4歳の靴や靴下のサイズの測り方。買い替えの頻度や何足持っていたか

4歳の靴や靴下のサイズの測り方。買い替えの頻度や何足持っていたか

靴の左右を間違えるときのママたちの対応

4歳の子どもに靴や靴下を選ぶとき、サイズの測り方や何足用意するとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、4歳の子どもの靴の選び方や4歳の子どもの靴の数や買い替える頻度、4歳の子どもが靴の左右を間違えるときの対応を体験談を交えてご紹介します。

4歳の子どもの靴のサイズを知りたい

4歳の子どもに新しく靴を用意する機会に、靴や靴下のサイズを知りたいと考えるママやパパもいるのではないでしょうか。4歳の靴のサイズは、15cmから18cmくらいと子どもによってそれぞれ違ってくるようです。ママたちは、4歳の子どもの足のサイズをどのように測り、靴や靴下のサイズを決めているのでしょうか。

「子どもの足のサイズを自宅で測りました。白い紙に直線を引いてかかとをあわせ、一番長い指先のところに印をつけてその間を測ると、簡単に足のサイズを測ることができました」(20代ママ)

「シューフィッターのいるお店で足のサイズを測ってもらいました。裸足と靴下を履いた状態で測ってもらうと、サンダルやスニーカーのサイズを決めやすかったです」(30代ママ)

自宅やお店で靴のサイズを計測したママがいるようです。普段履いている厚さの靴下を履いて計測すると、靴を選ぶときの参考になったというママの声もありました。

4歳の子どもの靴の選び方

4歳の子どもの靴はどのように選ぶとよいのでしょうか。ママたちに聞いた、4歳の子どもの靴の選び方をご紹介します。

素材

黄色の子供靴
iStock.com/portishead1

「暑い時期に外遊びをしていると、足に汗をかいて靴下が濡れていることがありました。メッシュ素材の靴を選ぶと、通気性がよいのか蒸れにくいようです」(30代ママ)

「寒冷地に住んでいるので、寒い時期は足元が冷えないように靴の素材に気をつけています。合皮素材で履き口だけにファー素材がついている靴を選ぶと、足が冷えにくく暖かいようです」(40代ママ)

メッシュや合皮など、季節にあわせた素材の選び方もあるようです。寒い時期でも、運動すると足にも汗をかく子どももいるようなので、吸湿性のある綿素材の靴を選んだというママの声もありました。

サイズ

「子どもの足の形にあったサイズの靴を選ぶように意識しています。うちの子は甲が高めなので、いろいろな靴を試し履きし、甲の部分もゆとりのあるサイズの靴を探しました」(40代ママ)

「お店の人に、靴下を履いた状態のサイズより5mm程度大きめの靴がよいと教えてもらったので、それを目安にしています」

「子どもが思い切り走ったりジャンプしたりできるように、ジャストサイズの靴を選ぶようにしています」(30代ママ)

子どもの足の大きさにあわせた靴を選ぶと、靴を履いた状態が長時間続いてもすごしやすいかもしれません。靴を試着したとき、かかと側に足をあわせてつま先に少しゆとりがあるサイズの靴を選んだというママの声もありました。

デザイン

「4歳の子どもが1人で脱いだり履いたりしやすいデザインがよいと思いました。かかとに輪っか状の紐がついていると、指をひっかけて靴を引っ張りやすいので、かかと部分を踏まずに履きやすいようです」(30代ママ)

子どもが自分で靴を脱いだり履いたりしやすいように、デザインを重視した選び方をしているママもいるようです。お店でいろいろなタイプの靴を試着して、子どもが1人で履きやすい靴を探してみるのもよいかもしれませんね。

4歳の子どもの靴の数や買い替える頻度

子どもの靴は何足用意するとよいのか、どのくらいの頻度で買い替えるのか気になるママもいるかもしれません。ママたちに、4歳の子ども靴の数や買い替えの頻度について聞いてみました。

靴の数

子供靴たくさん
iStock.com/watercress_namm

「4歳のときは普段履く靴は洗い替えを考えて2足と、長靴、サンダルの4足用意しました。洗い替えに何足あってもよいと思いましたが、すぐにサイズアウトしてしまうので2足をローテーションして使っていました」(30代ママ)

「何足用意するか迷いましたが5足で落ち着きました。普段用と通園用の靴、長靴を主に使い、季節にあわせてサンダルやブーツも使っています」(20代ママ)

4歳の子どもに靴を何足用意するかは、家庭によってさまざまなようです。子どもが水たまりに入ってしまったときや突然の雨などで靴が汚れてしまったとき、洗い替えの靴があると、翌日の外出にも対応しやすいかもしれませんね。

買い替える頻度

「4歳の頃は、子どもの足の成長にあわせて半年に1度くらいの頻度で靴を買い替えました。足のサイズを測って新しい靴をいっしょに選びました」(20代ママ)

「季節毎に靴の買い替えを検討しました。うちの子は4歳の頃に足が大きくなったので、買い替えの頻度が高かったように思います」(30代ママ)

4歳の子どもの靴の買い替える頻度は、半年毎や季節毎などさまざまなようです。子どもが「きつい」と言っていなくても、半年に1度を目安に靴のサイズを見直したというママの声もありました。

4歳の子どもが靴の左右を間違えるときの対応

4歳の子どもが自分で靴を履こうとすると、靴の左右を間違えて履く場合もあるようです。4歳の子どもが靴の左右を間違えるときのママたちの対応をご紹介します。

中敷きに工夫をする

「もともと靴に入っている中敷きを取り出し、顔の絵が描かれた中敷きに入れ替えました。左右の中敷をあわせると子どもの好きなキャラクターの顔になるデザインだったので、靴の左右を間違えずに履けるようになりました」(30代ママ)

顔が半分ずつプリントされた中敷きで工夫したママもいるようです。子どもが好きな動物や興味のあるモチーフの中敷きを使うと、靴の左右を間違えずに履いてくれるかもしれませんね。

マジックテープの靴を選ぶ

「うちの子は4歳の頃にスリッポンタイプを履いていると、よく靴の左右を間違えることがあったのでマジックテープの靴に買い替えました。靴の左右を間違えているとマジックテープが開きにくそうだったので『足の外側から開くんだよ』と教えると、間違えずに履くことができました」(20代ママ)

靴の左右が対象になっているマジックテープタイプの靴に買い替えたママもいるようです。マジックテープの外側部分にワンポイントがあると、靴の左右の目印として子どもに伝えやすかったというママの声もありました。

脱いだ靴を揃える習慣をつける

「足跡の絵を書いた紙を玄関に置き、子どもに脱いだ靴を揃える習慣をつけました。左右が揃った状態で靴を履くので、靴の左右を間違えなくなりました」(30代ママ)

靴を脱いだときに左右揃える習慣をつけると、履き間違いがなくなったというママの声がありました。足跡の絵の周りに「みぎ」「ひだり」など書いてあげると子どもも覚えやすくなるかもしれませんね。

子どもが履きやすい靴を選ぼう

靴下をはく子ども
MIA Studio/Shutterstock.com

4歳の子どもの靴のサイズを知りたいとき、自宅やお店で靴下を履いた状態で計測したというママの声もありました。靴を何足用意したかは家庭によってそれぞれのようですが、洗い替えがあると便利なようです。靴の左右を間違えて履いてしまうときは、中敷きに工夫したり脱いだ靴を揃える習慣をつけたりすると間違えにくくなるかもしれません。

買い替える頻度は子どもの足の成長にあわせながら、子どもの履きやすさにあわせた靴の選び方ができるとよいですね。

2018年12月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧