたての鮭フライを家族が喜んで食べてくれたというママの声がありました。子どもには甘めの味つけにしたタルタルソースを、大人用には少し辛味のあるサルサソースを用意するなど、ソースで味の変化をつけるのもよいかもしれませんね。

チーズ入りかぼちゃサラダ

20代ママ
かぼちゃの種とワタを取り水にくぐらせてからラップで包みます。電子レンジで加熱し、かぼちゃの皮を取りのぞきます。かぼちゃをボウルに入れて粗めにつぶし、マヨネーズと砂糖、牛乳を入れてよく混ぜます。角切りにしたクリームチーズを入れたら完成です。
つけあわせ料理として、チーズを入れたかぼちゃサラダを作ったママもいるようです。ママのなかには、レーズンやきゅうりなど家族の好きな食材を入れてアレンジしたという声も聞かれました。

夕食の時間が家族でバラバラな場合の工夫

家庭の環境によっては、夕食をとる時間が違う家族もいるようです。ママたちに、夕食の時間が家族でバラバラな場合の工夫を聞いてみました。

温め直しやすい献立にする

30代ママ
夫の帰宅時間が遅いので、温め直しやすいメニューを考えました。カレーや肉じゃがなど煮込み料理は、夫が食べる量をお皿に盛りつけて電子レンジで簡単に温め直しやすいのでよく作ります。
夕食が2回や3回になる場合、煮込み料理なら温め直しやすいようです。ママのなかからは、揚げ物はトースターで温め直すと、水分が飛んで揚げたてのようにカラッとした仕あがりになったという声も聞かれました。

週に1度は家族全員で夕食をとる

40代ママ
我が家では、毎週日曜日は家族で夕食をとろうと決めました。夫婦や子どもたちに予定がある場合は、外で待ちあわせて外食をすることもあります。
普段は家族がバラバラの時間帯に夕食をとっていても、週に1度は全員集まる決まりを作ったママもいるようです。家族が順番に1週間の出来事を伝えるなど、話題もつきないというママの声もありました。

家族が喜ぶ姿を想像して夕食を作ろう

料理を盛り付ける親子
iStock.com/JohnnyGreig

子育て中の家族の夕食のとり方は、家庭によって食べる時間がバラバラになることもあるようです。家族の夕食作りで意識したこととして、家族の好物を作ったり全員が食べやすい味つけにしたりと工夫するのもよいかもしれません。

家族が喜ぶ夕食レシピとして、煮込みハンバーグや鮭フライなどを作ったママもいました。夕食の時間が家族でバラバラな場合、週に1度は家族全員で夕食をとるよう心がけるなど工夫して、家族で楽しい夕食の時間をすごせるとよいですね。

2019年09月01日

グルメの関連記事

カテゴリ一覧