内祝いにお米を!お米食べ比べセットやお米券などの選び方とは

内祝いにお米を!お米食べ比べセットやお米券などの選び方とは

出産の内祝いに赤ちゃんと同じ重さの贈り物

内祝いにお米を贈りたいが、赤ちゃんの体重と同じ重さのお米や写真入りのお米食べ比べセットなどはもらって嬉しいだろうかと考えているママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、写真や名入れをしたお米セットやお米券など、実際にママたちが贈ったものやお返しについて、体験談を交えてご紹介します。

内祝いにお米を贈りたい

出産や入学などのライフイベントの際に、こちらから感謝の気持ちを伝えたいときやもらったお祝いのお返しとして、内祝いを贈りたいと考えているママやパパもいるかもしれません。

内祝いの品に、お米を贈りたいと考えている方もいるのではないでしょうか。内祝いについて気になることを聞いてみました。

30代ママ
出産の内祝いにお米を贈ろうと考えているのですが、どのようなものを選んだらよいのかわかりません。赤ちゃんの出生体重と同じ量のお米を贈れると聞いたことがあり興味があるのですが、周りの家庭ではどのようなものを贈っているのでしょうか。
20代パパ
職場の上司に内祝いとしてお米を贈りたいと思っていますが、失礼にならないでしょうか。内祝いを贈る上で、もらって嬉しいものや気をつけた方がよいことなどあれば知りたいです。
内祝いにお米を贈りたいと考えたとき、どのようなものを選んだらよいかわからないと感じているママもいるようです。他にも、目上の方に贈る場合の贈り方が気になるパパもいました。

そこで今回は、内祝いに贈るお米を選ぶときのポイントや実際に選んだものについてご紹介します。

内祝いに贈るお米を選ぶポイント

お米は縁起物とも言われることから、内祝いの贈り物としてお米を選ぶ家庭もあるようです。贈り物にお米を選ぶとき、どのようなことをポイントに選ぶとよいのでしょう。

品質

田んぼ
beboy/Shutterstock.com
30代パパ
目上の方にお米を贈ると、食べるものに困っているという意味で失礼だと聞いたことがありました。同じお米でも、内祝いの品は1等米や特Aと書かれたお米を選ぶようにしました。
贈り物にお米を選ぶとき、相手がもらって嬉しいと感じてもらえるかを考えて選ぶようにしている方もいるようです。他にも、化学肥料を使っていないお米など、特別感のあるお米を選ぶようにしているというママの声がありました。

鮮度

40代ママ
出産が3月と春先だったので、新米の時期ではありませんでした。旬じゃないけれどおいしいお米を贈りたかったので、真空パック保存して劣化を抑えたものを選びました。
出産の時期によっては新米の時期とは異るため、鮮度が落ちないように保存したお米を贈るママもいるようです。他にも、新米が出回る秋の出産だったので、発送直前に精米した新鮮なものを選んだというママの声もありました。

安心感

30代ママ
名の知れた大手のお米は安心感が高いので、受け取った方も安心して食べられるのではないかと思いました。銘柄米を選ぶことで、もらって嬉しいと言ってもらえました。
贈り先の食べ物の好みがわからないときでも、名の知れたのお米を贈ることで、受け取った方も安心してお米を使えそうですね。ママのなかからは、自分と夫の各出身地で取れたお米セットは安心できたので、内祝いに選んだという声もありました。

実際に内祝いで贈ったお米とは

実際に内祝いとして、どのようなお米を贈ったのでしょう。ママたちが贈ったものを聞いてみました。

赤ちゃんの体重と同じ重さのお米

体重計
Africa Studio/Shutterstock.com
20代ママ
うちの場合、出産の内祝いに赤ちゃんの体重と同じ重さのお米を贈りました。調べていると、お米袋に写真と名入れができるサービスがあったので、どちらも使って贈りました。
赤ちゃんの体重と同じ重さのお米を贈ることで、遠方にいるなどの理由ですぐに会えない方でも、赤ちゃんを抱いているような重さを実感できそうですね。写真や名前の他にも、生まれた日付や出生体重を書いてくれるところもあるようです。

お米食べ比べセット

30代ママ
両親や親戚にはお米6種類が2合ずつに包装された、お米の食べ比べセットを贈りました。さまざまなお米の種類が楽しめて嬉しいと喜んでくれました。
2合や3合など少量ずつ分けてあり、食べ比べできるようなお米セットがあるようです。お米食べ比べができる贈り物にも、写真入りや名入れが可能なものもあるようなので、気になる方は調べてみるとよいかもしれません。

お米券

30代ママ
私の場合、親しい友だちにお米を贈ろうと思いましたが、彼女は妊娠中だったのでお米券を贈りました。1人のときに重たいものが家に届いたら大変だと思いお米券を贈ると、自分で好きなときに購入できて嬉しい上に助かったと言ってもらえました。
贈り先の状況を考え、お米券を贈ったママもいるようです。お米券を受け取ったことがあるママのなかからは、お米を引き換えられるだけでなく、薬局やホテルなど使用できる施設が他にもあって便利だったという声も聞かれました。

内祝いを贈るときに意識したいこと

内祝いを贈るとき、失礼のないようにしたいと考えている方もいるかもしれません。ママやパパたちが内祝いを贈るとき、どのようなことを意識したのでしょうか。

配達日

30代パパ
通販サイトで注文から発送までお願いしようと思っていたので、お祝いをいただいてから1カ月以内にお返しが届くかを逆算して、早めに注文をするようにしました。
注文してから相手の手元に届くまで、どのくらい時間がかかるのかを考えて注文するとよさそうですね。写真や名入れなどのオーダー商品は、注文から発注までにある程度の時間が必要な場合もあるようなので、余裕をもったスケジュールを組めるとよいかもしれません。

のしのつけ方

20代ママ
出産の内祝いにはどのようなのしをつけたらよいのかわからなかったので、失礼にあたらないよう調べました。のしの名前は赤ちゃんの名前をひらがなで書くとよいと聞いたことがあったので、わかりやすいようひらがなでお願いしました。
内祝いの種類によって、結び目が異なったのしを選ぶこともあるようです。結び目や記入する名前を確認してから贈ることで、今後のおつきあいも円滑になりそうですね。

内祝いにお米を贈ろう

お米
qingqing/Shutterstock.com

内祝いとしてお米を贈るとき、失礼にあたらないよう、品質や鮮度などを考えて選んでいるママやパパもいるようです。赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米や、さまざまな種類が楽しめるお米食べ比べのセットなどを選んでいる家庭もありました。

写真や名入れがされたお米は温かみがあって嬉しいと感じたママもいるようです。写真入りのお米の他にも、お米セットやお米券など、相手の方を考えたお祝いやお返しが見つけられるとよいかもしれませんね。

2019年12月27日

専門家のコメント
12
    すみっこ先生 保育士
    赤ちゃんが産まれた時の体重と同じ重さのお米をいただいたことがあります。パッケージもかわいく
    とまと先生 保育士
    お米は好き嫌いなどなくほとんどの人が毎日食べるものなのでいいですね。赤ちゃんの重さを実感で
    いちぽ先生 保育士
    内祝いを選ぶときにお米食べ比べセットありました。
    お米は主食でみんな食べます、もらえれば嬉
    せおみ先生 保育士
    内祝いでお米をもらったことや送った事はないですが、もらって嬉しい物なのでいいですよね。日持
    あー先生 保育士
    内祝いに赤ちゃんの体重のお米をプレゼントするのはよくありますよね。わたしももらったことがあ
    こと先生 保育士
    内祝いでお米のギフトを贈ったことがありますが、とても喜んでもらえましたよ🥰いろんな種類の
コメントをもっと見る

イベントの関連記事

カテゴリ一覧