バレンタインデーに赤ちゃんのかわいい寝相アートを作ろう

バレンタインデーに赤ちゃんのかわいい寝相アートを作ろう

寝相アートに使うアイテムなど

バレンタインデーに赤ちゃんの寝相アートを作ろうと考えているママやパパもいるかもしれません。今回の記事では、バレンタインの寝相アートの作り方や寝相アート作りに使ったアイテム、寝相アートを作るときに意識したことを、ママやパパたちの体験談を交えてご紹介します。

寝相アートとは

寝相アートとは赤ちゃんの寝ている姿を活かして作る写真のことのようです。ママやパパのなかには、毎月撮影日を決めて赤ちゃんの成長の様子を寝相アートとして記録している方もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんの寝相アートは、楽しいイベントにあわせて作ることで家族のすてきな思い出になるかもしれません。

そこで今回は、バレンタインデーに作る寝相アートについてお伝えします。

バレンタインの寝相アートの作り方

家族で日頃の感謝を伝えあうバレンタインデーに寝相アートを作る場合、どのような作り方をするとよいのでしょう。ママやパパたちに寝相アート作りの手順を聞いてみました。

テーマを決める

40代パパ
寝相アートを作るときには、初めにテーマをいくつか考えるようにしています。バレンタインデーの寝相アートの場合は家族への愛情を大きなテーマにし、赤ちゃんが私たちに愛情を届けてくれるという内容を考えてみました。
バレンタインデーのようなイベントの寝相アートを作る場合、テーマを決めておくと考えやすいかもしれません。ママのなかからは、赤ちゃんがママとパパへのプレゼントになったことをテーマに考えたという声も聞かれました。

構成を考える

30代ママ
寝相アート作りでは、テーマに沿って構成を考えています。愛情をこめて贈り物をするというバレンタインデーならではの構成にしようと思い、ハートに包まれた赤ちゃんの上に大きなレースのリボンが乗っているという構図を考えました。
構成をしっかり考えておくことで、すてきなバレンタインデーの寝相アートができそうです。赤ちゃんの両側に白い羽根を並べて、周りを大小さまざまなハートで囲むといった構成などもよいかもしれません。

小道具などを準備する

バレンタイン
sarsmis/Shutterstock.com
20代ママ
寝相アートの構成が決まったら、撮影に使う小道具などを準備しました。バレンタインデー用の寝相アートのシーツやラッピング用品、手作りしたハートや羽根などをしっかり準備しておくと、撮影がスムーズに進むように思います。
寝ている赤ちゃんを撮影する寝相アートを作るときには、小道具などをしっかり準備しているというママがいました。バレンタインをイメージしやすいハートやチョコレートなどを十分に用意しておくと、臨機応変に撮影することができそうです。

バレンタインの寝相アートに使ったアイテム

バレンタインの寝相アートを作るときには、どのようなアイテムがあるとよいのでしょう。実際にママたちが使ったものを聞いてみました。

赤や茶色のタオル

30代パパ
バレンタインの寝相アートにはチョコレートのモチーフを使いたいと思い、赤と茶色のバスタオルを用意しました。四角にたたんだ茶色のタオルが半分ほど見えるように赤いタオルで包んだところ、おいしそうなチョコレートを演出することができました。
バレンタインには欠かせないチョコレートを演習するために、赤や茶色のバスタオルを利用したパパがいました。赤いタオルの上に白いロープでアルファベットを描いたり、茶色のタオルの端を凸凹にして食べかけのチョコレートを表したりすると楽しい寝相アートになりそうです。

レースやリボン

20代ママ
かわいいレースやリボンをたくさん使ってバレンタインデーの寝相アートを作りました。白やピンクのレースを使うと赤ちゃんがいっそうかわいらしく見え、家族へのプレゼントのように演出することもできるので、寝相アート作りに使いやすいと思います。
レースやリボンはバレンタインの寝相アートのアイテムとして利用しやすいかもしれません。ママのなかには、1年間にさまざまなイベントの寝相アートを作るため、かわいいリボンや華やかなリボンなどをいろいろと揃えているという声もありました。

バルーン

ハート バルーン
Subbotina Anna/Shutterstock.com
30代ママ
寝相アートを作るときにはバルーンを利用しています。アルファベットの文字やハートのキラキラしたバルーンは、私たちが赤ちゃんへの愛情を伝えるバレンタインデーを演出するのに便利なアイテムだと思いました。
アルファベットのバルーンで文字を作り、寝相アートに使っているママもいるようです。キラキラしたバルーンを赤ちゃんの周りに並べると、撮影中にふと目を覚ましてしまったときも楽しいと感じてくれるかもしれません。

寝相アート作りで意識したこと

バレンタインの寝相ーアートを作るときに、ママやパパはどのようなことを意識しているのでしょう。撮影のために心がけたことを聞いてみました。

赤ちゃんのことを第一に考える

30代ママ
私たちが寝相アートを作る際に大切にしていることは、赤ちゃんを第一に考えるということです。寝相アートを撮影するときは事前にしっかり準備をして、赤ちゃんを起こさないように気をつけながら短時間で済ませるように心がけました。
赤ちゃんのかわいい寝顔を写真に残すための寝相アートを作るために、赤ちゃんのことを第一に考えているママがいました。予定した構図では赤ちゃんにとって無理な姿勢になるかもしれないと感じた場合は、あらためて考え直すことも大切かもしれません。

寝相アートを撮影しやすい場所を選ぶ

20代パパ
寝相アートを撮影する場所を選ぶときには、赤ちゃんがすごしやすく、きれいに撮れるかどうかを意識しています。自然光が入り赤ちゃんに直射日光が当たらない場所がよいと思い、時間による日差しの入り方などを撮影日より前に確かめておきました。
寝相アートを作る際は撮影する場所選びを意識しているパパもいるようです。バレンタインデーの心温まる寝相アートにするために、おだやかな光で満ちたスポットを用意したというママの声もありました。

バレンタインの寝相アートを工夫して作ろう

赤ちゃん ハート
Rawpixel.com/Shutterstock.com

バレンタインデーにかわいい赤ちゃんの寝相アートを作るために、テーマや構成を考えているママやパパがいました。チョコレートやハートをモチーフにしたアイテムを使うと、バレンタインらしい寝相アートになるかもしれません。

赤ちゃんが気持ちよく撮影できるような工夫をして、バレンタインの寝相アート作りを楽しめるとよいですね。

2020年01月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧