抱っこ紐を使うとき上着はどうする?選び方やママたちの着こなし

抱っこ紐を使うとき上着はどうする?選び方やママたちの着こなし

上着の上から着るときの特長とは

冬場や春先など寒い日の赤ちゃんとのお出かけに、上着の上から抱っこ紐をしていると動きづらく、どうするとよいかと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。今回の記事では、主に抱っこかおんぶかなど上着を選ぶときのポイントや、上着を着るときに意識したいことなどについて、体験談を交えてご紹介します。

抱っこ紐を使うときの上着事情

寒い日の赤ちゃんとのお出かけでは、抱っこ紐を使いながら上着を着ているママやパパもいるのではないでしょうか。

ママたちに聞いてみると、上着の中に抱っこ紐をしていると、冬場は赤ちゃんとくっついていて暖かいが、肩が張って腕が動かしづらいのでどうするとよいのか気になると感じている声がありました。

春先は上着が薄手の日が多いため上着の上から抱っこ紐をつけていると、その都度抱っこ紐のベルトを調節しなくてはならないことが気になるため、どのような上着を選ぶとよいのか知りたいというママもいるようです。

そこで今回は、実際にママたちはどのように上着を着たり選んだりしているのか、体験談を交えてご紹介します。

抱っこ紐は上着の上と下どちらにつけている?

上着
leungchopan/Shutterstock.com

抱っこ紐を使うとき、ママやパパと赤ちゃんが暖かくすごせるようにするには、どのように上着を着たらよいのか考えている方もいるのではないでしょうか。抱っこ紐を使うときの上着はどう着ているか、ママたちに聞いてみました。

上着の上から

30代ママ
車に乗り降りする機会が多いのでどうするとよいか考えて、私も娘も上着を着てから抱っこ紐を使うようになりました。冬場など車の中が冷えているときは、上着を着たまま乗ることもあるので一回一回脱ぐ手間が省けます。
車の乗り降りが頻繁にある場合は、上着の上から抱っこ紐をつけると楽に移動ができるかもしれませんね。春の暖かくなる頃までは上着が厚くてベルトが留めにくいと感じたため、夫にベルトを留めてもらったり、後ろ向きで鏡を見ながら留めたりしているというママの声もありました。

上着の中に

20代ママ
息子が生後2、3ヶ月の頃は家の中でも抱っこ紐を使うことがあったので、外出するときはそのまま上着を着て、赤ちゃんを上着の中に入れて出かけていました。赤ちゃんを降ろさずに上着を着られるので、上着の中に抱っこ紐をつけていることが多いです。
家の中で抱っこ紐を使うことがあるママは、抱っこ紐の上から上着を着て出かけることもあるようです。赤ちゃんがよく寝る時期であったり上着の脱ぎ着が多かったりする方は、上着の中に抱っこ紐をつけるとよいかもしれませんね。

抱っこ紐を使うときの上着を選ぶポイント

抱っこ紐を使いながら着る上着を選ぶときに、ママたちがポイントとしていることを聞いてみました。

抱っこやおんぶの頻度

30代ママ
うちは兄の保育園の送迎で自転車を使っていて、下の子が生まれてからは送迎をどうするか悩んでいました。私が住んでいる地域では、おんぶであれば抱っこ紐で自転車に乗せてもよいとわかったのでおんぶのときでも使えるよう、春用にケープタイプの上着を購入しました。
抱っこ紐は主に抱っことおんぶ、どちらで使う機会が多いかを考えて上着を選んだママがいるようです。ママのなかからは、抱っこやおんぶした状態で着られるダッカーつきのママコートを購入したという声も聞かれました。

自転車を乗るときにつけられる抱っこ紐や着用しながら走ってもよいかは、メーカーや地域によって異なるようなので、確認してみるとよいかもしれませんね。

体が動かしやすいか

上着選び
leungchopan/Shutterstock.com
20代ママ
もともと肩こりがひどく上着を着ると痛みが増すこともあったので、どうするか考えていたところ、軽くて肩や腕が動かしやすい上着にするとよいのではと友だちに言われました。それから軽めの上着を選ぶようにしています。
ママへの負担や体の動かしやすさを考えて、軽めの上着を選んでいるというママもいました。肩こりを抱えるママからは、軽い素材でできたダウンジャケットは肩に負担があまり無い上に暖かくて、冬は重宝していたという声もありました。

長く使えるか

30代ママ
妊娠中のお腹が大きくなってきた頃に、上着をどうするかと悩んでいて、産前から産後あたりまで長く使えるような大きめのコートを見つけました。お腹周りが広い作りだったので、11月の出産でしたが、10月から2月頃まで着られました。
妊娠中から産後まで長く使えるような、胴回りが広めのコートを選んだというママもいるようです。ママのなかからは、肩を落としたデザインのドロップショルダータイプの上着も、3月から6月の産前産後の期間は着られたという声も聞かれました。

他にも、夫の上着はサイズが大きく、抱っこ紐をしてもジッパーが上の方まで閉められたので、新しい上着は購入せずに夫の上着を着ていたというママの声も聞かれました。

抱っこ紐をして上着を着るときに意識したいこと

抱っこ紐をして上着を着るとき、ママやパパはどのようなことを意識しているのでしょうか。

ママも赤ちゃんも温かくする

20代ママ
私の住む地域では、春先でも寒くてダウンコートが必要なくらいの日があります。上着の上から抱っこ紐をつけるときは、赤ちゃんも寒くないよう、上着を着せたり足元にはレッグウォーマーをつけたりして、お互い冷えないような対策をしています。
地域によっては春になっても、寒い日が続くことや昼夜で寒暖差が大きいこともあるかもしれません。ママやパパだけでなく赤ちゃんも寒さを感じないよう、特に足元や首元に気をつけているというパパの声もありました。

抱っこ紐のベルトをつける

30代ママ
ダウンジャケットの上から抱っこ紐をつけていたら、肩ひもがすべって片側が落ち、赤ちゃんが不安定になってしまうことがありました。背中のベルトがゆるかったようで、それ以来ベルトの調節やベルトがきちんとついているか確認するようになりました。
抱っこ紐をつけたときに、全てのベルトがついているか確認を忘れずにすることで、安心して赤ちゃんとの外出ができそうです。

他にも、なで肩のママは上着の上から抱っこ紐をつけると下がってきてしまうことがあったため、上着の中でつけるようにするなどベルトが正しい位置でつけられるように工夫しているそうです。

赤ちゃんが暖かくすごせるようにしよう

赤ちゃん
zhu difeng/Shutterstock.com

抱っこ紐をしながら上着を着るとき、抱っこ紐を上着の上からつけたらよいか、上着の中につけたらよいかと考えるママやパパもいるかもしれません。

車の乗り降りや上着の脱ぎ着、主に抱っこかおんぶかなど、頻繁にあることや生活のシーンを考えると、どうするとよいかは家庭によってさまざまなようです。

春先でも寒さが続くことがあるかもしれません。赤ちゃんとママやパパどちらも暖かくできるような上着が選べるとよいですね。

2020年02月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧