子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

裏起毛のキッズ用トップスの種類。選び方のポイントとは

裏起毛のキッズ用トップスの種類。選び方のポイントとは

ふんわりとして、触り心地もあたたかい裏起毛。裏起毛のキッズ用トップスにはどのような特徴があるのでしょうか。裏起毛トップスの種類や、合わせ方についてもご紹介します。

裏起毛のキッズ用トップスがほしい

裏起毛は、肌に触れる部分があたたかい素材になっている洋服で、冬のアイテムとしてもさまざまな種類のものが売られています。裏起毛のキッズ用トップスを探しているママに向けて、裏起毛の特徴や種類について解説します。

裏起毛の特徴

裏起毛とはどのような素材なのでしょうか。素材の特徴や柄などについて見ていきましょう。

素材

裏起毛は、裏毛の表面を特殊な加工で毛羽立たせた素材のことです。繊維が毛羽立つことで、柔らかいふわふわの肌触りになります。生地のボリュームが増すことにより、保温性が高くなるようで、秋冬用の洋服に使われることが多い素材なのではないでしょうか。

色や柄

ボーダーのトレーナー
NYS/Shutterstock.com

裏起毛のアイテムは、柄のない無地のシンプルなものもたくさんありますが、キャラクターがついたものや、花柄、星柄、ボーダーなどさまざまな種類の柄が揃っています。色も目を引くビビットな赤や緑から、落ち着いた黒やグレーまでカラーバリエーションも豊富です。定番のグレーもいいですが、子どもの好きな色を選んでみてはいかがでしょうか。

よく使われるアイテム

裏起毛がよく使われるアイテムには、パーカーやトレーナーなどのトップスのほかにも、ズボンやスカートなどのボトムス、ワンピースやチュニックなどさまざまです。部屋着やパジャマなどに裏起毛素材が使用されることもあります。

裏起毛のキッズ用トップスの種類

裏起毛のキッズ用トップスにはどのような種類があるのか見ていきましょう。

パーカーやトレーナー

裏起毛素材のトレーナーは防寒にも役立ちそうですね。パーカーは起毛による厚みもあるため、秋口や春先などの肌寒いときの羽織やアウターのように着ることができるかもしれませんね。

アウター

コートや中綿ジャケットなどのアウターにも裏起毛のものがあります。触れた感じにも暖かみがあるので、裏起毛は寒い季節にぴったりの素材ではないでしょうか。

裏起毛のキッズ用トップスの合わせ方

裏起毛のキッズ用トップスにはどのようなものを合わせたらよいのでしょうか。ボトムスやシューズ、小物の合わせ方を見ていきましょう。

ボトムス

裏起毛のキッズ用トップスは、寒い時期に着用することが多いため、同じように裏起毛になったパンツなどを合わせることで、全身をあたたかくしてくれます。また、コーデュロイのパンツやスカートは表面が起毛しているため、見た目が冬らしい着こなしになるかもしれません。

ウールのスカートなどで合わせると上品な雰囲気に見えるでしょう。年中使えるデニムは、どんなトップスとも相性がよいため、カジュアルなスタイルにするのに活躍しそうですね。

シューズ

裏起毛トップスに細身のパンツやスカートで合わせた場合には、ショート丈のブーツなどで足元からもあたたかさをプラスしてみてはどうでしょうか。デニムやスウェットなどカジュアルな生地のときには、スニーカーなどを合わせるのもいいでしょう。

小物

ニット帽との着回し
beeboys/Shutterstock.com

裏起毛トップスに、ニット帽のようなあたたかさをプラスできる小物を取り入れると、見た目からも変化をつけることができるでしょう。裏起毛のトップスが落ち着いたカラーの場合には、少し明るいカラーをさし色に取り入れるとアクセントになるかもしれません。

バッグも洋服の雰囲気を決めてくれるアイテムのひとつです。カジュアルな装いのときには、リュックにしてみたり、女の子がきれいめに着こなしたいときには、小さめのショルダーバッグを取り入れたりしてみるのもいいでしょう。

裏起毛のキッズ用トップスの活用例

肌触りが子どものお気に入り

「いくつかトレーナーを用意しているのですが、着るときの肌触りがよいのが気に入って、子どもが裏起毛のトレーナーばかり着ています。肌着の上に一枚であたたかいようなので、保育園にはいつも裏起毛のトレーナーを着て行っています」(34歳/4歳女の子のママ)

裏起毛のパーカーが秋から冬に大活躍

「裏起毛のパーカーを子どもに購入しました。秋口には、寒いときの羽織りとして一枚かばんに入れてアウター替わりに持ち歩いています。冬は日中家で過ごすのに長袖のTシャツやタートルネックの上に着せ、エアコンなど室温などに応じて脱がせることもできるので大活躍です」(30歳/3歳男の子のママ)

キッズ用トップスに裏起毛を取り入れて

微笑む親子
MIA Studio/Shutterstock.com

キッズ用のトップスにはさまざまなものがありますが、裏起毛になっていることで、着用したときのあたたかさも感じられるようです。トップスに裏起毛を取り入れて、寒い冬をあたたかく過ごしてみてはいかがでしょうか。

2018年06月06日

子ども服の関連記事
  • 新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    新生児にパジャマは必要?素材やサイズの選び方

    季節毎のパジャマと肌着の組みあわせ

    新生児からパジャマを着せてもよいのかや、春夏秋冬でどのようなものを選ぶとよいのか気になるママやパパもいるのではないでしょうか。今回は、素材やサイズなど新生児のパジャマを選ぶときのポイントや、季節毎のパジャマと肌着の組みあわせについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧