つかまり立ちした赤ちゃんの靴は必要?用意した時期や選び方

つかまり立ちした赤ちゃんの靴は必要?用意した時期や選び方

靴を履いてのあんよの練習方法など

つかまり立ちを始めた赤ちゃんは靴が必要なのかいつから用意すればよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は靴選びの時期や種類、選ぶときのポイント、靴を履いてのあんよの練習方法などを体験談を交えてご紹介します。

つかまり立ちした赤ちゃんに靴は必要?

赤ちゃんがつかまり立ちを始めると、靴を用意したほうがよいのか、気になるママもいるのではないでしょうか。ママたちにいつ用意したのかを聞いてみました。

つかまり立ちしたときに靴を用意した

20代ママ
うちはつかまり立ちをしたタイミングで靴を購入し、履かせる練習から始めました。靴を履いてる姿がかわいかったですし、たくさん歩くようになったときにセカンドシューズへの移行もすんなりできたので履かせてよかったです。
つかまり立ちを始めた頃、靴に早く慣れるために用意したというママもいました。歩き始めてから靴を履く練習をするより、前もって靴を履く感覚に慣れるとよいかもしれませんね。

歩きだしてから靴を用意した

40代ママ
つかまり立ちのときはまだ早いかなと思い靴の購入は考えませんでした。うちは15歩くらい歩けるようになってからファーストシューズを履かせて、家の中で歩く練習をしました。
赤ちゃんの足のサイズはすぐに変わっていくので、歩き始めたタイミングで靴を用意したというママもいました。赤ちゃんの初めての靴を、どういうタイミングで買うのかは、ママやパパの考えによって違いがあるようです。

つかまり立ちの赤ちゃんへ用意した靴の種類

赤ちゃん 靴
Ruth Black/Shutterstock.com

つかまり立ちを始めた赤ちゃんの靴はどのようなものを選ぶとよいのでしょうか。室内用と外履き用のどちらを選んだのかママたちに聞いてみました。

室内用(ルームシューズ)

20代ママ
ルームシューズに慣れておくと、外でのファーストシューズデビューがスムーズにいくと聞き、つかまり立ちを機に購入しました。靴下を履くような感覚で履かせられたので、子どもも違和感なく受け入れてくれました。
30代ママ
ルームシューズだと室内で練習させやすかったです。昼間でも、暗くなってからでも時間を問わずに練習できたのもよかったです。
つかまり立ちのタイミングでは、外を歩くことは少ないと考え、室内用のルームシューズを購入したママがいました。外履き用と違って汚れにくいので、最初に履いた記念の靴として大切に保管できるのもよいですね。

外履き用

30代ママ
お庭や外出先でもつかまり立ちしたがることが増えてきたので、室内用ではなく外履き用の靴が必要だと思いました。外履き用の靴を持っているとお出かけ先でも安心でした。
つかまり立ちしたことをきっかけに、外履き用の靴を用意したというママもいるようです。お外でたくさん歩いてくれることを想像すると、嬉しい気持ちで靴選びができそうですね。

つかまり立ちの赤ちゃんへ靴を選ぶポイント

パパママと靴
Africa Studio/Shutterstock.com

靴を選ぶとき、ママたちはどのようなことを意識して選んだのでしょうか。赤ちゃんの靴を選ぶときのポイントを聞いてみました。

サイズ

20代ママ
ファーストシューズは足の大きさに0.5センチ程度大きいものを選ぶとよいと、靴屋さんから教えてもらいました。実際に試着をしてかかとをぴったりあわせた後、指先にゆとりがあることを確認して、購入しました。
赤ちゃんが履くものなので、サイズを意識して選んだというママがいました。すぐに大きくなるからと大きめのサイズを選ぶのではなく、しっかりと試着して選べるとよいかもしれません。

素材

30代ママ
できるだけ軽くて柔らかいものを選ぶようにしました。室内用にしようと思っていたので、底が柔らかく滑りにくいかどうかを考慮しました。
40代ママ
暑い時期だったので通気性のよいメッシュ素材を選びました。赤ちゃんは汗っかきなのでできるだけ快適に履けるようにしてあげたいと思いました。
柔らかさや通気性のよさなど、赤ちゃんのことを考えて素材にこだわるママもいました。靴を選ぶ時期によって通気性のよい素材や暖かい素材など選んであげるとよいかもしれません。

履かせやすさ

20代ママ
お出かけのときにすぐに履かせれるように履かせやすい靴を選びました。大きなマジックテープがついていて、着脱もしやすかったです。
赤ちゃんはひとりで靴を履くことができないので毎回ママやパパが履かせてあげなければいけませんよね。なるべく簡単に脱いだり履いたりするすることができる靴を用意できるとよいようです。

靴を履いてのあんよの練習方法

つかまり立ちを覚え始めた赤ちゃんが、靴を履いて立っている姿を見ると、早く歩いている様子を見たいと考えるのではないでしょうか。靴を履かせてのあんよの練習をどのように取り入れたのかパパやママの話を聞いてみました。

30代パパ
つかまり立ちをして歩くことに興味をもち出した頃、家の中でルームシューズを履かせてあんよの練習をしました。僕かママが手を取り、いっしょに歩く練習をすると、子どももとても楽しそうでした。
40代ママ
つかまり立ちをしたあと目の前で手を広げて名前を呼び、歩いてもらうという練習方法をしました。最初は靴に慣れないせいか1、2歩だったのが、少しずつ距離を伸ばしてその後はどんどん上達しました。
靴を履くことで、赤ちゃんもよろんで歩くようになるかもしれませんね。無理をせず、子どものペースにあった方法で進めるとよさそうです。

つかまり立ちができたら靴の用意を考えよう

赤ちゃん あんよ
Monkey Business Images/Shutterstock.com
つかまり立ちをしたタイミングで靴を用意したパパやママもいれば、歩き始めてから用意したパパやママもいるようです。赤ちゃんの成長や環境にあわせて用意するタイミングを決められるとよいかもしれません。赤ちゃんの靴をしっかり選んで、歩くまでのサポートをしてあげられるとよいですね。

2019年11月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧