ベビーシャワーをする時期はいつ頃?準備のポイントや用意したもの

ベビーシャワーをする時期はいつ頃?準備のポイントや用意したもの

いつからどのような準備をしたのかを紹介

友人や親戚のベビーシャワーをいつやるか考えるとき、いつ頃やるとよいのかやいつからどのような準備をするとよいのかが気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、ベビーシャワーをいつ頃行ったのかの他にも、準備のポイントや用意したもの、ベビーシャワー当日の流れを体験談を交えてご紹介します。

ベビーシャワーはいつ頃する?

妊娠中の友人や親戚がいる場合、赤ちゃんの誕生を願ってベビーシャワーをしたいと考えるママもいるようです。ママたちに、ベビーシャワーをいつ頃したのかを聞いてみました。

「私が幹事になってベビーシャワーを計画したとき、いつやるかを主役の友人に相談しました。体調が落ち着いた頃に日程を決め、彼女が妊娠7カ月のときにベビーシャワーをやりました」(30代ママ)

「妊娠8カ月の頃にベビーシャワーをしてもらいました。予定日が近くなると自分から会いに行くのは大変だと感じていたので、出産前に親しい友人や親戚が集まってくれて嬉しかったです」(20代ママ)

妊娠7カ月や8カ月の頃にベビーシャワーをしたというママの声がありました。ベビーシャワーをいつからやるかに決まりはないようなので、主役の体調が落ち着いた頃に日程を決めるとよいかもしれませんね。

ベビーシャワーの準備のポイント

ベビーシャワーの準備をするとき、いつからどのように進めるとよいのか知りたいママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた、ベビーシャワーの準備をするときのポイントをご紹介します。

日程を決めるとき

カレンダー
iStock.com/MicroStockHub

「ベビーシャワーをいつやるか日程を決めるとき、最初に主役の予定を聞きました。その後で幹事の日程をあわせてから他の参加者に連絡すると、スムーズに日程を決めることができました」(30代ママ)

日程を決めるときは、主役の予定にあわせたというママの声がありました。主役の都合のよい日をいくつか聞いて候補にすると、参加者が多く集まれそうな日程を考えやすいかもしれませんね。

会場を決めるとき

「参加者の交通手段を考えて会場を決めました。車で移動する人が多かったので、駐車台数が多めのコインパーキングから近い妊婦の友人の家を会場として使わせてもらいました」(40代ママ)

会場を決めるときのポイントとして、参加者の交通手段を考えたママがいるようです。他にも、人数が多い場合は駅から近いお店を予約すると「集まりやすかった」と参加者から好評だったというママの声もありました。

内容を考えるとき

「ベビーシャワー当日の内容を考えるとき、ゲームはいつやるかやプレゼントはどのタイミングで渡すかを相談しました。事前に内容が決まっていると、ベビーシャワー当日もスムーズな進行ができました」(20代ママ)

「ベビーシャワーでやりたい内容を書き出し、幹事役の友人と相談して何をやるかを決めました。記念撮影やサプライズ演出をいつ頃やるかを考え、参加者全員に楽しんでもらえるパーティーにしたいと思いました」(40代ママ)

ベビーシャワーの内容を考えるとき、どのような企画をいつやるか考えたママがいるようです。ママのなかには、企画によって進行役を交代すると、幹事も参加者の一員としてベビーシャワーを楽しめたという声も聞かれました。

ベビーシャワーに用意したもの

ベビーシャワーにはどのようなものを用意するのでしょうか。実際に、ママたちがベビーシャワーに用意したものをご紹介します。

会場の飾りつけ

ペーパーフラワー
iStock.com/nedjelly

「壁面飾りとしてガーランドやペーパーファンを用意しました。産まれてくる赤ちゃんの性別が男の子らしいと聞いていたので、水色をメインに白や銀色をアクセントにした飾りつけで会場を華やかにデコレーションしました」(30代ママ)

赤ちゃんの性別を意識し、会場の飾りつけをしたママがいるようです。他にも、おむつケーキやバルーン、フラワーアレンジメントなどを用意し、普段とは違った飾りつけをするとパーティーらしさを演出しやすかったというママの声もありました。

食事やお菓子

「参加者が会話を楽しみながらつまみやすい食事やお菓子を用意しました。サンドイッチやピンチョスに刺したオードブル、かわいいデコレーションをしたアイシングクッキーなどを用意すると、人数が多くても食べやすかったです」(30代ママ)

片手でサッとつまみやすい食事やお菓子を用意したママがいるようです。大皿料理の場合は料理毎にトングを用意したり、取り皿を多めに用意したりすると取りわけやすかったというママの声もありました。

ベビーシャワー当日の流れ

ベビーシャワー当日は、どのような流れで進行するとよいのか知りたいママもいるかもしれません。ママたちに聞いた、ベビーシャワー当日の流れをご紹介します。

食事やお茶を楽しむ

「参加者が集まり乾杯した後、まずは持ち寄ったりケータリングしたりして用意した食事をいただきました。食事をしながら主役をメインとした近況報告をしあって楽しみました」(30代ママ)

ベビーシャワーでは、用意した食事やお茶を楽しみながらおしゃべりに花が咲くこともあるのではないでしょうか。料理によっては温かいうちに食べたほうがよりおいしく感じられるものもあるかもしれないので、最初に食事の時間を作るのもよいかもしれませんね。

ゲームをする

「ベビーシャワーの中盤には、用意しておいたゲームをしました。用意したベビーフードを試食し、どのような食材が使われているかを当てるゲームをすると『ベビーシャワーならではの企画だね』と参加者に楽しんでもらえました」(20代ママ)

ベビーシャワーの途中にゲームを挟むと、場が盛りあがるかもしれませんね。他にも、主役の腹囲を当てるゲームを企画するなどして、当たった人には賞品を用意したというママの声もありました。

プレゼントを渡す

「パーティーのなかでいつ頃プレゼントを渡そうか考えたとき、最後のお楽しみにしたいと思いました。主役である妊娠中の友人に、参加者がそれぞれ選んだベビー用品やマタニティグッズを渡すと、とても喜んでもらえました」(40代ママ)

ベビーシャワーの流れを考えるとき、プレゼントを渡す場合はいつ頃にするかタイミングを考えておくとよいかもしれません。用意したゲームや他の企画とのバランスを考えると、プレゼントを渡すタイミングをイメージしやすかったというママの声もありました。

ベビーシャワーをいつやるかは主役の予定にあわせて

抱擁
iStock.com/jacoblund

ベビーシャワーをいつやるか考えたとき、主役である妊婦さんの体調が落ち着いた頃から準備を進めると相手の気持ちに寄り添えるかもしれません。参加者同士で役割分担をし、会場の手配や飾りつけなどをいつからやるか相談したというママの声もありました。

ベビーシャワー当日は、ゲームをいつやるかやプレゼントをいつ頃渡すかなど、プログラムの流れも意識するなどして、赤ちゃんの誕生を願う楽しいパーティーができるとよいですね。

2019年04月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベントの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ