スリーパーを選ぶポイント。袖付きや袖なしなどの種類やサイズ

スリーパーを選ぶポイント。袖付きや袖なしなどの種類やサイズ

スリーパーを選ぶとき、袖付きと袖なしなどの種類やサイズで悩むママやパパもいるのではないでしょうか。今回はスリーパーを選ぶときのポイントや、実際にママたちが使っているスリーパーの種類、使うときに意識したことについてご紹介します。

スリーパーは必要?

ママやパパのなかには、スリーパーを用意しようか迷っている方もいるかもしれません。実際にスリーパーを使っているパパやママに、スリーパーを用意した理由について聞いてみました。
30代パパ
2歳の息子は、寝ているときに布団を蹴ってしまうことがよくあり、これからの冬の寒さを心配していました。友人に相談したところ、スリーパーなら寝返りしたり蹴ったりしてもはだけることがないと聞き、袖付きの温かそうなスリーパーを毎晩使っています。
20代ママ
もうすぐ1歳になる娘は、お腹を出して寝ていることがたびたびあります。夏場でもお腹の冷えが気になるので、春夏用のスリーパーを用意しました。膝くらいまでの丈があり、お腹が隠れるので冷房をつけていても安心です。
冬の寒さや夏場の冷房対策に、赤ちゃんや子どもにスリーパーを用意したママやパパもいるようです。

今回は、スリーパ―を選ぶときのポイントと袖付きや袖なしなどの種類、スリーパーを使うときに意識したことなどについてご紹介します。

スリーパーを選ぶときのポイント

実際にスリーパーを用意したママやパパたちに、スリーパーを選ぶときのポイントについて聞いてみました。

サイズ

30代パパ
娘が生後6カ月のときに、80cmのサイズのスリーパーを購入しました。普段、ベビー服などは70cmを着ていたのですが、来年も着られるように大きめのサイズにし、膝が隠れるくらいの長さのものを選びました。
スリーパーを選ぶときにサイズや着丈をポイントに選んだパパもいるようです。すぐにサイズアウトしてしまうことも考えて、ワンサイズ上のものを用意したというパパの声がありました。

袖なしのスリーパーは、大きくなってからも長く使えたというママの声もあり、スリーパーのサイズ感は袖付きと袖なしでも違ってくるようです。

素材

フリース素材
iStock.com/Lusyaya
30代ママ
冬用の袖付きスリーパーを探していたのですが、おもらしなどで汚れることも考えて温かくて洗濯もしやすそうなフリース素材のスリーパーを選びました。汚れが落ちやすく、乾きも早いので助かっています。
スリーパー選びでは、お手入れのしやすさや季節にあった素材かどうかもポイントかもしれません。赤ちゃんに春夏用のスリーパーを用意したママからは、ガーゼ素材の肌ざわりが優しそうなものを選んだという声も聞かれました。

着脱のしやすさ

30代ママ
赤ちゃん用の袖なしタイプのスリーパーで、側面についたスナップボタンで開閉できるものを選びました。寝汗をかいて着替えが必要なことも多いのですが、寝たままでも脱いだり着たりが楽にできるスリーパーなので助かっています。
着脱のしやすさについて注目したというママの声も聞かれました。スリーパーのスナップボタンやファスナーなど留め具の種類や位置なども考えて、使いやすいものが選べるとよいですね。

機能性

30代ママ
赤ちゃんのおくるみとしても使える、2wayタイプの袖付きスリーパーを選びました。布団で寝るときやベビーカーで外出するときなど、場面にあわせてさまざまに使えるので重宝しています。
1つで2通りの使い方ができるスリーパーを選んだママもいるようです。股下のボタンをとめるとカバーオールとしても使えるスリーパーを選んだというママの声もありました。

2wayタイプのスリーパーは、寝ているときだけでなくお出かけのシーンでも活用できるなど使い方の幅が広がりそうですね。

ママたちが使っているスリーパーの種類

ベビースリーパー
iStock.com/WangAnQi

スリーパーの形にはさまざまな種類があるようですが、袖付きタイプか袖なしタイプかでも使用感などが違ってくるようです。それぞれの種類のスリーパーを使っているママやパパたちに、特徴などを聞いてみました。

袖付き

20代ママ
冬の防寒に使えるスリーパーを探していたので、肩口の冷えを防いでくれそうな袖付きのスリーパーを選びました。お風呂上りにガウンとして羽織り、そのまま寝られるので便利だと思います。
袖付きのスリーパーを使っているママからは、肩口を覆ってくれるので温かそうという声が聞かれました。寝るときの他にも、お風呂上りの湯冷め対策などととして使えそうですね。

トレーナーなど厚手の服の上にスリーパーを着るときのことも考えて、袖を通しやすいように大きめの袖付きスリーパーを選んだというママの声も聞かれました。

袖なし

30代パパ
袖がついていないベストのような形のスリーパーを使っています。袖がないため脱ぎ着しやすく、3歳の息子も自分で着られます。
袖なしのタイプは脱ぎ着しやすいというパパの声がありました。春夏用のスリーパーを選んだママからは、通気性を考えて袖なしを用意したという声も聞かれました。

袖付きや袖なしなどのスリーパーの種類は、季節にあわせて選ぶのもよいかもしれませんね。

スリーパーを使うときに意識したこと

スリーパーを使うときに意識したことについて、ママやパパたちに聞いてみました。

赤ちゃんや子どもの様子にあわせる

30代パパ
イヤイヤ期ということもあってか2歳の娘はスリーパーを着たがらないときがあります。娘の気分がのらないときは、腹巻きや温かい毛布を使うなど他の方法に置き換えるようにしたら、寝る前のやり取りもスムーズになりました。
子どもの様子にあわせて、他の方法も選択肢にいれながらスリーパーを使っているというパパの声がありました。他にも、赤ちゃんが汗をかいていないかなど様子を確認して、着せすぎに注意したというママの声も聞かれました。

つまづかないように注意する

20代ママ
8カ月の息子は、最近つかまり立ちをしはじめて目が離せません。夜泣きで起きたときも、スリーパーを着たままベビーベッドで立とうとしてしまう様子をみて、スリーパ―の長い裾を踏んで転ばないように短く調節しました。
丈の長いスリーパーの場合、赤ちゃんや子どもが裾を踏んで転ばないように調節しておくと安心かもしれません。スリーパーの裾を膝上くらいまで折り返して、簡単に縫いつけたママもいるようです。

子どもにあったスリーパーを選ぼう

ベッドに寝転ぶ赤ちゃんとママ
iStock.com/monzenmachi

スリーパーには袖付きや袖なしなどの種類がある他、使われている素材によって、防寒や通気性などにも違いがあるようです。さまざまなスリーパーのなかから、脱ぎ着のしやすさなども考えて季節にあったものを選んだというママの声がありました。

スリーパーの裾を踏んで転ぶことのないよう着丈なども意識し、それぞれにあったスリーパーを用意して快適にすごせるとよいですね。

2020年03月17日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧