子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

退院時や結婚式に着る、男の子や女の子の新生児のドレスとは。特徴や夏冬素材など

退院時や結婚式に着る、男の子や女の子の新生児のドレスとは。特徴や夏冬素材など

新生児のドレスの購入を考えているママ向けに、セレモニードレスの選び方などをご紹介します。男の子と女の子の服に違いがあるのかや夏用や冬用があるのか、退院や結婚式などどんなシーンで活用するのかなどについて考えてみました。

新生児にドレスは必要?

新生児にドレスは必要なの?と考えるママやパパもいるかもしれません。新生児のドレスは必ず揃えなければいけないものではないようなので、購入せず他の服で代用している人もいるようです。地域や家庭によっては、新生児にドレスを着せることもあるようです。

新生児のドレスとは

新生児のドレスとは具体的にどのような服のことを指すのでしょうか。

セレモニードレスのこと

セレモニードレス
sweet marshmallow/Shutterstock.com

セレモニードレスは、新生児がイベントや大切なシーンで着る晴れ着の一種です。商品やメーカーによって「ベビードレス」と呼ぶこともあるようです。

色は白が多い

赤ちゃんの晴れ着でもあるセレモニードレスは白色のドレスが多いようです。白色以外にも淡い色合いのクリーム色やピンク、紫色などのドレスもあるようです。

男の子と女の子のちがいは

男の子のセレモニードレス
cinema99/Shutterstock.com

セレモニードレスには、男の子専用または女の子専用というものはないようです。しかし、男の子にフリルがたくさんついたセレモニードレスを着せるのは抵抗があるママやパパもいるかもしれません。そんなパパやママは、フリルが控えめなシンプルなセレモニードレスやタキシードタイプなどを選んでみてはいかがでしょうか。

女の子には、フリルがたくさんついた華やかなタイプのセレモニードレスを選ぶとよいかもしれません。

素材

セレモニードレスは綿やオーガニックコットンなど、肌に優しい素材で作られたものが多いようです。飾りの部分はポリエステルやナイロン、レーヨンなどを使用していることもあります。

新生児のドレスを着る場面

新生児がセレモニードレスを着る場面をご紹介します。

退院

退院のセレモニードレス
iStock.com/Mitsuo Tamaki

退院するときは、赤ちゃんが初めて外に出る大切な日ということから、お祝いの意味もあり、セレモニードレスを着せてあげるパパやママもいるようです。華やかなセレモニードレスで、赤ちゃんがよりかわいくなりそうですね。

お宮参り

白色のセレモニードレスはお宮参りのときにいいかもしれません。洋装の晴れ着であるセレモニードレスは、和装の晴れ着よりも着せやすいというママの声もありました。

お食事会や結婚式など

お食事会や結婚式などでセレモニードレスを活用したママもいるようです。セレモニードレスは新生児の赤ちゃんのお披露目でも重宝するのではないでしょうか。

新生児のドレスを選ぶときの注意点

新生児のセレモニードレスを選ぶときの注意点を考えてみました。

サイズ

セレモニードレスのサイズは50cmから80cm、またはフリーサイズのものがあるようです。晴れ着として長く活用するために大きめサイズを購入するのもいいですが、ジャストサイズのものを選ぶと赤ちゃんも着心地がいいのではないでしょうか。赤ちゃんによって体の大きさがちがうので、生まれてから購入するのもよいかもしれません。

素材

新生児のセレモニードレスは、素材を重視して選ぶママやパパもいるようです。肌ざわりを重視するなら、通気性がよく汗を吸収しやすい綿100%やオーガニックコットンのセレモニードレスを選んでみてはいかがでしょうか。

季節

セレモニードレスは少し薄手の春夏用や暖かい素材の秋冬用、オールシーズン用などのものがあるようです。生まれた季節によって、セレモニードレスを選ぶのもポイントではないでしょうか。夏は汗をかきやすいので通気性のよいものや肌触りのよいもの、冬は寒さをしのげる中綿入りのものや、白色のおくるみとセットになっているものなどが使いやすいというママもいます。

ママの服装

胸のあたりにチャックやボタンがある服は赤ちゃんにあたるかもしれないので、避けたほうがよいかもしれません。授乳のしやすさ、洗濯のしやすさも選ぶポイントのひとつではないでしょうか。

新生児のドレスの替わりになる服はある?

華やかなセレモニードレスは普段使いが難しいと考え、購入を迷う人もいるのではないでしょうか。普段使いできるものを購入したいと考えるママやパパは、白を基調にしたツーウェイオールやカバーオールをセレモニードレスの替わりにしているようです。

かわいい新生児のドレスを選ぼう

ドレスを着る赤ちゃん
noranoranamona/Shutterstock.com

新生児の時期は、生まれてから数カ月しかありません。短い期間だからこそ、そのときにしか着ることができない新生児のドレスを選んでみてはいかがでしょうか。写真を撮る機会がある退院時や結婚式のときにセレモニードレスを着れば、よい思い出にもなりそうです。

新生児のドレスは男の子や女の子で違いがないようなので、夏や冬に快適に着られる素材やデザインを重視するといいかもしれません。大切な赤ちゃんのためにも、かわいいドレスを選びたいですね。

2018年05月14日

子ども服の関連記事
  • 乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服の種類。季節にあわせた素材や枚数などの選び方

    乳児の肌着や洋服を選ぶとき、さまざまな種類のなかから月齢や季節にあうものをどのように選ぼうか気になるママもいるかもしれません。今回の記事では、乳児の肌着や洋服の種類や、夏服や冬服など季節にあわせた選び方についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズは?季節別の帽子の選び方や嫌がるときの対応

    3歳児の帽子のサイズがどのくらいなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、春夏や秋冬の3歳児の帽子の選び方のポイントと買い替えのタイミング、3歳児が帽子を嫌がるときの対応のコツを男の子や女の子のママの体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子に贈るプレゼント。服やアクセサリーなど予算別に紹介

    3歳の女の子にプレゼントを贈るとき、服や本、おしゃれなアクセサリーなど、何を選ぶとよいのか悩むママもいるかもしれません。今回の記事では、1000円や2000円、3000円など予算別に選んだ、知育おもちゃやおもちゃ以外のお菓子、実用的な運動グッズなどを体験談を交えてご紹介します。

  • 1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の服や靴のサイズの選び方は?足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期

    1歳半の子どもは80サイズの服をいつまで着られるのか、サンダルなどの靴のサイズや帽子やリュックなど小物の選び方を知りたいママもいるのではないでしょうか。今回は、子どもの水着など服装のサイズや靴下などの小物のサイズの選び方、足のサイズやシーンにあわせた買い替えの時期を体験談を交えてご紹介します。

  • 3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳の靴や靴下のサイズは?靴選びのポイントや何足用意したか

    3歳前後の子どもの靴は洗い替えを含めて何足用意したらよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、3歳前後の子どもの靴や靴下のサイズの目安や、普段や運動会などのシーン別の靴選びのポイント、子どもに用意した靴の数と買い替えのタイミング、子どもが靴を嫌がるときの対応の仕方を体験談を交えてご紹介します。

  • 子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツの選び方。女の子用の種類やサイズなど

    子どものパンツについて気になっているママもいるかもしれません。今回の記事では、ゴムが食い込むなどの女の子のパンツを選ぶときの悩みやパンツの種類、ゴム部分がきつくてかゆいときのサイズなどの選び方、選ぶときに意識したことについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

カテゴリ一覧