4歳の子どものリュック選び。サイズやデザイン、容量など

4歳の子どものリュック選び。サイズやデザイン、容量など

男の子、女の子それぞれが選ぶリュック

4歳の男の子や女の子のリュックのサイズについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、4歳の子どものリュックの大きさは何リットルくらいがよいのかやリュックを選ぶポイント、男の子女の子別のリュックについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

4歳の子どものリュックのサイズ

子ども用のリュックにはさまざまな大きさがあるようですが、4歳の子どもは何リットルのサイズを使っているのでしょう。4歳の子どもが使うリュックのサイズについて、ママたちに聞いてみました。

「4歳になった子どもに遠足に使うリュックを購入することになりました。何リットルの大きさがよいのか迷いましたが、お店で実際に試着して子どもの身長にあう7リットルのサイズを選びました」(30代ママ)

「うちの子は体格がよいので、小学生まで使える10リットルのサイズのリュックを購入しました。背負ったときの大きさが少し気になりましたが、使う回数が少ないので長く使えるリュックを選びました」(40代ママ)

リュックのサイズや容量は一般的に「何リットルか」で表記されるようです。4歳の子どもの体格にあわせて6リットルから10リットルくらいのサイズを選んでいるママがいました。リュックを購入するときはいつまで使うのかや、実際に子どもが背負った様子を見て決めるとよさそうです。

4歳用のリュックを選ぶときのポイント

4歳の子どもにリュックを購入するときは、サイズ以外にも意識することがあるようです。ママたちに選ぶときのポイントを聞いてみました。

開け閉めのしやすさ

水色のリュック
iStock.com/VeranoVerde

「4歳の頃はファスナーが硬いと使いにくいと思い、簡単に開け閉めできるリュックを選びました。実際に子どもがファスナーを開けてみて、スムーズに開けられたリュックに決めました」(40代ママ)

子どものリュックを購入するときは、物の出し入れがしやすいかどうかを考えて選ぶのもよいかもしれません。ママのなかにはワンアクションでリュックのなかのものを取り出せる、蓋のついてないタイプを選んだという声もありました。

背負いやすさ

「遠足などでたくさん歩くときにもリュックがずり落ちないように、チェストベルトのあるタイプを選びました。ベルトでしっかり固定できると4歳の子どももリュックを気にせずに遠足を楽しめるのではないかと思いました」(40代ママ)

ショルダーベルトがずれるのを防ぐチェストベルトがついたリュックを選んだママがいました。リュックが固定されていると歩きやすいと感じる子どももいるかもしれません。子どもが遠足やお出かけを楽しめる、背負いやすいリュックを見つけてあげられるとよいですね。

素材

「遠足やお出かけのときにリュックを地面に置くこともあると思い、ビニールコーティングのリュックを購入しました。土や水などで汚れても簡単にお手入れができて便利です」(30代ママ)

子どもが使うリュックは汚れることもあるで、お手入れが簡単にできるタイプを選ぶとよいかもしれません。布製だけれど撥水加工されたリュックを選んだというママの声もありました。

【体験談】4歳の男の子が使っているリュック

キリンのリュック
iStock.com/ViktoriiaNovokhatska

4歳の男の子はどのようなリュックを使っているのでしょう。実際に使っているリュックについてママたちに聞きました。

電車や車の形をしたリュック

「うちの子は電車が大好きなので電車型のリュックを使っています。男の子向けにさまざまな種類の電車のリュックが販売されているので、子どもにどれがよいか聞いて選びました」(30代ママ)

電車や車などの乗り物をかたどったリュックや恐竜の形をかたどったリュックなど、おもしろい形をしたリュックもあるようです。子どもが好きなものがデザインされたリュックを背負えば、遠足も一層楽しんでくれそうです。

星や動物柄のリュック

「4歳になって空に興味をもつようになったので、惑星やロケットの絵が散りばめられているものを選びました。星が光っているように見えるので子どもがご機嫌で背負っています」(40代ママ)

子どもが好きな柄が描かれているリュックを購入したママがいました。ライオンやチーターなどの動物柄、飛行機柄など、子どもが喜んでくれそうな柄を選んであげられるとよいですね。

スポーツブランドのリュック

「サッカーの好きな息子は4歳になってスポーツブランドのロゴにも興味をもつようになったので、お気に入りのロゴの入ったリュックを購入しました。『かっこいい』と喜んで背負ってくれています」(30代ママ)

スポーツブランドのリュックを使っている子どももいるようです。スポーツブランドのリュックは大人用もあるので、ママやパパとお揃いで購入すれば家族のお出かけも楽しくなりそうです。

【体験談】4歳の女の子が使っているリュック

4歳の女の子はどのようなリュックを使っているのでしょう。実際に使っているリュックについてママたちに聞きました。

ぬいぐるみつき動物リュック

「娘はふわふわしたぬいぐるみが大好きなので、ぬいぐるみつきでクマの顔をかたどったリュックを選びました。リュックは丈夫な帆布で作られているので、かわいくて使いやすいと気に入ってくれました」(30代ママ)

リュックにぬいぐるみがついていたり、リュック自体がぬいぐるみのようにふわふわした物などもあるようです。お気に入りのぬいぐるみがついていれば、いっしょにお出かけするような気もちになって子どもも嬉しいかもしれませんね。

ハンドバッグ兼用リュック

「うちの子は4歳の誕生日にプレゼントしたハート型のリュックを気に入って使っています。上に持ち手がついていてハンドバッグにもなる兼用リュックなので、お出かけ先にあわせて使い方を変えています」(40代ママ)

女の子向けのリュックにはバッグになる2ウエイタイプや、ハンドバッグやショルダーバッグにもなる3ウエイタイプなどがあるようです。遠足やショッピングなど、目的によって使い方を変えるのも楽しいかもしれません。

リボンやフリルつきリュック

「4歳になるとフリルのついた物など女の子が好みそうなデザインを選ぶことが増えたので、リュックもかわいいリボンのついたものを購入しました。大きな赤いリボンが気に入ったらしく、お出かけのときは必ず使ってくれます」(30代ママ)

リボンやフリルがついたものなど、かわいらしいデザインのリュックもあるようです。子どもが使いやすいリュックを選び、子どもの好きなモチーフの飾りを手作りしてあげても喜んでもらえるかもしれません。

4歳の子どもが使いやすいリュックを選ぼう

散歩をする親子
iStock.com/anurakpong

4歳の子どものリュックの大きさは何リットルがよいのかや、男の子向けや女の子向けのリュックにはどのようなものがあるのかなどを考えているママがいました。4歳の子どもにリュックを購入するときにはサイズや機能も確認して、使いやすいリュックを選んであげられるとよいですね。

2018年12月11日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

子ども服の関連記事

カテゴリ一覧