子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

リボンや男の子向けの手作りや手編みヘアバンドを新生児に!いつから・サイズは?

リボンや男の子向けの手作りや手編みヘアバンドを新生児に!いつから・サイズは?

ヘアバンドにはリボンつきや男の子も似合うシンプルなデザインなどがあり、新生児のために手作りする人もいるようです。いつから使えるか、サイズ、手編みした体験談など新生児のヘアバンドについてご紹介します。

新生児のヘアバンドはいつから?

新生児のヘアバンドはいつから使用できるかなどが明確には決まっておらず、生まれてすぐから使うことができるようです。退院時やお宮参りなどで使うという意見もあり、妊娠中に手作りするママもいるようです。

新生児のヘアバンドとは

新生児が使えるヘアバンドには、どのようなものがあるのか紹介します。

デザインや素材

レースのヘアバンド
iStock.com/katrinaelena

新生児のヘアバンドのデザインには、大きな花やリボンがついた華やかなもの、その他にもティアラや王冠風のデザインのものや、レースのシンプルなデザインのものなど種類が豊富なようです。新生児のヘアバンドに使われている素材は、コットンやポリエステル、ナイロンなどがあります。

男の子女の子のちがい

男の子用・女の子用といった分け方で販売されているヘアバンドはあまりないようです。リボン付きなど女の子向けのようなデザインが多いですが、かわいいデザインのものでも新生児の男の子には似合うのではないでしょうか。女の子ならピンクやパープル、男の子ならブルーやブラウンなどの色を選ぶといいかもしれません。

手作りや手編みもある

赤ちゃんのためにヘアバンドを手作りするママもいるようです。裁縫は苦手だけど、手作りのヘアバンドを使いたいという人は、ハンドメイドのインターネットマーケットやショップで購入してみるのもいいかもしれません。

新生児のヘアバンドを使う場面

新生児のヘアバンドは、いつからどのような場面で使えるのでしょうか。

退院

新生児でヘアバンドを使えるシーンのひとつに、出産後の退院のときがあるのではないでしょうか。ヘアバンドとセレモニードレスなどでおしゃれをした赤ちゃんといっしょに、新生児室の前や病院の前で記念撮影するといい思い出になりそうですね。

お宮参り

生後30日前後に行うお宮参りで、新生児のヘアバンドを使うママもいるようです。セレモニードレスや祝い着に合うカラーを選ぶといいかもしれません。華やかなヘアバンドで赤ちゃんの存在感が引き立ちそうです。

お披露目会や記念撮影

記念撮影
iStock.com/katrinaelena

新生児のヘアバンドは、100日祝いや親戚・友人へのお披露目などの際にもつけられるのではないでしょうか。手軽につけられるヘアバンドがあれば、みんなが集まっての記念写真でも主役の赤ちゃんに華を添えてくれるかもしれませんね。お昼寝アートなどで、自宅でも記念撮影に使うママもいるようです。

新生児のヘアバンドを選ぶときの注意点

新生児のヘアバンドを選ぶときの注意点を紹介します。

サイズ

赤ちゃんの頭を締めつけるようなヘアバンドは避けたほうがよさそうです。ゴムの伸びがいいものや頭囲にぴったりのサイズのものがよいでしょう。新生児のうちは短い時間の使用を心がけるといいかもしれませんね。

素材

ちくちくする素材や金属部品が赤ちゃんの肌に直接触れないヘアバンドを選ぶようにするとよいでしょう。できるだけ柔らかい素材を選んであげたいですね。

新生児のヘアバンド着用例

新生児にヘアバンドを着用した体験談を紹介します。

コーディネートを楽しむ

「新生児用の服は使用期間が短いのでもったいなく、たくさんは用意できませんでした。そのかわりにヘアバンドをいくつか用意し、コーディネートを楽しみました。ピンク色や大きなリボンがついたヘアバンドで女の子らしいコーデを心がけました」(30代ママ)

お昼寝アートに

「退院後約1カ月は外出できなかったので、自宅でお昼寝アートの撮影を楽しんでいました。赤ちゃんの下に敷くマットやシーツなどを変えることで、いろいろな背景を楽しむことができます。オムツにヘアバンドでとてもかわいい写真が撮れました」(20代ママ)

妊娠中に手編み

「生まれたら使おうと、ヘアバンドを手編みしました。編んでいる時間も赤ちゃんのことを思い浮かべ、配色やデザインなどを考えるのも楽しかったです。いつから使えるか分からなかったので、ヘアバンドは紐で端を結んでサイズ調整できるようなデザインにしました」(30代ママ)

かわいい新生児のヘアバンドを

眠る赤ちゃん
iStock.com/LindaYolanda

いつからと気にすることなく、新生児から使えるのがヘアバンドの魅力ではないでしょうか。選ぶときにはサイズや素材に注意し、男の子や女の子関係なく、かわいいデザインのものを選ぶといいでしょう。妊娠中に手作りするのもいいかもしれません。手編みしたものやリボンがついたものなどかわいいヘアバンドを使ってコーディネートや撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018年06月16日

子ども服の関連記事
  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。男の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。男の子用の種類やサイズなど

    男の子のパンツ選びについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、パンツが食い込むなどの悩みやパンツの種類、ゴム部分がかゆいときのサイズをどうするかなどの選び方、子どものパンツを選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧