男の子の子ども服をリメイクしよう。男の子から女の子用へのアイデア

男の子の子ども服をリメイクしよう。男の子から女の子用へのアイデア

Tシャツなどを使ってリメイクを楽しもう

男の子用の子ども服を使い、好みのデザインや大きめのサイズにリメイクしたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、Tシャツなどママたちがリメイクに使った男の子の服や男の子から女の子用へのリメイクのアイデア、子ども服をリメイクするときのポイントを体験談を交えてご紹介します。

男の子用の子ども服をリメイクしよう

子ども服がサイズアウトしたときや、お下がりとして男の子用の子ども服をもらったとき、サイズやデザインをリメイクして使いたいと考えるママやパパもいるようです。男の子から女の子の子ども服にリメイクするアイデアが知りたいママもいるかもしれません。

今回は、男の子用の子ども服のリメイクについてママたちに聞いてみました。

ママたちがリメイクに使った男の子の服

リメイクをしやすい男の子の子ども服にはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちに、リメイクに使った男の子の服の種類を聞いてみました。

Tシャツ

30代ママ
子どものお気に入りのTシャツがサイズアウトしたとき、息子が『まだこれが着たい』と言いました。Tシャツに生地を縫い足し、ジャストサイズのTシャツにリメイクすると大喜びしてくれました。

サイズアウトしたTシャツをリメイクしたママがいるようです。

他にも、無地のTシャツにアイロン用の転写シールを使って子どものイニシャルをつけたというママの声もありました。

ズボン

子供服のズボン
margostock/Shutterstock.com
20代ママ
用意したズボンにポケットがついていなかったので、家にあった生地を使ってポケットを縫いつけました。子どもの手が届きやすい位置にポケットをつけると、手洗いの後にハンカチを出し入れしやすそうです。

気に入ったズボンにポケットがついていない場合でも、後からポケットを縫いつけると使いやすくなりそうですね。

ママのなかには、ズボンの裾にあるリブが伸びてしまったので、七分丈ズボンへとリメイクしたという声も聞かれました。

アウター

40代ママ
ナイロン素材のパーカーをミニサイズのトートバッグにリメイクしました。近所の公園などへ短時間遊びに行くときに、水筒やタオルなど少しの荷物を入れて使いやすい大きさになるよう工夫しました。

パーカーをバッグにリメイクすることもできるようです。カーディガンの背中側の生地を使ってキッズチェアの座面カバーを作るなど、思い入れのある服がサイズアウトしたときは、新たな使いみちを探して小物にリメイクするのもよいかもしれませんね。

男の子の服を使ったリメイクのアイデア

子ども服のリメイクに慣れていない場合など、どのような方法があるのか迷うことがあるのではないでしょうか。

ママたちに聞いた、男の子の服を使ったリメイクのアイデアをご紹介します。

男の子の服としてのリメイク

20代ママ
サイズアウトしたジーパンのお尻側のポケットをリッパーを使ってほどきます。ポケットをTシャツの左胸元に縫いつけます。布用のスタンプ台を使い、好きな場所に星やイニシャルのスタンプを押したら完成です。

ズボンのポケットをTシャツに縫いつけ、オリジナルのTシャツにリメイクしたママがいるようです。

ズボンの膝の部分に穴が空いた場合、アップリケをつけたりダメージ加工をしたりと、リメイクをすると傷んだ子ども服を長く使えたというママの声もありました。

男の子から女の子の服へのリメイク

40代ママ
上の子がサイズアウトした男の子用のズボンをリメイクし、女の子用のスカートを作りました。ズボンの内側の縫い目をほどき、縫い代を残して切ります。端の処理をした生地を2枚用意し、ズボンの前後にそれぞれ縫いあわせたら完成です。
30代ママ
Tシャツ両側の裾の縫い目を10cm程度ほどき、三角形に切った生地を縫いつけます。Tシャツの襟元にリボンのモチーフを縦に3つ縫いつけたら、簡単に男の子から女の子用へリメイクができました。

男の子から女の子の子ども服へリメイクすると、異性のきょうだいの場合でもお下がりとして活用しやすいかもしれません。

ママのなかには、Tシャツの胸元あたりから筒状の生地を縫い足してドッキングワンピースにリメイクしたという声も聞かれました。

小物へのリメイク

30代ママ
サイズアウトした子ども服にも思い出がたくさんあったので、子どもが大きくなっても取っておけるようにぬいぐるみにリメイクしました。パーツごとに生地を変えて型紙通り切った生地同士を縫いあわせ、綿を詰めてテディベアを作りました。

子ども服を使ってぬいぐるみを作ったママもいるようです。複数の子ども服で小物を作るときは、同系色の子ども服を用意して統一感を出したり、さまざまな色あいを混ぜてカラフルな見た目にしたりと工夫するのも楽しそうですね。

子ども服をリメイクするときのポイント

ママたちに、子ども服をリメイクするときのポイントを聞いてみました。

生地のきれいな部分を使う

40代ママ
子ども服をリメイクするときは、きれいな部分を使うように意識しています。白や薄めの色の洋服に落ちきらなかったシミがある場合は、シミを隠すようにワッペンをつけたり汚れのない部分だけを生地として使ったりすると、きれいな仕上がりになりました。

生地のきれいな部分を使うのも子ども服のリメイクのポイントかもしれません。きれいな部分だけを同じサイズに裁断し、パッチワークの小物を作ったというママの声もありました。

端の処理をする

30代ママ
子ども服にリメイクするとき、ほつれにくいように端の処理をしています。私の場合、三つ折りにして端ミシンをかけ、返し縫いをすると洗濯をしてもほつれにくくなったと感じました。

子ども服をリメイクするとき、端の処理をしっかりとしておくことをポイントと考えるママもいるようです。

ママのなかには、デニム生地を三つ折りにしてミシンをかけるときは、生地の厚さにあわせてミシン針の種類を変えると縫いやすかったという声も聞かれました。

子ども服を使ったリメイクを楽しもう

ソファーでくつろぐママと男の子
iStock.com/kohei_hara

子ども服のTシャツやズボンを、男の子用としてや男の子から女の子用としてリメイクしたママがいるようです。洋服以外には、バッグやぬいぐるみなどの小物にリメイクしたというママの声もありました。

汚れがある場合はきれいな部分を使うなどして、子どもが喜ぶようなアレンジを加えた子ども服にリメイクできるとよいですね。

2019年06月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ