4歳の子どもの浴衣を選ぼう。サイズや種類など選び方のポイントとは

4歳の子どもの浴衣を選ぼう。サイズや種類など選び方のポイントとは

浴衣に似合う女の子の髪型

4歳の子どもの浴衣には、伝統的な浴衣や甚平などさまざまなタイプがあり、サイズや着付け方など、何を気にして選べばよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、4歳の子どもの浴衣を選ぶときのポイントやママたちが選んだ浴衣のタイプ、浴衣に似合う髪型について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

4歳の子どもの浴衣選び

幼稚園や保育園、地域の夏祭りなどで、4歳の子どもに浴衣を着せたいと考えるママもいるのではないでしょうか。活発に動くようになる時期の4歳の子どもには、どのような浴衣を選べばよいのか気になることもあるかもしれません。

実際にママたちは、どのようなことを意識して浴衣を選んだのでしょうか。今回の記事では、4歳の子どもの浴衣の選び方や、ママたちが選んだ浴衣のタイプなどをご紹介します。

4歳の子どもの浴衣を選ぶときのポイント

4歳の子どもの浴衣を選ぶときに、ママたちは何を意識したのでしょうか。浴衣選びのポイントについて聞いてみました。

サイズ

40代ママ
娘が4歳のときに昔ながらの伝統的な浴衣を購入した際は、ワンサイズ上のものを選びました。4歳のときは、腰上げや肩上げをして着付けをしましたが、今年は縫い目をほどいて調度よいサイズで着られそうです。
昔ながらの浴衣は、腰と肩の部分を縫って長さ調節をしながら着るように作られているようなので、ワンサイズ大きい浴衣を選ぶとよいかもしれません。2年着ることを見込んだサイズで、浴衣を選んだというママの声もありました。

動きやすさ

活発な子ども
Monkey Business Images/Shutterstock.com
30代ママ
うちの息子は、とにかく走り回るので、動きやすさを重視して浴衣ではなく甚平を選びました。甚平は、トイレもスムーズにできるので私も助かっています。
活発な4歳の子どもが着ることを考えると、動きやすさも大切なポイントかもしれません。4歳くらいの子どもの場合は、動いているうちに帯が取れたり浴衣がはだけたりしてしまうこともあり、何度も結び直したり着付けをし直したりするのが大変だったというママの声もありました。

子どもの動きをできるだけ制限しない浴衣を選べば、子どもとママ両方の負担が少なくなり、外出を楽しむことができそうですね。

デザインや色

30代ママ
お祭りは人がたくさん集まるので、できるだけ目立つデザインや色の浴衣を選ぶようにしています。黄色や水色の花が散りばめられた浴衣を着せましたが、薄暗いなかでも子どもの様子が把握しやすく助かりました。
人混みのなかや薄暗くなってきてからも目立つように、デザインや色を意識して浴衣を選んでいるというママ声がありました。古典柄でシックな浴衣の場合、帯を目立つデザインや明るい色にするなどの工夫をするとよいかもしれません。

ママたちが選んだ浴衣などの種類

実際に、ママたちがどのようなタイプの浴衣を選んだのかを聞いてみました。

伝統的な浴衣

30代ママ
おばあちゃんが用意してくれた、昔ながらの浴衣を着せました。4歳の子どもにはまだ早いかなとも思いましたが、おはしょりを作らなくてもよいように腰上げをしたら、足元がもたつくことなく上手に着こなしてくれましたよ。
伝統的な昔ながらの浴衣を選んだ場合は、肩上げや腰上げをして歩きにくくならないようにしたり、着崩れにくくしたりするとよさそうです。襟先と脇の部分についている付け紐を、お腹の下あたりで結ぶとはだけにくくなるというママの声もありました。

浴衣ドレス

30代ママ
着付けのしやすさを重視して、ワンピースの上から上衣を羽織るタイプの浴衣ドレスを選びました。洋服のように簡単に着付けることができてとても助かっています。
園の行事やお祭りに出かける前などは、バタバタと忙しくなりがちなので、着付けが簡単な浴衣ドレスを選ぶのもよいかもしれません。着付けがしやすい浴衣ドレスには、ワンピースタイプの他に、下がゴムの入ったスカートになったセパレートタイプもあるようです。

甚平

30代ママ
うちの子は男の子で、とにかく動き回るので上下がセパレートになった甚平にすると決めていました。息子の幼稚園では、男の子は甚平を着ている子が多かったように思います。
子どもの動きやすさを考えて、甚平を選んだママもいるようです。甚平は、下衣がズボンと同じようになっているので、動き回っても着崩れる心配がないというママの声がありました。

男の子用だけではなく、女の子用のかわいい色や柄もあるようです。

浴衣に似合う髪型

髪型をセットするための道具
Africa Studio/Shutterstock.com

浴衣に合わせて髪型をアレンジすると、気分が盛り上がりそうですね。ママたちに、浴衣に似合う髪型を聞いてみました。

お団子

30代ママ
髪型をお団子にするときは、まず高めの位置でポニーテールを作ります。ポニーテールの部分を三つ編みにして、ぐるぐると結び目の周りに巻き付けて、ゴムでしっかり結ぶだけで簡単にかわいいお団子ヘアになりますよ。
お団子ヘアは、和風な雰囲気に合うと考え、浴衣のときの定番の髪型にしているママもいるようです。前髪をピンで上げると、涼しげで大人っぽい雰囲気の髪型になるという声もありました。

ハーフアップ

30代ママ
うちの4歳の娘は、髪の毛がまだそれほど長くなかったので、上の部分だけ少しすくってハーフアップの髪型にしました。それだけでは寂しいので、お花やリボンなどの髪飾りをつけて華やかな雰囲気が出るように工夫しました。
まだそれほど髪のボリュームがない場合は、耳の上あたりから髪の毛をすくってハーフアップにしてみるのもよさそうです。髪飾りには、和風の花飾りやリボンをモチーフにしたものなど、さまざまな種類があるようなので浴衣の色や柄に合うものを選ぶとまとまりがでるかもしれません。

4歳の子どもに合う浴衣を用意しよう

浴衣姿の姉弟
hinata815 - stock.adobe.com

4歳の子どもの浴衣を選ぶときは、大きめのサイズや動きやすさ、着付けのしやすさの他、人混みのなかでも目立つデザインや色かどうかを意識したというママの声がありました。重視したいポイントによって、それぞれ伝統的な浴衣や浴衣ドレスを選ぶ他、甚平にしたママもいるようです。

浴衣に似合う髪型をセットして、4歳の子どもといっしょに夏の思い出づくりができるとよいですね。

2019年11月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ