クリスマスの準備はいつからする?プレゼントなど準備するもの

クリスマスの準備はいつからする?プレゼントなど準備するもの

クリスマスの準備期間を楽しもう

クリスマスが近づくと、プレゼントなどクリスマスの準備はいつからしたらよいのか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、クリスマスの準備はいつからするかや準備するものと、絵本でクリスマス気分を盛り上げるなど準備期間を楽しむための工夫についてご紹介します。

クリスマスの準備で気になること

クリスマスが近づくと大人も子どももワクワクした気持ちになりますよね。お店にクリスマス商品が並び始めると、そろそろクリスマスの準備をしようかと考えるママもいるかもしれません。

ママたちに話を聞くと、クリスマスの準備はいつから始めるかや、何を準備するかのなどが気になる方がいるようです。ママのなかからは、準備期間の子どもとの楽しみ方が知りたいという声も聞かれました。

今回は、クリスマスの準備について話を聞いてみました。

クリスマスの準備はいつから始める?

クリスマスの準備はいつから始めたらよいのか気になるママがいるようです。実際に、いつからクリスマスの準備をしているのか聞いてみました。

11月頃から

30代ママ
クリスマスの雰囲気が好きなので長く楽しみたいと思い、11月に入ったら徐々にクリスマスの準備を始めます。準備期間が長いので、玄関のドアにリースを飾ったり、部屋のインテリアをクリスマス仕様にしたりと家全体を飾りつけます。
クリスマスの雰囲気を長く楽しめるように、11月頃からクリスマスの準備をする家庭もあるようです。ママのなかには、ハロウィングッズを片づけると同時にクリスマスの準備を始めるという声もありました。

12月に入ってから

40代ママ
わが家は12月に入ったらクリスマスの準備を始めます。準備するものや予約するものを忘れないようにリストアップして短期間で行うようにします。
本格的に冬に向かう12月に入ってから準備を始める家庭もあるようです。ママのなかからは、当日の1週間前などクリスマスの直前に準備をするという声も聞かれました。

クリスマスまでに準備するもの

クリスマスを楽しむためにどのようなものを準備したらよいのでしょうか。ママたちに準備するものについて聞いてみました。

クリスマスの飾りつけ

クリスマスの飾り
© Eugene - Fotolia
20代ママ
クリスマスといったらクリスマスツリーを思い浮かべるので、子どもといっしょに飾りつけました。ツリーを飾るとクリスマスムードも高まりワクワクとした気分になります。
40代ママ
庭の木に電球を巻きつけたり、トナカイやサンタクロースの光る置物を置いたりして庭をイルミネーションで飾りつけました。子どもは毎日暗くなると庭に出て嬉しそうにイルミネーションを見ています。
部屋や庭などをクリスマス仕様に飾りつけるとクリスマスムードが高まり、クリスマスまでの期間が楽しくなるかもしれませんね。ママのなかには、玄関やトイレなど小さなスペースにはクリスマスの置物を置くという声もありました。

クリスマスプレゼント

30代ママ
子どもへのクリスマスプレゼントは12月に入ってからすぐに購入しました。クリスマスシーズンは、人気のあるおもちゃは売り切れてしまうことがあると聞いたので、早めに用意しました。
20代ママ
子どもの欲しいものがなかなか決まらず、プレゼントを用意したのはクリスマスギリギリでした。焦らずに子どもが気に入ったものを選びました。
子どもが楽しみにしているクリスマスプレゼントは忘れずに用意したいですね。ママのなかからは、クリスマスプレゼントはサンタクロースからではなく親から渡すため、クリスマス当日に家族で買いに行くという声もありました。

クリスマス料理

20代ママ
クリスマスケーキはケーキ屋さんで買うのですが、人気のケーキは売り切れてしまうので予約するようにしています。いろいろなケーキ屋さんのチラシを見て選ぶ時間も楽しいです。
40代ママ
毎年クリスマス料理は手作りしているので、事前に家族の希望を聞きながらメニューを決めて、クリスマス当日の朝から料理を作ります。6歳の娘は野菜を切ったり、ケーキのデコレーションをしたりお手伝いをしてくれるので楽しく料理ができます。
クリスマス料理はクリスマスの楽しみのひとつですよね。ママのなかには、クリスマスはテーブルウェアや食器もクリスマス用を用意して楽しむという声もありました。

クリスマス準備期間の子どもとの楽しみ方

クリスマスだけでなく準備期間も楽しみたいと考えるママもいるようです。クリスマスの準備期間を子どもと楽しむ方法をママたちに聞いてみました。

クリスマスまでカウントダウンをする

アドベントカレンダー
Alexander Raths/Shutterstock.com
20代ママ
12月1日からクリスマスまでアドベントカレンダーでカウントダウンをしました。カレンダーの1から25までの扉を毎日1つずつ開けていくのですが、中にお菓子が入っているので子どもは毎朝起きると扉を開けて楽しんでいました。
アドベントカレンダーを使って、クリスマスまでをカウントダウンして楽しむことができるようです。ママのなかには、お菓子を入れた封筒をクリスマスツリーの形になるように壁に飾りつけた、手作りのアドベントカレンダーを作ったという声もありました。

サンタさんへ手紙を書く

30代ママ
わが家ではクリスマスが近づくと子どもたちはサンタさんへ手紙を書いています。欲しいプレゼントをお願いしたり、楽しみにしていることを絵に描いたりして楽しんでいます。
サンタさんへ手紙を書くとクリスマスにサンタさんが家に来てくれるかワクワクしそうですね。ママのなかには、フィンランドのサンタさんへ手紙を書いたという声もありました。

クリスマス絵本で気分を盛り上げる

40代ママ
12月に入ってから、クリスマスの絵本を読んで当日までの期間を楽しみました。図書館で絵本を借りたのですが、クリスマスの絵本コーナーが設けられていていろいろなクリスマスのお話が楽しめました。
クリスマスの絵本を読んでワクワクとした気持ちでクリスマスを待つのもよいかもしれませんね。ママのなかからは、毎年クリスマス絵本を子どもへプレゼントしているという声も聞かれました。

クリスマスの準備を楽しもう

トナカイの飾りつけ
OlgaPonomarenko/Shutterstock.com


クリスマスの準備をいつから始めるかは、11月や12月などさまざまな声がありました。クリスマスまでにプレゼントや料理など事前に、準備するもの考えておくとよいかもしれません。

クリスマスまでアドベントカレンダーを使ってカウントダウンしたり、クリスマスの絵本を読んだりしての準備期間を子どもと楽しむこともできるようです。家族みんなで楽しくクリスマスの準備ができるとよいですね。

2019年09月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧