おしゃれなスリーパーを用意したいとき。春夏秋冬にあわせた選び方

おしゃれなスリーパーを用意したいとき。春夏秋冬にあわせた選び方

ママたちが用意したスリーパー

赤ちゃんの出産祝いなどで、おしゃれなベビーブランドのスリーパーを用意したいと考えたり、子どもに使うスリーパーの選び方が気になったりするママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、スリーパーの種類や吸湿性を考え綿素材にするなど選び方のポイントと、春夏と秋冬に用意したスリーパーについてご紹介します。

スリーパーを用意するとき

赤ちゃんや子どもの寝冷えを防ぐためや、出産祝いのプレゼントとしてスリーパーを選ぶママもいるかもしれません。スリーパーを用意するときどのようなことが気になるのか聞いてみました。

30代ママ
赤ちゃんが寝ている間に布団を蹴ってしまい風邪をひかないか心配なので、スリーパーを用意しようと考えています。スリーパーにはどのような種類があるのか知りたいです
40代ママ
友人の出産祝いのプレゼントにおしゃれなスリーパーを贈りたいと考えています。どのようなスリーパーを選んだら喜んでもらえるのか気になります。
20代ママ
冬に使うスリーパーはどのようなタイプがよいのか気になります。他のママたちはどのようなスリーパーを使っているのでしょうか。

スリーパーの種類や選び方の他に、季節に応じてどのようなスリーパーを使っているのか気になるママがいるようです。実際に、スリーパーについてママたちに聞いてみました。

スリーパーの種類

どのようなタイプのスリーパーがあるのか気になるママもいるようです。実際に、子どもに使っているスリーパーの種類をご紹介します。

横開きタイプ

ベビースリーパー
iStock.com/WangAnQi
20代ママ
脇の下の部分にスナップボタンがある横開きタイプのスリーパーを使っています。手を袖に通す必要がないので赤ちゃんが寝ていてもサッと着せることができます。

袖を通さずに着せることができる横開きタイプのスリーパーは、首の座っていない赤ちゃんや寝ている赤ちゃんへの脱着も簡単にできそうです。ママのなかからは、初めて使うスリーパーは横開きタイプがよいとベビー用品店で勧められて選んだという声も聞かれました。

前開きタイプ

30代ママ
おすわりができるようになってからは前開きタイプを利用していますが、座った姿勢で脱ぎ着ができて便利です。首元の開き具合で多少の温度調節ができるのも嬉しいです。

おすわりができるようになったり動き回ったりする時期の赤ちゃんや子どもには前開きタイプのスリーパーが着せやすいようです。ママのなかには、ある程度の年齢になると子ども自身で脱ぎ着できるという声もありました。

2wayタイプ

40代ママ
スリーパーを着ていても寝ている間にスリーパーの裾がめくれてしまい、寝冷えをしないか心配になりました。2wayタイプのスリーパーは裾の部分をスナップボタンで留めるとズボンのような形になるので、めくれる心配がなくなり安心して眠れるようになりました。

裾の部分の形を変えられる2wayタイプは赤ちゃんや子どもの様子に応じて使うことができそうです。ママのなかには、スリーパーを部屋着として使っているという声もありました。

スリーパーの選び方のポイント

スリーパーは、どのようなことをポイントに選んだのか聞いてみました。

素材

iStock.com/AnthonyRosenberg
20代ママ
スリーパーは、寝ている間ずっと着ているので汗を吸収しやすいように綿素材を選びました。綿素材のスリーパーは、生地の厚みがさまざまなので夏は薄いタイプを、冬は厚いタイプを選びました。
40代ママ
スリーパーが重たいと赤ちゃんが寝にくいのではないかと考え、軽くて温かいフリース素材のスリーパーを選びました。肌触りもよく気持ちよさそうです。

吸水性のよい綿素材や軽くて温かいフリース素材など、赤ちゃんの様子や季節にあわせた素材を選ぶママもいるようです。ママのなかからは、タオル地やニット素材などのスリーパーを用意したという声も聞かれました。

機能性

20代ママ
夏の暑い日は背中が汗で濡れてしまう事が多いので、背中がメッシュのタイプのスリーパーを用意しました。熱がこもりにくくなったのか、背中が汗で湿ることが少なくなったように感じます。
30代ママ
冬は腕も冷たくなるので、特に寒い日は袖つきのスリーパーを使うことがあります。布団をかけなくても全身が温かいので安心です。

背中がメッシュになっているタイプや袖つきタイプなど子どもが寝やすくなるような機能があるスリーパーを選ぶのもよいかもしれません。ママのなかには、おくるみとして使えるスリーパーを出産祝いでもらい便利だったという声もありました。

おしゃれなデザイン

20代ママ
出産祝いのプレゼントとしてのスリーパーを用意するときは、相手のママの好きなベビー用品ブランドのおしゃれなスリーパーをプレゼントしました。ブランドはもちろんスリーパーのおしゃれなデザインも気に入ったと喜んでくれました。
30代ママ
リボンがあしらわれたおしゃれなデザインのスリーパーを、友人の出産祝いにプレゼントしました。スリーパーを着た赤ちゃんの写真を送ってくれたのですが、とてもかわいかったです。

出産祝いとしてスリーパーを贈る場合は、相手のママの好みのベビーブランドやおしゃれなスリーパーを選ぶのもよいかもしれません。ママのなかには、おしゃれなデザインのスリーパーを着ていると赤ちゃんがよりかわいく見えるという声もありました。

【季節別】用意したスリーパー

季節や気温によってどのようなスリーパーを用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。実際に、春夏と秋冬に用意したスリーパーについて聞いてみました。

春夏

40代ママ
夏はエアコンをつけて寝ているので、身体が冷えすぎないよう赤ちゃんには薄手のカーゼ素材のスリーパーを着せています。通気性がよいので汗をかいてもすぐに乾きます。

春夏は通気性のよいスリーパーを選ぶとよいようです。ママのなかには、肌のデリケートな赤ちゃんに、オーガニックコットンのスリーパーを選んだという声もありました。

秋冬

40代ママ
私が住んでいる地域は冬になると家の中も寒いので、子どもには、ダウン素材のスリーパーを着せています。足まで包み込む丈を選び布団代わりにしています。

布団代わりにダウンを使ったスリーパーを選んだママもいるようです。ママのなかには、首周りが寒いので襟つきのスリーパーを用意したという声もありました。

赤ちゃんにあわせてスリーパーを選ぼう

赤ちゃんを見つめるママ
iStock.com/Satoshi-K


スリーパーには、横開きタイプや前開きタイプなどさまざまな種類があるようなので子どもの様子にあわせて用意するとよさそうです。綿など汗を吸収しやすい素材や機能をポイントに選ぶ他に、出産祝いなどのプレゼントの場合は、おしゃれなベビーブランドやデザインで選ぶのもよいかもしれません。

夏や冬など季節にあわせて赤ちゃんがすごしやすいスリーパーが選べるとよいですね。

2019年07月08日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧